すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
コミュニティ   トップページ >> コミュニティ >> アンケート  
 本棚
 アンケート
 ブログ
 メールマガジン
 

 コミュニティ


 アンケート


第1回
01. 子供部屋
02. 同居・二世帯住宅

アンケート実施期間:2001/4/10〜4/30  有効回答者数:177人(男性:107人,女性:70人)


『子供部屋』
最近家族のあり方が問い直されています。
子供部屋は親子関係、家族関係と色々なことが現れてくるものです。
「勉強するために自分専用の部屋が欲しい。」と言う子供に
「子供はいずれは出て行くもの」と思いながらも、
できるだけのことをやってやりたい親心。

アンケート第1回は「子供部屋のあり方」です。
子供部屋に必要なもの、求めるものは何ですか?

Q1. どういう子供部屋が理想だと思いますか?
Q1-グラフ

ほぼ9割の方が、”子供用の独立した部屋”が必要と考えているようです。

Q2. 「子供部屋」とは?(複数回答可)

考え事・勉強・就寝など、独りのプライベートな生活行動が上位を占めています。
逆に、「子供同士で遊ぶ場所」にカテゴライズされる割合は低く、
”親の目の届くところで遊んでほしい”という願いの現われでしょうか?

Q3. 子供用スペースとして一人の子供にどのくらいの広さが必要だと思いますか?

「6畳以上必要」が半分以上です。
Q4の結果にも現われていますが、「机・本棚・タンス・ベッド」の4点セットを部屋に収めるには
”4畳半、できれば6畳”なのですね。

Q4. 子供部屋にはどのような物が必要だと思いますか?(複数回答可)

ここにで目を引くのは、パソコンと空気清浄機です。
特にパソコンは、テレビとゲーム機を引き離しています。
ITと花粉症。時代を反映しています。
また、電話の割合が少ないのは、コードレス電話が普及したからなのでしょうか?

Q5.  子供部屋について改善したい点はなんですか?

どの項目も、それほど割合が高くありません。
「かたづかない」「収納が少ない」は、どうしても物が増えてしまいがちな子供部屋が想像されます。
「部屋数が足りない」も意外に少なく、上手に部屋割りを考えておられるようです。

Q6. 子供部屋について工夫している事など、あなたのお考えをお聞かせください。

>> pick up comment
「玄関から子供部屋までリビングを通らないで行ける間取りは良くない」とはよく言うけど、そんなことをしないとコミュニケーションが取れない家庭というのが問題だと思う。コミュニケーションに悩む親にとっては一つの方法ではあるのだろうが...「子供部屋を快適にしないことで、引きこもりを防ぐ」とかいうけど、リビング階段の話も合わせて、子供がこの理由を知ったらどうなんでしょう? 自分としてはこのようなネガティブな考えでなく、「リビングを魅力的に」というポジティブな考えを持ちたいと思う。
(男性 30代)

>> pick up comment
基本的に、子供部屋は寝るための部屋と考えます。私の理想は『大草原の小さな家』のように、ダイニングのおっきなテーブルで、子供達がいっせいにお勉強している姿です。我が家は娘二人ですが、将来夜遊びをする事を考えて(!?)居間の隣に子供部屋を設けています。玄関脇のお部屋では子供がいつ帰ってきたか、親が把握できないからです。大きさは6畳未満で、長いカウンターを二人で使うようにし、二段ベッドと本棚が入って目イッパイです。二段ベッドの上の段がお姉ちゃんの聖域で、下の娘は許可なしには入れません。上の子供の譲れない主張を守ってやると、下の子も自然に上下関係がわかるそうです。(余談でした。)
(女性 30代)

>> other comments
   女性のコメント       男性のコメント
20歳代以下のコメント
  姉と弟で共有しています。今はまだ小さいので特にプライバシーとかは考えていません。
父の書斎スペースと共有だったが、思春期の頃はそれがイヤで、間仕切りの代わりに本棚を建てまわすなど、子供なりに自分の空間をつくろうとした。あの頃、可動家具の存在に気づいていれば・・・
廊下だけでなく、部屋と部屋の壁にも扉をつけている。
30歳代のコメント
  「すぐに遊べるから」と、玩具を出しっぱなしにするので玩具専用のスペースを設けています(鉄道模型スペースみたいなものかな?)ですから、そこについては「片づけろ」とは言いません
「和室なのでつかいづらい」という表記は、「建築家との家づくり」を考えるサイトの中でのアンケートとしては、不適切だと思います。和室であろうが、洋室(?こういう表記自体、建築家ならしないと思うが)使いやすくしようと思えば、いくらでも工夫できるはずです。建築家が作ったものでない住宅を対象にしているのだとは思いますが、そういう家の場合、「洋室」ならば使いやすい、という前提なのでしょうか。そうとは思えませんが・・・
「玄関から子供部屋までリビングを通らないで行ける間取りは良くない」とはよく言うけど、そんなことをしないとコミュニケーションが取れない家庭というのが問題だと思う。コミュニケーションに悩む親にとっては一つの方法ではあるのだろうが...「子供部屋を快適にしないことで、引きこもりを防ぐ」とかいうけど、リビング階段の話も合わせて、子供がこの理由を知ったらどうなんでしょう? 自分としてはこのようなネガティブな考えでなく、「リビングを魅力的に」というポジティブな考えを持ちたいと思う。
3才ですが自分の部屋がほしい様です。「おとうさん、ぼくおべんきょうするへやがほしいんだ」なんて言われると家建てようかなーなんて真剣に思っちゃいますよね。いつになるかわからないけど・・・・・。
いずれ居なくなる子供たちの部屋は、壁を作らず、後に一つの部屋として使えるように作りました。
3人兄弟の内2人は小学生で本棚やベッドなどほとんどの物を共有して複数置かないようにしている。
ある時期までは子供部屋は、自分の物をおいて置ける場所、位の考えでいいと思います。いつかは巣立ってしまうので、出来るだけいっしょにすごす空間を考えるべきだと思います。
いわゆる田の字型マンションの場合、玄関付近に子供部屋を設けないことが子供を孤立させず、しいてはコミュニケーションを保てる。
こもるための部屋ではなく、着替えと寝るためのスペースとし、遊びや勉強は共有スペースで行う。その時は、親も一緒に遊んだり勉強したりする。
まだ子供が小さいのでめが届くよう気を使います。
これから作っていくので色々と勉強中です。
まだ1歳児なので、特に必要性は感じてないが、小学校にあがる頃には建て増しか、改築、あるいは買い換えが必要になると思う。家を建てるときにもう少し考えてれば良かった、とちょっと思うが、テーマ2の二世帯住宅の問題とも絡んで、頭の痛いところです。
まだ2人の子供が小学校低学年なので、物を置く場所という感覚のため、工夫は特にしてませんが、女の子同士のため、なるべく同じスペースとし、若干の独立感覚を味わえるようにしたいと思います。
近頃は敷地状況、あるいは経済状況から観ても物足りない間取りになりがちだ。そのためロフト仕様が流行りでもある。収納,ベッド、場合によってはスペースにもよるがちょっとした遊び場(趣味の部屋)にも使える。排煙窓的なサッシなどを設けると明り取り,風通しなどもよい。
なるべく部屋を使うように声をかけている
建築に際し、敷地の関係から、二人(9歳娘・5歳息子)のそれぞれの子供部屋として、四畳半程度の居住スペース(フローリング)と一畳程度の収納を考えました。ただ、将来、ベットなど家具を入れることを想定するとかなり狭い感じがしましたので、ロフトとして、二畳程度のフローリングスペースを作りました。潜在のところ、ロフトが寝る場所となっています。
鍵はつけず、親でも出入り自由。もちろん、寝室にも。子供部屋間に間仕切り壁をつけている。将来は、一部屋として、使用可能。
現在は子供が長女6歳長男2歳の2人なので、1つの部屋にしています.ベットは2段ベット使用しています.兄弟仲がいいのですが、長女が10歳を過ぎたら別々にするつもりです.やはり同性同士であれば、もっと遅くまで一緒でいいと考えますが特に女の子は、10歳ぐらいが限界かなと思います.
5畳くらいしかなく、収納が少ないので、少しでも広く使えるように工夫している。
限られた居住スペースをなるべく有効に使用
今のところ皆小さく、子供部屋は必要ないが、近い将来3人分必要となる。引っ越しも考えている。spaceは十分にほしい。
今はまだ、4歳と1歳なので特になにもしていませんが、私の考え方としては、Q2の回答のとおり「独立心を養う場所」かつ「コミュニケーションを深める場所」と考えています。
かわいらしい雰囲気のインテリアにしている。
子どもには子どもの城が必要だと思います。親離れをするのにも必要だとかんがえます。
子供が小さいので、今のところ子供部屋はおもちゃ置き場になってます。寝るときは家族4人雑魚寝。兄妹なのでいずれは寝る部屋が2部屋いるんだろうな。部屋数が足りネぇ。いっそ部屋数が全然なければ家族全員でいつまでも雑魚寝だよな。18歳すぎれば独立してもらおう。
ベッドをおくと、狭くなるので、おかない。快適にしない。
子供にとって快適過ぎないように配慮すること。
子供はいずれ独立するもの。家の間取りの中で必要以上に比重を置く必要はないと考えます。
まだ小さいので、家具などをあり合わせで使っています。もう少し大きくなってから、彼女の好みの部屋になるようにしたらいいのではないかと思います。鍵はぜったいに不可。電話やテレビも必要ないと思います。ひとりで寝る場所、ひとりになれる場所としては、子供部屋は必要だと思いますが、親子のコミュニケーションを遮る場にはしたくありません。
子供は家の宝だ。大事にしたい。
子供もおりませんし、家も持ってませんので全く参考にならないと思いますが子供の立場で言わせて頂きますと、子供なりにいろいろ一人で考える場所というものが必要だと思うので、一人の部屋はやはりあった方がいいと思います。部屋にこもらないような工夫は当然必要ですが・・・。
我が家の場合は、基本的には一人で考え事をすることも大切と思っています。私の小さい頃は、3世代世帯でわいわい楽しかったのですが一人でゆっくり考え事や読書をしたい時がありましたね。そんな空間を持たせてやれるものなら、大きくなくてもいいから与えてやれたらと思っています。個室が子供をだめにするのではないと思うのです。それをどのように扱うかだと思うのです。たとえば、子供の部屋がなかったからといって、家族同士のコミュニティがいいかといったら、一概には言えないと思います。一人の空間を求めて外に出るかもしれません。それよりも、家族であっても程よい距離感があった方が、よりおたがいに心使いができるようになるのではないでしょうか?我が家の工夫は、程よい距離感を求めるためにリビングが中心にあり、必ずリビングを通って各部屋に行くように設計してあります。このため、家族の連絡は全てリビングで・・。ということになっています。
子供部屋、有るに越したことはないのですが、家の事情がなかなか・・・子供が部屋にこもって家族の団らんが無くなるのは、それまでの育て方の問題!?
小さくするぶんリビングを広くします
家が狭いのもあるが、長男・長女ですが小学校のうちは6畳の和室に、今は中2の長女だけになり、その部屋を一人で使っていますが、私の物と寝るのもその部屋です。勉強の時以外はドアはいつも開けたままです。理想は目的別の区分け、ですが、なかなかむずかしいですね。いつでも出入りできる親子の関わり方と子供の様子が解かる様にしています。それから、最初からいい環境を与えるのは子供に良くないと思います。
小学生と高校生では子供部屋のあり方も違ってくると思います子供の成長に従って工夫がこらせる部屋がよいと思います
棚を設けている。ライトを多く設置している。
部屋について、工夫というよりは、部屋にこもりきりにならないように家族のコミュニケーションを大切にできるように工夫する。それは、子育てに始まると考えます。
40歳代のコメント
  子供部屋に引きこもらないよう、家族全員が集まるリビングルームに魅力的なコンテンツを配置する。また、大学に進学するまでは、子供部屋にパソコン、ゲーム機、テレビ等は設置せずインターネットも家族がいるリビングルームにて使用させる。このようなことと共に、必ずリビングルームを経由しないと、子供部屋にいけないような設計にした。 現在、少しの不満もあるかもしれないが、子供と接する時間が多くなった。そして、コミュニケーションも多く取れるようになった。 又、子供がインターネット等をしているときは、なるべく干渉せず自由にさせているのであまり不自由を感じていないみたいである。 ただ、18歳以上になったら、子供ではなく大人として子離れを親が積極的にしなければならないと考えているので自分の部屋に好きなものを(といっても常識的に考えて)入れるのは許可する事にしている。
2人子供が居ますが、2.3年に1度ジュウタンを取りかえる時、じゃんけん・あみだくじなど、3回勝負させて、部屋をこっちと決めさせています。
10年後20年後はだれがどんな使い方をするのかも考えてみて下さい。
study room、hobby roomとbed roomを分離する。
できるだけ子供のものは子供の部屋に置いている
アレルギー対策のためフローリングニリフォーム。
インテリアなどを統一していい環境にしている散らかっていたら必ず片づける
まだ子供が1歳なので準備していませんが、子供部屋として個室を考えています。だんだん、子供が大きくなるにつれて、「プライバシー」の扱い方が問題になってくるとは思います。プライバシーはある程度、大切ですが、子供が間違った方向に進んでいないかチェックするある程度の親の干渉も必要だと思いますね。
ウチの場合は一人っ子なので、すべてオープンにしています。いまの所問題なし。
うちは子供が居ません。
もう独立する年頃になりましたが、小さいときはほとんどリビングで一緒に過ごしました。(ゲームをするときと寝るとき以外は)勉強もリビングでやっていました。そのため今でもいろいろなことを話してくれます。鍵はついていませんでしたが、そのことについて考えたこともないほどドアをオープンにしていました。こちらから言った訳ではありません。子供部屋云々より育てかただと思います。
どのような状況であっても、家族と子供とのコミュニケーション不足になることは問題であると思います。自然に話ができるような家の環境は大事であると考えています。
なるべく物を置かない
現在は子供部屋というより、家族の部屋に机、タンスをおいてあるだけなので、とりあえず、コーナーにまとめています。
マンションなので子供部屋作れないのが悩みです。自分の生活自体はマンションで良いのに、子供部屋を確保するため郊外の一戸建てに移る人も多いのではないでしょうか。これから建築を考えているのですが、あまり子供と大人の交流が妨げる構造にはしたくないと思ってます。
一口に子供部屋といっても年齢によって変わってきます。小さい頃は皆一緒に、小学校高学年からは男女別にして、女の子は3人いるので静かに勉強できるスペースを別に設けます。そのように間取りが変えられるようつくります。
今、個室ですが、なるべく部屋にこもらないように時々部屋に行ったりして声を掛けるようにしています。何をしているか把握しておく事が大切ではないでしょうか。もちろん、カギは付けていません。
開放的な和室にして、今から部屋に篭もらないようなきもちを自然につけさせようと思ってます。
鍵は、かけさせない。ドアは開放したままにしておく。
今は、もっぱら友達と遊ぶスペースになっています。勉強や睡眠は家族と共有の部屋でしています。もっと大きくなってから子供部屋のあり方を考えようと思います。ちなみに現在は小学二年生です。
現在は小学3年の男児と1年の女児で1部屋ですが、中学生くらいになれば別にする必要があると思っています。独立した生活環境を用意して、自立心を育むため、と考えています。
現在は中学校一年生を筆頭に小6、小3の息子達ですので特に一人部屋を持たせているわけでもなく特別な工夫はしていません。
子供が2人いますが、子供部屋についての考え方も年齢(子供の)によって、変ってきました。いまは、高校生になりましたが、それぞれの部屋には、贅沢品は、置かずに、共有できる場所、子供達との会話の出来る場所、つまり、居間を大事に大切な場所に考えています。
今のところ工夫しているところはありません
子供が自分の部屋に入る場合、必ず家族のいる場所を通るように家を改造したい。 プライバシーと、コミュニケーションの両立、言うなれば、コミュニケーション無くしてプライバシーなど存在しないことを基本に置かなくてはならない。 それが、根本的基礎の家族という構成だと想う。
子供は3人おります。それぞれ部屋を与えております。自分の持ち物はすべて自分の部屋に持っていくように言っておりますが、リビングに散らかっている事が多いですね。
子供の年代で必要性はいろいろです。4人の子供がいるために順次変化を持たせています。独立性、個室性は程ほどに!
子供専用の部屋としてでなく、勉強部屋として親も勉強で一緒に使う事にしてます。寝室は別で、くつろぐ空間も居間で親と同じです。目的別に区分けしていて、今回のアンケートからはみ出しているみたいですね。
子供部屋はまだありません。子供は男の子と女の子なので、一部屋ずつ必要だと考えています。でも、部屋にはカギは絶対に付けたくありません!プライバシーは、ドアがあれば守られると思いますので…。
子供部屋というのは他を犠牲にしてまで用意する必要はない。部屋自体は必要だが、その中は贅を尽くして作ってやるのは、まさに「親バカ」以外の何物でもなく、子供の時から十分に与え過ぎては却って子供のためにはならない。ましてや、子供部屋のために親の部屋が犠牲になるなどとはもってのほかである。大人になって一人前になったら自分の親のようになりたいな、と憧れを持たせるような関係を親の部屋と子供部屋の間にも持たせるべきである。親の部屋が家の中で最も充実し、快適な家の象徴となるべきなのである。
実際、子供が居ないので答えようがないのですみません。友人宅をなどでは、リビングを通らず部屋に入れるので子供はサッさと自分の部屋へと入ってしまい家族とのコミュニケーションがなくなってしまって結局、間取りを変更しました。
子供部屋はあまり良い環境ではないほうが望ましい。寝る、勉強する、ようなプライベート環境は必要であるが、広い部屋でなくても良い。子供たちには共有のスペースを与えて子供同士が話し合える環境が望ましい。
子供部屋をどこにするかを決める時、採光やプライバシーの尊重を考えて角部屋としてあげた。
収納を工夫する。
収納スペースを十分確保した。
小さい時は2人で共用し、大きくなると独立。
小学生の娘に関しては、片づけの習慣が身に付くよう掃除を手伝ってやっている。
小さなスペースなので、ベッドや机をコンパクトに収められるようにしている。
成長に合わせて変えていく。(できる範囲で)
男1人、女2人の3人兄弟なので、男女別の子供部屋を2つ作ってあります。玄関から子供部屋にリビングを通らなくてもいけるので、帰宅後すぐの子供の顔が見られないことがある。これはまずいと思う。
動線をリビング中心としています。
絶対に鍵はつけない。親はいつでも入れるものとして個室を与えた。(もっとも子供が在室のときにはノックはします。)
特にありません 全部子供に任せています
独立したスペースを確保(プライバシーを保てる)しながら、家族との交流もできるように、オープンな雰囲気を出すようにすべきだと思う。
必ず、玄関からリビングをと通って 部屋に入れるようにする。ゆっくり、読書や勉強をしたいとき以外は、(小学生のうちは特に)家族のそばで(リビング) 過ごすことがベストだと。会話も豊富になるから。
日当り・風通しが良く,勉強に適した部屋を子供部屋にしている.お蔭で私の部屋は北向きの狭い部屋となってしまった.
勉強し易いように、空調設備は整えたい。
洋室の6畳の部屋を子供部屋にするつもりでしたが、今はまだ小学一年生なので、リビングの一角に机を配置して、いつでも目の届くようにしています。本人の希望でもありましたので…。
幼児から大人への成長する場としてのシェルターと考えるが、あくまで、保護者の管理下の範囲内に置くべきと考え、鍵は無用とする。また、無闇に入る事、おせっかいはしないが、いつでも必要となれば入っていくぞ、という姿勢は見せておきたい。
和室は洋室風に、収納の少ないところは持ち物を減らして、
50歳代以上のコメント
  親が自由に出入りできるようにする。
エアコンが一台しかないので間仕切りを開放し2人で使用させている
最低限のもの(机とベッド本棚)だけあれば充分ではないでしょうか。あとは子供自身が工夫すれば良い。
クーラーを設置してないので、夏の夜はかなり寝苦しそうである。
子供がもう大人になっていますので昔の事ですが、鍵をかけないようにしていました。我が家は男の子ばかりですが、寛ぐのはリビングでした。
一番の悩みは掃除。数回言っても掃除しないときは、親が勝手に入って掃除をしてしまうという約束になっている。さすがに怒らない。
少しでも広く快適に過ごせるか考えます
長男が高校2年生、次男が中学2年生になったので、来年あたりはそれぞれ別々の部屋を要求されそうだ。そうすると、私の書斎がなくなってしまうので彼らの部屋の改造が必要になるかも。ちなみに彼らの部屋は、和室の8畳間です。
常に掃除,整理整頓をして勉強できるようにしておく。
 アンケート 目次へ 


 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |