すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
コミュニティ   トップページ >> コミュニティ >> アンケート  
 本棚
 アンケート
 ブログ
 メールマガジン
 

 コミュニティ


 アンケート


第4回
01.住宅の収納 02. 暑さ対策

アンケート実施期間:2001/07/10〜7/31  有効回答者数: 216人(男性:103人,女性:113人)

『暑さ対策』
さて、夏も本番です。
今年もすでに暑い日が続いていますね。
海に、花火に、アウトドアでの楽しみが増えますが、
家での蒸し暑さ・夜の寝苦しさは何とかならないものでしょうか?
今回のアンケートは、住宅の暑さ対策について考えたいと思います。


>> pick up comment
都会に住まずに、田舎に住む。
わざわざ都会に職を求めて住み、人が多いだの、道が混んでるだの、暑いだのと不平を言うのは
わがままでナンセンスと思う。
(男性 42歳)

Q1. あなたのクーラー依存度はどのくらいでしょうか?

Q1-グラフ


世代が若いほど、クーラー依存度は高くなる傾向にあります。
また、住んでいる地域が都市部なのか、郊外なのか、マンションならば低層階か高層階かで
「なるべく利用しないで暮らしたい」けれど、「クーラーなしでは生きていけない」ようになるのかもしれません。

Q2. 暑さに対するあなたの理想的な過ごし方は、次のうちどれですか?


圧倒的に「自然の力派」が支持されています。
末尾のコメント集でも、「クーラーをかけて眠ると体に悪い」という意見が多く見られました。
しかし、ここでも若い世代ほど「完全人口環境派」の比率が高くなります。

Q3. 暑さに対するあなたの現在の過ごし方は、次のうちどれですか?


Q2の「理想の過ごし方」とは逆転の結果となりました。
Q1と同じように「なるべく利用しないで暮らしたい」けれど、防犯上窓は開けられなかったり、
開けても風が通らなかったり、涼しくなかったりで、結局クーラーに頼らざるを得ないのですね。

Q4. あなたのご自宅は、どのような暑さ対策をされていますか?(複数回答可)


6割近くの方が「風が抜けやすい設計になっている」と答えておられます。
これは、「風が抜けやすいように窓を開ける」と、皆さんが工夫されていると考えていいのではないかと思います。また、簾や立簾などを据え付けたり、樹木を茂らせたり、様々に工夫されています。
梅雨が明けたくらいに時期から、ホームセンターでは簾や立簾が山と積まれるようになっていますね。

Q5. 蒸し暑く、寝苦しい夜はどのようにしていていますか?
   住まいの中での暑さ対策や工夫をお聞かせ下さい。

>> pick up comment
クーラーの温度を30度に設定して、扇風機を天井に向けて回転させています。
こうしていると夏風邪になることはありません
(女性 52歳)

>> other comments
   女性のコメント       男性のコメント
20歳代以下のコメント
  クーラーに頼ってばかりなので電気代がかかります。お金がかからずに涼しい方法はないでしょうか。
クーラーをつけっぱなしは体に悪すぎると思い、扇風機を足元だけに直撃させて寝ています(これもあまり良い方法ではないですが・・・)。お腹は冷やしてはいけないので、お腹にだけは必ず布団をかけることも必須です。
ベッドのすぐ脇にある窓と窓の向かいにある扉を開けることで風の流れを作っている。それでも風が来ない日はやむを得ずエアコンを利用。ただし弱めに設定する。
寝る前何分間か冷房をつけて冷やし寝る前に消す.
窓をあけ、網戸にして扇風機もかけている。
冷房をタイマーにしてねる。家の中ではトランクスとTシャツでいる。
28度ぐらいにクーラーを設定してドライで運転させている。
扇風機などで風を起こしてしのいでいます。どうしても暑いときはクーラーに頼ってしまいますが。
お気に入りの音楽を聴く。
我慢してます。
クールな入浴剤を使った風呂に入る
特に無し。なるべくクーラーは使わないよう気をつける。
できるだけ風呂なども湯は冷ためではいったりしています。
涼しい服装で過ごす。風通しを良くする。
クーラーつけて、冷たいものを飲んで寝る
シリングファンを取り付けて、空気を循環させている
窓を開けて寝たいけれど、防犯上そういうわけにはいかない。仕方なくクーラーをかけると、次の日はダルい。
窓を開けると虫が入ってくるので仕方なくエアコンをタイマーをかけて寝る。
お風呂に入る
窓を網戸にして寝るか、アイスノンを使って寝る。
冷房をドライで一晩中つけていないととてもじゃないけど寝られない
30歳代のコメント
  どうしても眠れないときは、クーラーで冷やしてから寝る。
あまり良いとは思わないが、仕方なくクーラーをつけている。なるべくクーラーの効きが良いように、早めにカーテンを閉めている。
窓を開けることと換気扇と扇風機を使って,空気を動かすようにしています。風が入ってくるとそんなに蒸し暑くはないので,今のところそれだけで何とかやっています。
窓を開けて寝る
エアコンの除湿をタイマーでつけて寝る。しかし、タイマーが切れると、暑くなり、目が覚める。
クーラーがなかったころは一夏で3夜ぐらいどうにも風のない寝苦しい夜があったが(4年前ぐらい)うちわでひたすら我慢して、寝ました。今は子供もいるしクーラーをタイマーで3時間ぐらい回して寝ています。
クーラーの除湿なくして我が生活は成り立ちません。これでは健康によくないのだろうなぁと思いますが。。。
クーラーをがんがんにかけて寝る!
窓際に扇風機を置いて凌ぐ。
ひんやりタオルを顔や首筋にあてる。
出来るだけ、風が通り抜けるように窓を開け、扇風機をタイマーセットで回しています。
都心のマンションでは窓を開ければ隣のクーラーの室外機からの熱風が吹き込みます。都心の建物はすべて所有ではなく強制的に賃借にして集中冷房暖房にしたほうが、いいとすら思います。
寝苦しくても、エアコンは部屋にないし、扇風機も「つけっぱなしで寝ると死ぬ」とか聞いたことがあるので、窓を開けて寝ています。しかし、最近、近所でも泥棒が多いのでちょっと心配。
エアコンに頼る!
エアコンがなかったときは、窓に一番近い位置に扇風機を持っていき、冷たい風が来るようにしていました。子供のときは廊下に寝たり、虫刺されの薬を塗って風にあたると冷たいので、そうして寝ていました。
どうしても寝られないときは、クーラーに頼るけれど、極力我慢する。暑くなり始めの頃から我慢をしていると、だんだんからだも暑さに慣れてくるものです。ただ、出窓にかけていたカーテンを簾にしたり、床に敷いていたカーペットをい草にしたりと、夏らしいものにインテリアを少し変えています。
布団ではなくコットに寝る(笑)
寝るときはクーラーは使わないようにしている。扇風機利用。だが、どうしても我慢できない時は仕方なくクーラーを利用している。
今はクーラーに頼りっきり。できるだけかけないようにはしているが、風がないと子供たちが泣き出すので、つい。
窓を開ける
アイスノンをつかっています。
毎晩、エアコンを使用しています。本来は自然の風を入れてしのぐことが望ましいとは思いますが、窓を開けた状態では、我が家は外の音(車など)が深夜においても煩いため、致し方なく窓を閉め、冷房に頼っております。
エアコンのみです。一階なので雨戸も閉めなくてはならないし・・冷房だけではなく部屋がある程度涼しくなった所でドライに変えます。
エアコンをかけて寝ています。
エアコンをドライでタイマーセットして寝る。
エアコンの温度をやや高めにして、扇風機との併用。
どうしようもない時は子供がいるのでエアコンを利用してしまっている。利用しないでいたら余りにも汗をかきすぎて、かえって風邪をひいてしまったので。
私の場合は、風の流れがあれば、少々暑くても大丈夫なので、風がながれるようにしたり、扇風機の風を利用しています。
早く寝てしまう。
扇風機を使う
氷まくらで頭を冷やしながら寝る。硬いので寝心地はよくないけど。
窓を明け、近隣の音を我慢しながら水風呂を浴びた後、すかさずひたすら扇風機で寝てしまう。(これがダメなら水風呂からまた繰り返す)
お布団の上にゴザを敷いて寝ています。そうすると、布団に直に寝るよりは涼しくて快適です。
夜半はベランダに扇風機を置いて、外気を取り入れて、同時に反対側で外へ向けて扇風機を回す。(換気扇も)
近くのスーパーに明け方(3時半頃)から納入の台車がうるさくて、窓を開けれないので、クーラーに頼ってます。
クーラーをかけっぱなしだといかにも体に悪そうなので出来るだけ我慢しているが、どうしようもない時はクーラーに頼っている。
防犯じょう、雨戸まで閉めて寝ていますが、ひどく暑い場合は、雨戸の鍵をかけて、サッシは、開けて寝ています。あとは、タイマーをかけて扇風機をかけています。
やはり、「エアコン」に頼ってしまいます!
眠れないのも困るので、エアコンをつけて、布団をかぶって寝ている。
エアコンをつけますが、タイマーで切れるようにしています。今年はとても暑いですが、夜が涼しい日が多く、助かっています。暑がりの私と寒がりの夫が同じへやに休むのが、一番困ります。
親子4人で一つの部屋に寝ているのですが、兎に角暑いです。クーラーの除湿をつけて、氷枕をして寝ています。
クーラーで部屋を冷やした後、ドライにし、扇風機と併用してます。
その時だけはクーラーを入れる。但し冷え過ぎると困るので別室をつけてドアをあけ直接冷風があたらないようにする.寝不足は次の日にたたるから。
エアコン使用は体に悪いので避けている。扇風機を用いているが、これも直接体に風が当たらないように、扇風機の首を上向きにして風を循環させ、暑い空気がよどまないようにしている。
どうしてもって時はタイマーでエアコン利用。
我が家は2階なので、窓から入ってくる風を極力利用し、クーラーは使わないようにしています。
我が家はマンションの10階で、幸いなことに周囲に高層建築がないことから、非常に風通しが良く、救われています。夏の夜は、窓を全開にして、風を通し、それでも足りないときは、扇風機で送風しています。一応、それで凌ぐことができるので、助かってます。
全部の部屋の小窓を開けて風の通りを良くして、それでもダメなら、扇風機を上に向けて空気を循環するようにしてます。
窓をあける
就寝前にエアコンをガンガン効かせて、消したら一気に寝てしまう。
窓を開けて寝ています。無用心とは思いますが背に腹は変えられません。ドライにしてエアコンをつけることもあります。
アイスノンを枕変わりにする。
床に寝る。結構すずしい
クーラーと扇風機の併用。袖無しのものを着る。
完全にクーラーに依存しています。まず、都会のマンションに住んでいるので、夜は防犯上、窓を開けたりはしません。また、日中の場合でも、虫や埃の進入を最小限に抑えたいので、窓を開けることはめったにありません。窓は、すべて、断熱のため二重にしています。密閉率をあげることで、効率的に温度を下げ、電気代の節約に心がけています。夜は(昼間でも相当暑くない限り)、ドライの状態で使っています。
寝られないほどに暑く感じたら、クーラーをつける。
現状では完全にクーラーです。暑さに弱いペットがいるのも大きな原因ですが。
二階の窓は全開にして風を通しています。後は、アイス枕などを利用しています。
窓を全開(網戸)にしているが、この頃物騒であり、実際空けていると騒音が入ってきて寝づらい。難しい。
風通しが悪いのでエアコン頼み。休日はできるだけ家にはいないようにする。電気代が冬の1.5倍になる。ドライ機能を使う。結構室内気温も低くなる。
エアコンと、扇風機を併用して、設定温度をなるべく高くしています。
・エアコンのタイマーをセットして寝る。そして、エアコンのタイマーが切れたら窓を開ける。・水風呂につかってから寝る。
エアコンのおやすみタイマーを利用。日が陰った頃から風を通しておく。
エアコンを入れる。寝具やインテリアを替える。
エアコンをかける。
クーラー&扇風機の活用。
ベッドの上に竹のシーツを敷いている。暑さがこもらなく、なかなかいいです。でもクーラーを使ってしまいますが...
クーラーと扇風機を併用し、汗通りの良い寝具を使用する。
今は、エアコンに頼っています。布団をひくと、扇風機も置けない狭い部屋で、風の通りも悪いので、対策のしようがありません。
仕方がないので、エアコンに頼ってますが、できるだけ窓を開けて自然の風が入るようにしてるくらいかな・・・
近所に家が密集していないので風通しがよい。どうしても暑いときはアイスノンなどの氷枕で今のところ十分。
除湿と扇風機
エアコンをタイマーでかける。この頃は暑すぎてそれでは寝られないので、朝までかけっぱなしもしばしば。アイスノンを使ったりしてはいるが、極度の暑がりで汗かきだからエアコンがないと死んでしまう…と思う…多分…。
扇風機+窓あけ
クーラーは冷房を使わず、除湿だけを使用しています。まだ使っていないけど、あんまり寝苦しい時はアイスノンを使う事もあります。
リビングのエアコンをつけて隣の寝室のふすまをちょっとだけ空けて冷気を取り入れています。
寝室が東向きなので朝日が暑い!すだれを付けようと思っている
寝ているときは暑さをあまり感じないので、特に困ったことはない。
扇風機をタイマ-ニスルアイスノンをあたまにしてねござを使う
窓を閉めてエアコンをタイマーを使ってこまめに入切する。
扇風機を使う等で、できるだけ工夫をしているが、それでもダメなら薄くクーラーを使います。
40歳代のコメント
  クーラーをタイマーにして、後は扇風機を回しっぱなし。氷枕を頭や首に当てて寝ると、なかなか寝こごちが良いですよ。
マンション1Fなので、寝るときは仕方なしクーラーをかけている。でも、タイマーで2〜3時間で消すようにしている。
マンションに住んでいますが、偶然(?)にも通風計画にすぐれ、季節風が抜けていきます。高層なので窓全開で寝ています。熱帯夜(それも30℃以上)の時は扇風機です。エアコンは夕食の時、煮炊きで暑いときには使います。
扇風機をタイマーで使っているのみ
扇風機をつけっぱなしにする。
各自のエアコンは使わずに1部屋で寝る。ドライ28度設定
全館空調にしたら、妻と温度に対する意見が合わない。家のどこでも同じ温度。言い換えれば部屋ごとの微調整が利かない…考え物であった。
クーラーに頼り切っています
クーラーの付けっ放ししかない.
最悪に暑いときはアイスノンを利用しますが、一歩手前くらいなら、濡れタオルを枕元に置いておき、寝苦しくて目がさめたときに体を拭き、気化を利用して熱を取ります。結構涼しくなるので、その後はぐっすり眠れます。
氷枕をして寝る
あきらめる。
仕方なくエアコンつけっぱなし。
エアコンに頼っている
現在は保冷材(アイスノン等)等を首筋にあてて寝ているが、最悪の場合クーラーの設定を冷房ではなくドライ(除湿)にして寝ている。
寝苦しい日はやはりエアコンを使ってしまいますね。。。特に子供が汗っかきで、あせもが出やすいから。。。
実際は、エアコンで冷房ではなく除湿(ドライ)にて過ごしてます。理想は、RC造の外断熱で、開口部はトリプル硝子で内障子は樹脂、内装の仕上げ材は吸湿性の良い木質系で、半強制換気システムをいれるって言う感じですが、現実は・・・ここ2〜3日 38℃を超え、窓を開けても熱風しか入ってこず結局エアコン。窓にブラインドを取り付け、日中の日差しを出来るだけ遮り、室内の温度の上昇を防ぐ位しか出来てません。  そういえば私が小さかった頃、母親に連れられて行ったデパートの中に、大きい氷の柱の様な物がでっかいタライに入ってて、それに触って遊びながら随分涼しさを感じた記憶が、かすかにあります。
あらかじめ部屋を冷やしておき、タイマーでクーラーを途中で消す。
寝るときは自然のままでいたいですね。
クーラーに頼ります.お休みタイマーをかけて寝ます。
窓を開けて寝る。
窓を少し開けるか、我慢する。
しょうがなく、エアコンをつける
都会に住まずに、田舎に住む。わざわざ都会に職を求めて住み、人が多いだの、道が混んでるだの、暑いだのと不平を言うのはわがままでナンセンスと思う。
今年の初めに「エアコン」を購入したので、夜も快適に過ごしています。また昨年までも、日中は暑さに苦しみましたが、幸せなことに、夜は「網戸」にすれば、何処からともなく「そよ風」が入ってきていたので、眠れないという経験はありませんでした。
特に対策はしていません、海風は結構涼しい
ただ耐える
ころがりまわる
ベランダへの窓を空け、窓辺で寝る。それでダメなら扇風機をつける。
私自身は、なるべくならクーラーを使わず、扇風機くらいですませたいのですが、一人ではないのでそうもいかないのが現状。日本の夏は暑いだけでなく湿気を伴うのでベタベタするのでクーラーつけないとダニとか繁殖しそう。結局、クーラーに頼る。
窓を開けて、扇風機を回す。
徹底的に身体や部屋をを冷やしてからクーラーを消して、寝るようにしている。(暑くて目が覚めてしまったら、タイマーで1時間だけ再びクーラーを入れる)
今のところ特にない
昼間に思いっきり汗をかいておくこと。それでも我慢できなければアイスノン。
我慢して、外からの風だけで寝ている。時々、クーラーをつける。
クーラーで温度管理
タイマーでエアコンをつけているので、ほとんど寝苦しいことはないです。
集合住宅で、環境そのものが暑さに弱くなっているので、対策は人工的なものに頼らざるをえません。
私自身が 汗で皮膚が痛くなるので 身体に悪いと思いつつ クーラーを殆ど一日中使用しています。 又、 犬がいる為 人が 居なくてもクーラーがついています。
アイスノンを枕にして、体感温度を下げるようにする。窓を開け、窓際で寝る。
今年は梅雨もほとんどなく、3階は連日35〜38度という猛暑が続いています。この部分にプライベート4部屋がありますので仕方なくエアコンを使用しています。すべて開け放せば、結構風は通るのですが、子供たち(19歳、15歳、12歳)はなぜか締め切ってしまうのでだめです。無理矢理それぞれのアジトをやぶる気もありませんので・・・。
エアコンをつける。
クーラーをかける。低いところ(3Fより2F、2Fより1F、ベットより床)に寝る。
扇風機で、我慢しています。
妻は嫌いなのですが、エアコンに頼るのみです.
窓開けと打水
どうしても暑い晩はクーラーを使用しますが、一気に冷やしてクーラーは止めます。
本当に暑くて寝られない日はクーラーにお世話になっていますでも、クーラーを切った時の不快感が嫌いです。対策って、我慢することしかないのです。
ひたすらクーラーに頼ります。又断熱材等効果的に使用してはいますが帰宅すると蒸し風呂状態です。どの程度効果があるのやら。
とにかく窓という窓は全部開けて寝る。うちわとハンドタオルを枕元に置いて寝る。
やりすぎです。1時間おきにエアコンがオン・オフします。
たまらないときは、クーラーに依存してしまいます。理想は窓を全開でビールを飲んで寝てしまうのが良いんですが、妻が暑がりでクーラーへ。
クーラーのみ。でも身体がだるい感じがします。
エアコンを断続的に使用し、結構厚い布団をかぶって寝ている。
エアコン無しには、過ごせない体になっている。日本全国エアコンなしにすれば、もう少し温度が下がるように思う。それと、昔の風景のように開けっ放しで寝られるような社会になればいいのですが。
枕を工夫する。アイスノン等を用いる。扇風機の風はは体に当たらないよう天井に向けておく。最後に風鈴を吊るす。此れがなんとなく一番よい。
勿論エアコンに頼っているが、夫と妻の快適体感温度が著しく異なるため、苦労している。夏だけ別部屋で寝るなど対応しているが、湿度調節のできるエアコンに変えてから、寝る場所(エアコンの効きのいい場所と悪い場所)を工夫することにより、どうにか同室で寝られるようになった。
50歳代以上のコメント
  寝る前はエアコン(ドライ、タイマー付)で部屋を少し涼しくして寝る。窓を少し開けて風も通るようにしておきます。エアコンにすると部屋を閉めないといけないのですが、私はリュウマチを患っているので身体がきちくなります。窓を開けたままでエアコン使えないでしようか。
クーラーを入れて寝る。
クーラーの温度を30度に設定して、扇風機を天井に向けて回転させています。こうしていると夏風邪になることはありません
寝る前に部屋を冷やしておく
クーラーなしではだめです。
窓を開け放して寝る、風がある時は結構涼しい。
クーラーをおやすみタイマーにして、アイスノンをして眠る。
風通しが良くなるよう窓を開ける。
結局,クーラーに頼ってしまいますが、休日は汗のかきほうだいに,自然に負かせています。
ジーとして、寝ている、真夜中になるとちょっと涼しくなる
扇風機をかけたままにして寝る。
寝る前に寝室の温度を25度まで、空調機で下げます。それで、スイッチを切り寝ますと翌朝まで、熟睡できます。翌朝は28度位になっています。これは、家の断熱が良いからできることだと思います。
昼間はひたすら我慢しますが、日が落ちたら、押入や洋服ダンスの扉を開けて、こもった熱を出します。扇風機を窓際に置いて、外の空気を取り入れます。寝る前にはぬるいお風呂に入り、窓を開けて寝ます。
年に数日なので,ひたすら耐える。
なるべくクーラーを使わないようにしているが、時々クラーを使う。こまめに湿度計や風の有無に気を配り、できればクーラーを使わない努力をしている。
結局クーラーの調節でお茶を濁している。完全集中冷暖房が良いとは思うが、日本の木造建築では、問題が多いのでは。
寝苦しい時は、まよわず、クーラ使用です
寝る前にエアコンで部屋を冷やす、寝る時は扇風機にタイマーを3〜4時間セットして寝る、明け方は網戸にする。
やっぱりエアコンに頼ってしまいますね。(苦笑

 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |