すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
コミュニティ   トップページ >> コミュニティ >> アンケート  
 本棚
 アンケート
 ブログ
 メールマガジン
 

 コミュニティ


 アンケート

 
第回
01. テレビ 02. ホームパーティ

アンケート実施期間:2002/01/10〜01/31  有効回答者数:194人(男性:81人,女性:113人)

『ホームパーティ』
最近は景気を反映してか、“おうちパーティ”が人気だそうです。
この季節なら、クリスマスパーティや忘年会、新年会・・・、
あるいは、鍋を囲んだ飲み会、 ティーパーティ、ガーデンパーティ・・・。
誰かのご自宅に招かれ、玄関で靴を脱いでお邪魔し、テーブルを囲むのは、
お店とはまた違ったリラックスした雰囲気で、楽しいものですね。
その反面、招く方は部屋のセッティングや食材の準備、
招かれる方は手土産の用意など、気を使うことも多いかもしれません。
今回は、“人を家に招くこと”について考えてみたいと思います。


>> pick up comment
ご近所の人などをお茶にお誘いしたりするのに、ウッドデッキが重宝しています。
呼ばれるほうもあまり気兼ねなく来てくれている気がします。
暖かい季節には夕暮れ時にちょっと一杯というのもいいです。
特別な時を除いて、あまり準備に力を入れないようにするのが、
お互い楽しく過ごすのに大事かな と思ってます。
(男性 43歳)

>> pick up comment
Cafeめぐりが好きなので、自分がお気に入りのCafeのお料理や内装などをデジタルカメラでとっています。
人を招く時には、そこからヒントをもらってテーブルセッティングやお料理のコンセプトを考えています。
(女性 33歳)

Q1. あなたはお客を招く派ですか、招かれる派ですか


「専ら招く派」は30代・40代の方に多く見られます。Q3であらわれているように、
子供、その親との交流が盛んで、家族ぐるみのお付き合いをされているのでしょうか?

Q2. ご自宅ではどのくらいのペースでホームパーティーをしますか?


子供の誕生会、あるいは家族・友人を招いての新年会や忘年会などで、
「年に1〜2回のホームパーティ」の姿が見えてきます。

>> pick up comment
基本的に人を家に入れるのはニガテなので、あまりしないが、
これから子供が産まれたらそうもいかなくなるのかと思う。
普段からきれいにしておくのが一番いいのだけれど…。
(男性 28歳)
というように、若い方は人を招くことに様々な躊躇があるようですが、

>> pick up comment
子供が小さいので、近所同士で集まっていつのまにかパーティのようになってることがしょっちゅう。
誰かの誕生日会、季節の行事もかこつけて、楽しんでいます。
ただ、数が多いので、普段の家計の延長で楽しめるように(みんなあんまりお金もないし!)工夫します。
(女性 31歳)
と、大いに楽しんでいらっしゃる方も。

Q3. 招いたり、招かれたりする相手はどんな人が多いですか? (複数回答)


30代の方は「近所の人」とのお付き合いが多いようですね。
40代の方に見られる特長は、「自分の仕事関係の人」との交流が多いことです。

Q4. 自宅でパティーをするとしたら、どの部屋を使いますか? (複数回答)


ホスト・ホステスとして、料理などを給仕しながらおもてなしすることも考えると、
当然のことながら、リビング・ダイニングがメインです。

>> pick up comment
家を建てる時に、大勢が集まるのを想定してリビングと続きにできる和室を客間として作った。
大きめの座卓と小さめのこたつを組み合わせれば、4〜12名くらいまで対応できる。
普段は座卓一つで客間として使えるので、とても使い勝手がいい。
(女性 37歳)
しかし一方で庭や屋上など、屋外で気軽な雰囲気でバーベキューパーティをする、
というコメントも。
外での食事は、全く違った開放感があっていいものですね。

Q5. 人を招くとき何に気を使いますか (複数回答)


8割以上の方が「部屋がきれいかどうか」に心を砕いています。
また料理や飲み物も、用意したものの好き嫌いや量、種類なども気を使うところです。
しかし、時々は家を少しドレスアップするのもいいもの、と思われませんか?

>> pick up comment
自分(既婚男性)が料理好きで、色々な料理にチャレンジするので、
友達や会社の同僚など色んな人を呼んで食事会をします。
関東在住ですが、実家が四国なので手打ちうどんをうったりします。今の時期だと鍋が多いです。
また、近所の公園や川原/海などでのパーティーもよくやります。
夏場には、氷で冷やしたビアジョッキを持っていき、外でビールを飲むのは最高に美味しいです。
(男性 32歳)

>> pick up comment
主人が調理師の免許を持っていて、餃子が得意なんです。
友人達の間では大評判なので、パーティーをする時は主人に頑張ってもらいます!
(女性 27歳)
こんな風に男性が料理に腕をふるうパーティもいいですね。

Q6. 人を招いたり、招かれたり。
   あなたが工夫したことや、思い出、こんなもてなし・あんな失敗などを教えてください。

>> pick up comment
招くも招かれるのも”終わりよければすべて良し”に尽きると思う。
ホスト以外には気づかれぬようお邪魔するとか、ホストとして最後の客を送り出したあとの
”良い意味での”寂しさ”等。
ビートルスのジョージハリスンが死ぬ間際のパーティで、ポールとリンゴと三人だけの時間を
作れたらしいですが、すばらしい演出というより”優しさ”を感じました。
人を招きいれるということは”忍耐”で、招かれるほうもやはり”忍耐”でしょう。
お互いの”忍耐”を譲り合う”おおらかさ”が無ければ自己満足に終わってしまいます。
(男性 50歳)

>> pick up comment
ホームパーティからもっとも遠いところにいる我が家である。
荷物の中に人が住んでいるような状態の家でパーティをやろうとは思えない。
社交的でない人間にとってのパーティというのは苦痛以外のなにものでもない。
ただし、家族で年末や年始に行うものは、楽しい。(それでも気疲れはする)
(女性 37歳)

>> other comments
   女性のコメント       男性のコメント
20歳代以下のコメント
  やったことがないのでわからない
家はあまり片付いていないので、家に招待する事はありません。でもいつかは招待出来る程の家にしたいと思っています。
招く前に美容院に行ったら、予定よりも時間がかかり準備をする時間がなかった。おかげで、分量を間違えたりして、さんざんなホームパーティーだった。
招かれたらほぼ必ず手土産を持参する。
うちは二世帯で自分たちが使える部屋が少ないので、人をまったく呼べません。「今度うちに遊びに・・・」なーんて言ってみたいもんです。
おみやげなどは好みがあるので毎回悩みます。
主人が調理師の免許を持っていて、餃子が得意なんです。友人達の間では大評判なので、パーティーをする時は主人に頑張ってもらいます!
ゲロの処理で苦労した
人の家にお邪魔するときは必ずその家に合ったものを考えて手土産にしています。うちへ招く時は必ず手ぶらで来るようにお願いします。子供の幼稚園の友人がたくさん来た時はプラスティックのコップが足りずに困りました。
せっかく掃除したのに、おきゃくさんが来る直前に、子供に散らかされた。
畳の部屋で一人暮らしなので、座布団が招待客全員の分までなく、長時間座っているとお尻が痛いとか腰が痛いとか言われてしまった。
実家にいた頃、我が家は親戚の集まる場所として活躍していました。昔はマージャンを親戚でしていたり、その横で小さい私が牌をおもちゃに遊んでいた記憶もあります。今現在賃貸住まいで、決して広いというわけでも、きれいというわけでもありませんが居心地のよい空間であることだけをこころがけています。
気を使わせないように気をつける
目上の人が座る座席の位置などがよくわからない。
料理を一緒にすると参加者みんなが仲良くなれる
友人宅の花火パーティに呼ばれたとき、手土産は事前に相談した。そうでないと、ケーキやワインを持ってくる人が多いので、ワインはともかく、ケーキなどの食べ物は食べ切れなかったりして迷惑だから。海外では、花やチョコレートが多いと聞きます。また、どこまで手伝ったらいいのか気を使うこともあります。そうそう、夏にサンダルのときでも、裸足では訪問しない。必ずストッキングか靴下を履いていく。人を招いたときは、なるべく手伝ってもらいやすいように家具の位置を変えるか、お客さんが手持ち無沙汰にならないように本やCDなどを用意して
食事を出しすぎてしまった。
人を招く時はテーブルクロスやお花を飾り、ウエッジウッドなどの食器に料理をのせていつもと違った雰囲気にして楽しみます。
料理に気を配ったり、部屋を片づけたりと準備が大変です。
いつもどういった食べ物を出したらいいのか迷ってしまう。人によって食べ物の好き嫌いがあるから。
友達が来る予定の日に主人の体調が悪くなりドタキャンになった
もっぱら休日の昼間にします。夜は子どもがそれぞれ成長がちがうのでまとまらない。
新築になったらどんどん招きたい
基本的に人を家に入れるのはニガテなので、あまりしないが、これから子供が産まれたらそうもいかなくなるのかと思う。普段からきれいにしておくのが一番いいのだけれど…。
身だしなみには気をつけてます。
ホームパーティなんてしないし、嫌
子どもが大勢の時は部屋の中も混雑しがちになるので、工夫しなければいけないのでたいへんです。
30歳代のコメント
  テーブルクロスなど手作りしています。
子供が小さいので、近所同士で集まっていつのまにかパーティのようになってることがしょっちゅう。誰かの誕生日会、季節の行事もかこつけて、楽しんでいます。ただ、数が多いので、普段の家計の延長で楽しめるように(みんなあんまりお金もないし!)工夫します。
騒ぐのが嫌いなので、やりません。
親戚は食事の時間寸前に突然くるので、いつも困ってしまいます。珍しく家族で贅沢に一人一匹ずつのうなぎを買ったときに、親戚一同が来て、それを少しずつ分けました。
缶ビールや缶チューハイを飲むことが多いので、先日の新年会では、箱ケースを空き缶入れに利用しました。
一度も試食したことのないケーキを購入し、友達と一緒に食べてみたらあまりにも甘すぎて美味しくなくて、申し訳ないような想いでした。今後はきちんと試食するのが当たり前と後悔しました。
自分(既婚男性)が料理好きで、色々な料理にチャレンジするので、友達や会社の同僚など色んな人を呼んで食事会をします。関東在住ですが、実家が四国なので手打ちうどんをうったりします。今の時期だと鍋が多いです。また、近所の公園や川原/海などでのパーティーもよくやります。夏場には、氷で冷やしたビアジョッキを持っていき、外でビールを飲むのは最高に美味しいです。
来る部屋を綺麗にしていたのに、別の部屋に行かれたときは困りました。
おもてなし用の料理を勉強したい。普段は少人数用の料理しか作らないので、どういうものを作るといいかとかディスプレイの仕方を習いたい。
作り置きのできる料理を中心に、のんびりできるように気を配ります。狭くても、座る場所さえあればなんとかなってしまうようです。デジカメで写真を撮り、その場でテレビにつないで見ると、楽しめます。
結構料理・お酒にこだわっています。わたしの故郷の食べ物、お酒を用意することが多いのですが、みんな喜んでもらって(?)、うれしいです。
Cafeめぐりが好きなので、自分がお気に入りのCafeのお料理や内装などをデジタルカメラでとっています。人を招く時には、そこからヒントをもらってテーブルセッティングやお料理のコンセプトを考えています。
スリッパやグラス類など、人が来ても数が足りない。
独身男性が多いので家庭料理を中心に気軽に食べたり飲んだりできるようにしてます。
酒を飲みすぎた
トイレの掃除を忘れていた。
お客様の好みに合うものを用意するようにはしています。後は自然体で、家の中のものもなるべく自由に使ってもらえるようにしています。
まずお茶をだす。
招かれる時は必ずなにか料理を作って持っていく。
社宅に住んでいる頃、まだ子どもが小さく、おもちゃ等が常に散乱している時期に、間取りをみせてくださいと不意の来客!!もちろん、部屋はかたずいているわけもなく・・・。とっても、はずかしい思いをしました。あの時期から比べると少しはましですが、やはり急なお客さんには困りますね。
パーティーを催すときは専ら屋外が多い。休みの日は戸外でのレクリエーションが一番気持ちがいいから。
5歳の娘のお誕生日会は、本人の希望で昼食会。なんでも、自分の誕生日はみんなでごちそうを食べたいらしい。(ごちそうってほどのメニューじゃないけど)親や下の子も一緒に呼ぶから、座る場所だけでも大変。今年こそは子供たちだけにしたい。
子供が沢山きたが遊ぶおもちゃが無かった。
友人を招いてみたら嫁いでいった姉が帰ってきてしまって部屋が足りなくて困った
家をたてたら是非家でやりたいです。
学生時代の友人たちをしょっちゅう招いていて食べ飲みしていますが、だいぶ前、自分が飲みすぎて途中で寝てしまったことがあります。友人たちが後片付けをして主人が送ってくれて帰っていきました。
仲良しサークルの集まりに、よくうちに来てもらっています。小さい子がいないので、気楽なんですね。
人を招くときは、招く人の食事の好みや会の趣旨を特に気を使っています。招かれる時は何を土産にして行くかとか、服装なんかも気を使いますね。
自宅が狭いため、もっぱら招かれてばかりで肩身が狭いので、早くマイホームを持ちたいと思っています。
主人は人を招いて自分の料理を食べさてもらうのが好きなので、人が着たときのメインシェフは主人になります。私は主には、インテリア担当(?)です。でも、普段から急に人がきても恥ずかしくない家を心がけのているで、変わったことはやりません。見苦しいものは、すべて色を統一した布で目隠しするように工夫しています。
あまりそういうのは好きじゃないので、とくに無い。
アフガニスタンで働いてる友達がうちに遊びに、手巻きを御もてなしにしました。飾りや盛り付けを綺麗にしていました。素敵なパーティーでしたよ。
家を建てる時に、大勢が集まるのを想定してリビングと続きにできる和室を客間として作った。大きめの座卓と小さめのこたつを組み合わせれば、4〜12名くらいまで対応できる。普段は座卓一つで客間として使えるので、とても使い勝手がいい。
招かれたパーティーでキムチを食べ過ぎて、次の日大変でした。
ホームパーティからもっとも遠いところにいる我が家である。荷物の中に人が住んでいるような状態の家でパーティをやろうとは思えない。社交的でない人間にとってのパーティというのは苦痛以外のなにものでもない。ただし、家族で年末や年始に行うものは、楽しい。(それでも気疲れはする)
主人の両親、兄弟を招くときは特に気を使います。自分の好みではなく主人の家好みをよく考えて、もてまします。
始めてあったおじさん(いわゆる旦那さん)同士でのコミュニケーショウンがなかなかうまく行かないものです。以前カナダに住んでいたときは英語の日常話についていかなくて更に厳しかった。
食べ物、デザートについての好き、嫌いについては、あらかじめできるだけ詳しく聞いておき、好きなものを用意した方が喜ばれる。例えば女性でも冷たいアイスクリームは苦手という場合や、スイカが嫌いだったり、しいたけが食べられない人もいるので。
自分の家に人を入れるのは嫌いなので、できるだけそういう機会をもたないようにしている。
招かれる時には必ず手土産をもってゆく
子供の頃初めて誕生会に招かれた時、自分だけ手ぶらだった。
料理が口に合うかを一番心配したので、お寿司などをとりました。
その日に限って食器洗い機が故障。がんばって洗おうと覚悟はしていたが、はしゃいで酔っ払い、後は記憶なし。翌日夫に聞いたら、すべて夫が片付けてくれたそうです。いつもながら、Thanksです。
喫煙者を招いた時は、丁重にお願いし、屋外で喫煙してもらっています。
汚れるのであまり積極的には行いたくないし、エンタテインが下手なので。。。
洋風のお料理をよういしてくれていたのに和菓子を持っていってしまった。
とにかく私は家事能力がないので、誰かが家に来るとなると片付けにまずてんやわんやです。それだけで結構時間がかかるので、疲労困憊してしまって・・・
40歳代のコメント
  何箇所かに必ず生け花を置く。自家製のパスタソースをお土産に持たせる
リビングで接客した際、いつも使う子供の椅子をそのままにしておいたら、気づいた時190cmのお客さんが子供の椅子に座っていた。
リビングダイニングでホームパーティ中,子連れで来た友人が寝室にしている奥の部屋でいつのまにか遊んでいた。その部屋には,かってに入ってほしくなかった。パーディ後の洗い物は最後のお茶セット以外は友人が洗って帰る。友人宅に行った時もそうするようにしているが中には流しに立たれるのを嫌がる友人もいるので良く聞いてそのまんまで良いと言う友人宅はやりっぱなしにする。その人に合わせて対応している。私は洗っていってもらうと助かるので片付けてもらっている。
どんなものでも手みやげは必要。
招かれたときの手土産としては、花、ワインなどパーティを盛り上げ、かつ消えるものを選ぶようにしている。
若い頃は、友人を招くのが好きで、いつも決まって麻雀になりました、最初は10人くらいで、ワイワイガヤガヤしていたのですが、気がつくと、いつものメンバー4人になっています。あの頃が、なつかしい・・・最近は、ほとんど交流無しです。
人を招くというより気の置けない親しい友達しか家に上げないので、お招きを受けてしまうと恐縮するばかりで、お礼にお招きするのに神経を使いすぎてとても楽しめる状態になれずに疲れてしまいます。
いつも参加者が材料,料理持ち込みで行う
人が来ると家がきれいになります。普段は積んである読みかけの本や雑誌は片付けるし、いらない物は捨てるし…。また、人が来るが故に普段から演出に気を配るようになり、きれいだからまた呼びたくなる…と、いい循環になります。
ごく親しい方とは、食べ物を持ち寄ったりして特段改まったもの(気を使わないよう)にならないように配慮をしています。
なし
ほとんどない。
パーティーでよそのお家に招かれた時、料理の足しにとスパゲティーサラダを持参したのですが、いざ開いたたときにはスパゲティーがすっかり水分を吸ってしまっていて、カラカラになっていたことがありました。出かける際までバタバタした上に、いつもより大量に作ったための失敗でしたね。
参加者を考えた趣向
メインのお料理などが済んだら、なるべくたくさんお客さんと会話を楽しみたいので、飲み物や食べものの給仕はあまりしません。欲しい人が欲しい時に自由に・・・が招かれたときも招くときも楽でいいです。
手土産がだぶらないか心配。近くで買おうとしたら店がなかった。
とにかく呼ばない。料理が苦手なので…
とくにない
子供がいるので、どうしても子供中心になってしまいます。ですから、夜はゆっくりとグラスを傾けたいところですがグッと我慢をして、夕方から始めます。そして、9時ごろにはお開きです。名残惜しいけど仕方ありません。あと気をつけていることは、料理に専念してずっと台所に入り浸りにならないこと。食事よりも会話を大切にしたいです。
友人らが集まった時には机は使わずに畳にじかに座ってしゃべるようにしました。コンロ鍋も食器も畳に置いてワイワイやった記憶があります。
気さくな友人のみなのであまり気を使わないで、ありのままを見せている。
私は、もっぱら招かれるというか勝手に行ってしまうことが多く、相手にとっては突然の事なのでびっくりされる事が多いようです。友人の家であっても礼儀はわきまえねばと思っています。嫌われないように気を付けたいものです。
お客さんに対して、コーヒーをこぼしてしまった・・・。
年齢、性別を問わず参加でき景品が貰えるゲームは、必要。(例えばビンゴなど)
特にない
会社関係や友人を招くと、いつもお開きになるのが午前2時過ぎ・・もちろん酒の量も半端じゃないし。お客さんが帰った後の家内の不機嫌そうな顔を見ると、もう少し早い時間に切り上げなければと思うのだが、一向に改善できないでいる。
子供の誕生会をしたが、ただ、義理でたくさん呼ぶ羽目になり、子供は楽しんだが、親は疲れただけ。
ご近所の人などをお茶にお誘いしたりするのに、ウッドデッキが重宝しています。呼ばれるほうもあまり気兼ねなく来てくれている気がします。暖かい季節には夕暮れ時にちょっと一杯というのもいいです。特別な時を除いて、あまり準備に力を入れないようにするのがお互い楽しく過ごすのに大事かなと思ってます。
去年の夏、3人の子供がみな留守でさみしかったのでパート先の仲間に声をかけたところ、なんとみなおかずと飲物を携えて8人も集りました。前日決定した企画だったので案外勢いで集れたのかもしれませんが夜中12時までとても楽しかったですね。(みんな家が近くです。)私は四角い塗りのお盆にお皿とグラスをセッティングしてサラダを作っただけです。あとは自分が飲みたいものとなにかつまみを1品ということで食べきれないほどいろいろ集りました。それぞれに家庭があるのでしっかり夕ご飯の支度をしてから集ったので、ゆっくりできてとてもよか
お酒が足りなくなって、こっそり買いに出ました。あと、煙草を遠慮気味に窓辺で吸う人が少しかわいそうですね。
私が第一に気を使うのはやはりテーブルセッティングとお料理。お料理は自分なりにアレンジしたものが多く普通のメニューは殆ど作らない。豪華な中にも上品さを忘れないようにしている。失敗段としてはあまりにも力が入りすぎて早くから準備したためお豆腐の水分が半分くらい減ってしまい自慢の料理が言い訳料理になってしまったことがある。
ビールを準備してよいものかどうか、いつも悩みます。車の人もいるし、この辺がいつも気を使います。
急に人数が増える時は困った
用意した飲み物が嫌いだと言われ、気まずくなったことがあります。あらかじめ好き嫌いをきいておくのもどうかと思うし、難しいですね。
引越して間もない頃、近所の子供のいらっしゃらないご夫婦を初めて招いたときの話です。料理もお酒も満足して頂き、もう11時過ぎていたので最後に我が家にとっては特別なワインを一杯飲んでもらってお開きにしようと勝手に思い込んで開けたワイン。相手のご主人はしっかり全部空けて帰られました。酔っているといいワインも普通に感じてしまわれたみたいで、とてもショックでした。
家を使うよりも、会場を借りることのほうが多いです。
なるべくお互い気を使わないようにすること。
人が驚く事を工夫する
 匂いに気をつかい過ぎて、くどくなりました。
50歳代以上のコメント
  難しく考えると人を招くことが出来ないので、普段のままで飾らないで招いたり、招かれたりしています。
特にありませんが、屋上でバーベキューをやる時、料理の配置や出し方があまり巧くいかず苦労しました。
バーベキューの時はもてなすことで大半をすごした。ワインを勧めすぎて招いた方が飲みすぎて大変だった
原則禁煙家庭(親戚も)なので、タバコを吸うのを知らなかった友人が来たとき灰皿がなく、困った。
気楽に出来るような雰囲気づくり
招くも招かれるのも”終わりよければすべて良し”に尽きると思う。ホスト以外には気づかれぬようお邪魔するとか、ホストとして最後の客を送り出したあとの”良い意味での”寂しさ”等。ビートルスのジョージハリスンが死ぬ間際のぱーてぃでポールとリンゴと三人だけの時間を作れたらしいですが、すばらしい演出というより”優しさ”を感じました。人を招きいれるということは”忍耐”で招かれるほうもやはり”忍耐”でしょう。お互いの”忍耐”を譲り合う”おおらかさ”が無ければ自己満足に終わってしまいます。
凝った料理はしない。惣菜が一番喜ばれた。
去年、仕事上の友人を3人招き、手料理を出したらおいしいと言って全部食べてくれたのが、とてもうれしかった。
夫婦で出掛ける習慣ができコミュニケーションが良くなった。
なかなか切り上げ時がむずかしい
定例の忘年会に、毎年同じ物をその家の奥様にお土産に持っていく。
平素割合気軽にやっているので、あまり工夫らしきこともしたことがないが、幸か不幸か今の所、特に失敗もなし。
大げさなもてなしでなく、いつも飲み物食べ物持ちよりの気楽なパーティをしてます。
やはり部屋を片づけるのに困ります。汚い部分を見られるのはいやですからね。

 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |