すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
コミュニティ   トップページ >> コミュニティ >> アンケート  
 本棚
 アンケート
 ブログ
 メールマガジン
 

 コミュニティ


 アンケート


第回
01.百年住宅 02.家電リサイクル法

アンケート実施期間:2001/5/10〜5/31  有効回答者数: 187人(男性:119人,女性:68人)

『家電リサイクル法』
4月から、いよいよ家電リサイクル法が施行されました。
買う時はあれほど楽しいのに、捨てるときは確かに面倒なものです。
3月は駆け込み買い替え需要が大幅に増加し、
4月の売上げは逆に相当な落ち込みを見せているようです。
しかしゴミ処分場にはすでに冷蔵庫やテレビが山と積まれ、
処分場の容量も限界まできており、
これ以上安易に物を捨てられる状況ではありません。
また家電だけではなく、来年5月からは建築リサイクル法がスタートし、
住宅解体の廃材処分の方法も厳しくなります。

今回は家電リサイクル法についてあなたのお考えを教えてください。

>> pick up comment
家電リサイクル法の施行で、まだ十分使える物まであきらめて、
新しい物を慌てて買うなどというばかげたことを随分見ました。
ものは一度買ったら捨てるのはなかなかむずかしいものです。
ですから、私は家電と家具はよほどでないと買いません。
洗濯機も今は修理のきくドイツ製ですし、2倍の広さの家に引っ越しましたが
ものは半分以下にへらしました。
痛い思いをした結果、そういう考えに達したのです。
(女性 46歳)

Q1. リサイクル法が施行される前に駆け込みで買い換えてしまおうと考えましたか?
Q1-グラフ

マスコミで、あれほど騒がれて始まった家電リサイクル法。
「まだ使えるが、買い換えた」人は全体の1.6%。
これらの人々が買い替え需要を押し上げたのでしょうか?
9割以上が「考えはしたが、買い換えなかった」「気にしなかった」という結果に安堵するものの、
”もしリサイクル法施行が7月だったなら、ボーナス商戦とあいまって・・・”
恐ろしい結果になっていたのではないかと考えてしまいます。

Q2. 製造メーカーのリサイクルのための引き取り料金は、いくら位が妥当だと思いますか?
   (現在:冷蔵庫\4,600・テレビ\2700・エアコン\3,500・洗濯機\2,400)

「無料化」「1,000円以下」「半額」など、現在の引き取り料金より下げてほしいと考える人が約7割です。
〈以下朝日新聞より〉
EUでは2005年末から全家電に15カ国共通の家電リサイクル法が適用されます。
回収費用は原則メーカー負担、材料の再利用率を60〜85%とするなど、厳しいものです。
(日本での再利用率は50〜60%)

Q3. あなたのご自宅にある家電リサイクル法の対象になる家電
   (冷蔵庫/テレビ/エアコン/洗濯機)は合計でいくつありますか?

「冷蔵庫・洗濯機各1台、テレビ・エアコン各1〜2台」というのが平均像でしょう。
一度増やしてしまった家電は、”壊れたら即買い替え”となって減ることはないのでしょう。
対象家電を11台以上所有しているご家庭が、全体の1割を超えるのは驚きです。

Q4. 対象商品は現在4品目ですが、その他に付け加えたほうがいいと思うものを選んでください。
   (複数回答可)


パソコン・電子レンジが上位に選ばれています。
〈以下朝日新聞より〉
EUで可決された家電リサイクル法では、冷蔵庫、パソコンはもちろん、電気カミソリや玩具など
小型を含むすべての電気・電子製品80品目にも及びます。

Q5.  これから家電製品を買い換える際に、どのような点を考えようと思われますか?
   (上位3つまでお答え下さい。)


「今使っているものはできるだけ長く使い、壊れれば少々高くても長く使えるものを選ぶ」
新しい物好きの日本人の買い物衝動は抑えられるでしょうか?
そして、冷蔵庫や洗濯機は古いもので我慢できても、パソコンはどうでしょう?
パソコンメーカーの新たな対応を期待したいです。

Q6. あなたの家電リサイクル法に関する対応策やお考えをお書き下さい。

>> pick up comment
地球規模で考えれば、あたりまえのことである。。。
ごもっとも!!
ここで考えたことは、もっと物をたいせつにすることでした。
(女性 33歳)

>> other comments
   女性のコメント       男性のコメント
20歳代以下のコメント
  4月に入り洗濯機の調子が悪くなり買い替えをしました。そのさいの引き取り料金が大手ディスカウント店によって引き取り料金がまちまちなのがわかりました.しかし高額な引き取り料金を払ってまでも家電量販店で買うという、安い電気製品を求める消費者としては納得がいきません.ペットボトルジュース、アルミ缶ジュースを販売している企業が、消費者にリサイクル料金を回収時に求めない現状がある限り、つくり手の責任として引き取り料金は納得がいかないです.もっと家電メーカーガ、新商品にこだわらず、もっと消費者にちかずいた対応、例えば修理に出そうとしても製造切れのため部品がない事があり買い替えを余儀なくされます.引き取り料金が高額であればあるほど、メンテナンスの保証期間も長くしてと希望します。1年でなく5年保証を打ち出すメーカーがでくくる事を期待します.それでなければいくらリサイクルをメーカーがやっても品質管理の向上には結びつかないのでは。
こういう制度は必要と思うが、不法投棄を誘発する現行の制度内容には反対する。費用は必要額以上を先払いとして、廃棄=回収時に一部返還するようにして、回収が容易にすすむようにしてはどうか。
いいことだと思う。けど既に買っているものまで対象になるのはツライ・・・。これから買う商品に対してだと嬉しかったです。大きさによって価格を変えてほしいとも思う。だって冷蔵庫や洗濯機はものによってサイズ差がありすぎます・・・。
これ自体はいいことだ。
きちんとリサイクルシステムを説明して欲しい。何にどうお金が使われているのかが、不透明のような気がする。消費税のように、わからないまま、取られている、・・・こんな姿になって欲しくない。
これからの将来の事を考えれば、仕方ないもかなと思います。
そのうち引取料込みの値段になって、どこまでがリサイクル法だかわからなくなる。
これで不法投棄が増えたのは、料金後払い制のためではないだろうか。私は個人的に後でお金を払うのは、追加料金を取られるようでいやだから、多少値段が高くなってもはじめから上乗せされているほうがよいと思う。
30歳代のコメント
  できるだけ、修理して物を大事に使いたい。
なるべく、大事に使うことが、いいと思う。もっといろいろなものを、対象にするべきだとおもう
たとえばテレビでも今使ってるのと同じメーカーに買い換えるのであれば、そのメーカーが引き取りまで行う事とすればどうでしょう。 あと、自分としては、出来るだけ修理して使えるものは、買い換えません。
メーカーと消費者、両者が資源を大切にする意識を持つためにも必要。リサイクルできないものは買わない作らないという方向に変わっていってほしい。
デポジットにしないがために、不法投棄が増えることに対して根本的な対策を行っていないなど、法の目的が達成できない。至急改正すべきだ。
メーカーも消費者も折半して、リサイクルできる社会にしていくのは、大切な事だと思う
とにかく、今あるものを大切に使っていこうと思っています。
とにかく、不法投棄が目立つ! 自分のところに無くなればOK!と言う感覚が気が知れない! 後で自分達に付けがくるのを理解していない人が居ることは なげかわしい! 
メ−カ−側もリサイクルしやすい商品を開発するようもっと努力して欲しい。回収はメ−カ−責任にしてはどうだろうか。
とにかく最近は流通・情報の速度が早く 軒並みあおりを受ける一昔前の商品と言うものは忘れ去られる事が多いのでは あくまでも家電リサイクル法に対応というのではなく 今の所有物を120%使う気持ちで接していこうと思っている こういった法律は消費者のそういう意識を促そうというものではないかと思う
やはりリサイクルにまわせる物はまわしたいと思う。
パソコンのリサイクルが実施されると思うがハードディスクなどのデータの完全消去が困難で不安。
はっきりいって今あまり気にしていないが、いざ捨てるときになったら「なんでお金取られるのだろう」なんて思ったりするんだろうな。きちんとしたお金の使われ方ならそれはそれで納得はするが。
やはり安易に買い物をせず必要なものを長く使っていきたいと思います
まだ施行されたばかりで本当に役立つ法律なのかよくわからない。
ニュースなどで取り上げられているように、電化製品の不法投棄が問題になっています。リサイクルは、世界規模で考えていかなくてはならない問題だとおもいます。こうしなくてはならないというような 対策が私自身あるわけでは ないのですが もっと 各自が自覚をもって行動すべきだと思います。たとえ ゴミの収集に料金がかかるようになったとしても 自分たちで出したゴミに関しては、きちんと支払うべき物は支払い 分別できる物はする。リサイクル法で決められた物に関しては個人も業者もするべき事はする! 耐久年数が 長いので これは無理だと思うのですが、ビール瓶のように 完全にメーカーが 回収 リサイクルをするというのは やはり 理想だと思います。
まだ修理して使えそうな物であれば、発展途上国に寄付するのがベストではないかと思う。単に細かく粉砕してその材料から別の製品にリサイクルして作るばかりがリサイクルではないと思う。メーカーは、自社の製品をその製品として使えなくなったら次にこういう製品として転用できるという発想で設計してもらいたい。
リサイクルの点では賛成できるが、引き取り料金がいささか高すぎる気がします。せめて区役所粗大ゴミなみの値段まで下げて欲しい。
メーカーが負担するべき。
メーカー出荷時に金額を上乗せでないと、不法投棄は無くならないと思う
リサイクルは必要なことだし、費用がかかるのも仕方がないことだと思う。でもちょっと高すぎ。不法投棄が気になる。
もっと、早く導入すべきだった。
リサイクル法の主旨はよく判るのですが、このままでは不法投棄なんかが増えそうで問題点もかなり多いと思います。製品自体に加算されている方法がよかったのでは????
リサイクルそのものは結構なことです。メーカーもリサイクルしやすい商品の開発を進めていただきたいですね。そのために少々コストがかかっても仕方ないと思います。ですが回収する際に課金するのは如何なものでしょうか?購入したものはいずれは廃棄するのですから、販売価格に載せておけばいいと思います。
リサイクル法が施工される前の見苦しい姿を苦々しく思いました。モノを大切にしない愚かな人々ですね。
リサイクルのシステムをちゃんと考えてから、リサイクル法等を施行して欲しかった。リサイクルのシステムがちゃんとしていないから、リサイクルの方が高かったり、使えない大型家電の引き取りに金がかかるのだと思う。
リサイクルはとても大事な事だと思います。これによってもっと大事に使っていきたいと思う
リサイクル法より 各自の 自覚
リサイクルは大事だけれど、不法投棄を誘発するような施行は良くなかった。
今使っているものを大事に長持ちさせる。流行にとらわれない。
安売り店ではその分をカバーするところがでてくるはずですのであまり気になりません
作り手であるメーカー側に何の義務も負わせないのはどうかと思う。我々がゴミを減らしたくても、ろくに修理も出来ないような商品を作り続け、リサイクル料金も負わないメーカーには憤りをおぼえる。
なるべく業者が引き取ってくれそうなお店から購入したと思ってます。
使う人が廃棄まで負担するのは当然だと思うが、負担した料金がリサイクルや廃棄にちゃんと使われることが重要で不透明にならないでほしい。実際、リサイクル・再利用は難しいと思うが、今後の科学の重要なテーマになると思う。
なんで消費者がお金を払わなければいけないのか?メーカーが払うべき!
使える家電が捨てられるこの国なので、メーカーが商品価格にリサイクル価格を折込済みにすることによって、ほぼすべての製品が処分されるという仮定のもとに販売されるほうが望ましい。その部分は消費者には転嫁されるのでなく、メーカーが責任を持つという姿勢を示すものとなるから。
家電リサイクル法の施行でまだ十分使える物まであきらめて新しい物を慌てて買うなどというばかげたことを随分見ました。ものは一度買ったら捨てるのはなかなかむずかしいものです。ですから、私は家電と家具はよほどでないと買いません。洗濯機も今は修理のきくドイツ製ですし、2倍の広さの家に引っ越しましたが ものは半分以下にへらしました。痛い思いをした結果、そういう考えに達したのです。
リサイクルを前提とした商品にどんどんシフトするべき、対象商品もさらに増やせばよい
始まったばかりで実際の効果がまだ判りませんので何とも言えないのですが、資源再利用化は絶対に必要なので消費者もメーカーも真剣に考えていかなければならないと思います。どのようにリサイクルをしていくのか、最も効果的な処理方法は何か等常に考えよりよい方向を見つける努力を続けていかなければなりません。
家電リサイクル法はいいことだと思いますが、かかる料金が高い。低所得者は大変な出費になり負担もかなり大きいと思います。しかし、消耗品と違いますので、地球環境のためには、少しは、一人一人が責任分担する必要があるのではないでしょうか。
リサイクル費用は購入時にデポジット分を含めて出費し、リサイクルに出す時にデポジット分だけ戻って来るようにした方がリサイクル率が高まると思う。
家電リサイクル法は、消費大国の日本にとって必要であるが、不法投棄が増加する恐れがある。不法投棄に対する罰則をもっと強化すべきと考える。
家電リサイクル法は必要だと思いますが、不法投棄も増えると思います。家電を販売する時に、引き取り料も込みで売ればいいのではないでしょうか?
リサイクル費用を別途とするのではなく、販売価格の中に含めてほしい。その場合、リサイクル法施行前の価格と同程度になるように、企業努力をしてほしい。
リサイクル法は賛成ですが、買い控えなどによる消費の低迷、経済への影響が気になります。
安易に買い換えないで、極力使えるうちは使い(場合によっては、修理してでも)、買うときはリサイクルしやすいものを買うこと。
家電製品の部分的リサイクルができれば、もっと資源を減らして行く事ができるし、もっと物を大切にしていくと思います。
違法行為が散見されるようにならないよう取締りや看視をしっかりできるシステムが必要である。
一部のオーディオ機器のように長く使っても飽きがこないような質の高いものを製造することが必要だ。パソコンの耐用年数は、短すぎる。
家電製品はなるべく少ない数を持つようにしている。例えば洗濯機は乾燥機と一体型のものにする。今後のことを考えると、オーブンレンジ1台あったらそれでトースターとしての役割も担ってもらう。
引き取り料の安い販売店で購入する。この法律で理解できないのは引き取った製品を東南アジアに持って行って売っている業者がいるようで両方で儲けているようなことが起きているのはおかしいですね。あくまでも回収した製品を処理する費用として消費者は支払っていると思います。
引き取り料金を取って集めたものをちゃんと捨てられる又リサイクルできるシステムが本当に確立できているのか心配
引き取り領域は製品価格に上乗せし、メーカーが責任を持ってリサイクルすべき。また、対象品は全製品にすべき。
確かに購入者への負担は当たり前のことですが、引取りにまで料金負担さるまえに政府予算を見直しリサイクル法へ注ぐ余力は十分にあると思う
家電が壊れたとき、直す金額が新商品を買う金額より高いのが問題だと思う。
購入時に税金がかかる方が良い。(引き取りは無料)
購入時に料金の前払い制の導入を望む。
家電は天下の廻りもの。
元々一度購入したものはできるだけ長く使うので、特に変わらない。本当に使えなくなって引き取り料金を取られたとしても充分元は取っている。
家電リサイクル法は当然必要な法律であり反対はしないが、出来ることであれば商品価格を設定する際に引き取り費も考慮された形態にしてほしい。  後払いというのは、なかなかイメージ的に損しているような気になってしまい抵抗を感じる為。
現在の便利さを享受する為には必要不可欠かと存じます。メーカーや販売店側も修理にもっと積極的になって頂きたいです。
男性 我が家ではテレビの色がでない故障がその時期にあったが修理で対応した。今テレビを買っても、地上波デジタルの事を考えるとちょっと。一応私もそのメーカーにつとめてますが、まるでお金を取るのがメーカーが悪いみたいな論調でマスコミに書かれたりするのには抵抗があります。某知事が駆け込みの不法投棄をメーカー負担で引き取れなんてのも目的・本質を無視して、利権とか自己都合とかって感じで。みんなでこれからのリサイクル・循環社会がどうあるべきかきっちり考える気がないからこういう思考になるのかなあとがっかりしたりします。
企業の営利活動との調和をどう取っていくか。リサイクル・コストの低廉化、環境保護への意識改革が必要。
今あるものは、とにかく長く大事に使おうと思います。
業界の反発はあると思うが、新品の販売単価に将来のリサイクル費用をONさせて販売し、処理は販売ルートの逆流で無償でやってほしいと思う。その方が、家電メーカーもますます処理しやすい仕様の開発をするだろうし、不法投棄もなくなるし、地球環境によいと思う。また対照は全ての家電製品に拡大すべきと思う。
駆け込み買い換えや違法投棄をなくすためにも製品の価格に付加すべきである。廃棄する時にお金が取られるため不法投棄が増す。
今後は購入時に代金の中に含まれるような制度のほうが良いと思う。
結果的に商品の価格の上昇につなげてしまうかもしれないが、形あるものはやがて壊れるわけだから、購入時点で料金を前払い制にしたらと思いますが。
最近、休日に”ご家庭にあるご不要の黒いテレビはございませんか〜。無料で、無料で引き取りま〜す。”という車が巡回するようになりました。今までだったら「買い取って」もらえたかもしれない物が「無料で引き取り」を強調されて、妙な気持ちです。
故障したら修理に出す。(今までは買い換えていました。)
故障した場合は、まず分解修理を試みる。
仕方ないと思います。
購入時にリサイクル料を上乗せして販売した方がよいと思うが、これも何か不公平を感じる。やはり廃棄する時に必要な費用を負担するのが理想だが、実際にはモラル低下の解決法はないと思う。あらかじめ作るものがリサイクルしやすいようにして、リサイクルしにくい物は税金をかけて高く販売すべき。自治体がリサイクルに責任を持たなければ解決できないと考える。
今のところは電化製品のみだが、そのうち、生ごみとかの燃えるごみとかも、お金を払わなきゃ捨てれない時代になってくると思うから、今のうちから国民はごみを減らす訓練をしなければいけないと思う。
購入時に価格に含まれ回収時は無料のほうが良い
電リサイクル法に絶対反対である。資源を渡してお金を払うのは不合理以外なにものでもない!!!
40歳代のコメント
  物を大事にするしかない。有料化すると不法投棄などが絶対に増えると思う。
資源の有効活用という意味で好ましいと思う。対象を広げ、粗大ゴミの回収・処理にかかわる行政サービスを廃止し、民間に任せ、その分、役所の縮小・予算削減、減税につなげて欲しい。
資源を有効に使うためにも全ての電気製品にリサイクル費用を負担する必要があると思う。
自分が使ったものは.自分自身で処理する。でも100パ−セントを目指すのは今のままでは無理がある。メ−カ-の努力に期待しています。
自分で材料レベルまで分解すれば(当然工具は購入)資源回収ごみとして出すことができます。
商品を製造し売るのであれば回収も当たり前なこと。引取り料をとるのは納得いかない
捨てる前に、まずリサイクルショップを考えると思います。
消費者に負担のかからない様に、企業に責任を持たせるようにしてほしい。
修理をして使えるものも多いのに、修理費が新品と同じ位かかるのでは、誰でも新品を買う。廃棄にかかる費用を考えれば、その分修理して使ったら補助とかするシステムにすれば良いのでは?
修理代が高く、時間もかかり、部品の交換が難しいものがあるので安易に買い換えてしまうのではないでしょうか。捨て方もさることながら、直し方も考えて行くべきです。
消費者も意味を理解し、協力をし、メーカーに無料化にできるようがんばってほしい
商品買い取り時に料金の先払いをし、つまり商品価格に折りこみ、廃棄時に返金してもらえるようにする。そうすれば不法投棄がなくなる。是非実行すべき。
不法投棄を増やすだけのような気がする
新規購入時に別途引き取り代金を請求されるが、最初から価格に上乗せしていれば不当投棄も防げ、且つ出費負担が心理的にも抑えられるのではないだろうか。
世の中の流れとして、逍遥として受け入れる。
炊飯器のお釜をもっと安く買えるようにしてほしい。電話の子機の充電池も安くして欲しい。
消費者に料金を請求するのはおかしいと思う。メーカーで対応すべきである。
製造メーカーの負担がどの程度或るのかないのかが解らないのが一番の不満。製造メーカーが消費者以上にリサイクルに対して負担があるのなら消費者も納得するはずだが、今のままでは消費者だけが馬鹿みたいだ。不法投棄が増えるのは当たり前だと思う。法律がひどすぎる。
全てはいつかゴミになるのであれば,デポジットにするのが正しいと思う.不法廃棄も無くなるし.
製造過程で、リサイクルしやすいものを作るよう、企業にペナルティーを課すべき。
総論では賛成できるが, 現実に自分がリサイクル費用をはらわなければならない場面になると, 高すぎると思う。リサイクル費用は 販売価格に含めて, 廃棄時には無料とすべきだと思う。
少しくらい高くてもやはり必要な経費なので仕方ないと思う。これからは、次々買い換えるのではなくいかに長持ちするかをポイントに選びたいと思う。
大義名分は立派だが、官僚と家電メーカーが利益と既得権益を守るために作った法律のような気がしてならない。何にせよユーザーに負担を強いるところが問題である。
地球にやさしいことをする為にかかるコストは当然負担すべきと思う。ただ、正直者がバカをみるようなことだけはあってはならないので、行政はしっかりと管理して欲しい。
誰かが設けているだけの法律だと思う。
地球環境のこと等を考えると、もっと早くに開始してもよかったのではないかと思う。
大切に!
長持ちするものを買うのが一番
不法投棄が心配。購入の際に上乗せして家電リサイクル基金をつくり、市などで回収してくれるのが一番いいと思います。
地球環境と資源のことを考えると今回の法整備は止むを得ないと思いますが、消費者への影響が大きいので、メーカーの社会的責任のほうへ比重を高めるべきだと考えます。(短命商品や資源の無駄が多い企業へのペナルティと逆に貢献度の高いメーカーへは税制面で優遇などの措置)
不法投棄が増え、結局私たちの税金で処分されるのは不本意なことです。料金は作ったメーカーにも負担させることで、長く使える商品を作るということにもなるでしょうし、(修理しやすい商品開発も含め)使い捨ての時代に終止符をうてるようになるのではないでしょうか。
地球環境の為には、リサイクル法は必要だと思う。
電化製品の価格が安くなっているので、多少の費用は仕方ないと考える。
地球資源かぎられている。大事に消費しなければならない。
電気製品は、使用頻度により、耐久年が違いますが、私自身10年以上使用するようにしている。壊れたら修理して、持たせている。リサイクルは、賛成だが、コストが掛かり過ぎが気になる。
直して使うより,新品を買う方が安くつくという状況を変える必要があります。メーカーは積極的に『消費者が利用し易い修理センター』を整備して,素早く安く修理できる体制をつくってほしいものです。12年前に買ったシャープ製のコンパクトステレオを使っていますが,接触不良を近所の電気屋さんで修理してもらいましたが,こんどはスピーカーの不調で多分修理は不能でしょう。しかし,デザインを評価しているので捨てられません。中身を捨てて,外形だけ利用して収納に利用できないものかと考えています。とにかくデザインが気に入っているのです。なのですなな 
特に気にしていません
内容が中途半端。
必要だとは思うがこの時代家計が圧迫される。又不法投棄も増えるのでわないか
買い換え時に手数料として払わせるから抵抗感があるのであって、どこかの国の税金のように知らない内に徴収されていれば文句は出ない。もともと、サービスにお金を払うという意識の低い国民性から、別途徴収よりも税方式の方が馴染む。ただし、いまのままでは、日本国民は、社会(世界・地球規模)貢献意識の低い3流民族のまま。
売るだけのメーカーが一番責任があるでしょう。消費者にも責任はありますもちろん。もっとまともな商品を売っていれば、使い捨てにはならないはず。
不法投棄が増えそう
不法投棄が増えないか心配である。
不法投棄の問題があるが、リサイクル対象製品を出した人が負担するのはあたりまえ。無料にして、税金で負担するのはやめてほしい。
物を捨てるのに費用が掛かるんだから当たり前って感じ。対策としては「少々高くても長持ちするいいものしか買わない。要らないものは買わない。」という事です。デフレが進みそうな話ですね。
50歳代以上のコメント
  法に合わせるのではなく、ライフスタイルに合わせる。つまり、リサイクル法への対応として、特に気にしていない。
物を大事に使おう!
本来はリサイクルを前提に商品を生産するべきで、いままでの対応がお粗末という感じ。今後はできるだけ、個人でも部品交換などをして自分でバージョンアップできるようにすべき。
魅力的な新製品が手頃に買える今こそ、我々は、購入したものに対する責任を持つべきである。限られた資源を有効に使うためにリサイクルは重要だし、この事をもっと認識するためにリサイクル法適用対象品を増やすほうがいいのでは・・・とにかく物を大切にする人が少なくなってきているように感じる。
法律が施行されたからには、皆が守っていくべきだと思う。不法投棄を厳重に取り締まってもらいたいです。
輸送費は不要にして欲しい
有料化はやむを得ないと思うが、金額が高過ぎる。
要らない物は、ただ捨てると言う考えは再考する時期にあると思います。リサイクルの意識を高揚する政策が必要です。不法投棄などの行為は厳罰にするなどの対策をしないと正直者がバカを見るでは、解決しないですね。
友人の間で必要なものをまわしっこするとか
無料化したとしても,結局は価格に跳ね返って消費者が負担することになるのは見えている.従って,出来るだけ壊れにくそうで機能的に古くなりにくい商品を選択し,かつ修理して使い続けるように心がけようと思う.
利便性だけを考えず、使っていて困らなければ、できるだけ長く使う。
料金がもう少し安くないと不法投棄の増加が心配される。
流行にとらわれず長く使えるものを選んでゆく
良い意味での「もったいない」という意識を持つことが大事だと思います。今の地球環境では次世代を担う子供達のために多大な影響を残しそうです。そのあたりをもっとアピールしていって循環型社会を創っていく必要があります。
良い性能の製品を選び、大事に扱う

 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |