すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
コミュニティ   トップページ >> コミュニティ >> アンケート  
 本棚
 アンケート
 ブログ
 メールマガジン
 

 コミュニティ


 アンケート


第20回
01. D.I.Y.(Do It Yourself)・手づくり
02. スローフード

アンケート実施期間:2002/11/10〜11/30  有効回答者数: 258人(男性:112人,女性:146人)


『D.I.Y.(Do It Yourself)・手づくり』
近頃郊外のホームセンターも充実して、
D.I.Yを楽しまれる方が増えてきているようです。
本棚、椅子、テーブルなどの家具や、
壁塗りやクロス貼り替え、あるいはガーデニングなど・・・
確かに、自分たちで作ったものや修理したものは
愛着もひとしおではないかと思います。
あなたは、ご自宅でD.I.Yにチャレンジしていますか?


>> pick up comment
今年の6月に激しく”ひょう”が降り、カーポートの波板で出来た屋根が穴だらけになってしまった。
修理を業者にたのむのもめんどくさいし、金もかかるし、と思い自分でやることに決めたが、
家族からは「本当に出来るの?」という冷たい声。
それにも負けず、ホームセンターで波板を10枚程と留め具を購入し、修理に取りかかりました。
最初に古いのを3枚外し、新しいのを1枚付け、後は順次古いのを1枚外し、
新しいのを1枚付けを繰りかえしました。
購入から完成まで、土日を2回使いましたが、上々の出来栄えだと自負してます。
使用した道具は、電動ドリル、脚立、植木用ハサミ、定規ぐらいです。
やってみると波板の取り替えはそんなに難しくはありませんよ。
(男性 37歳)

>> pick up comment
中学校では技術の成績は10段階中で9だったので、そこそこはやれるだろうと思い、
子供に頼まれた棚を作ったのですが、結果は私の人生の汚点になってしまいました。
来月から木工教室に通います。
(男性 37歳)

Q1. あなたはご自宅でD.I.Yをされますか?


全体では4割近くの方が、そして年齢層が上がるに従って増えてゆきます。
本棚などの家具、塀、ウッドデッキなどをつくられているようですね。
ただし、「つい完璧を求めてしまう」、「失敗したときがいや…」、「不器用だから」
などのコメントも見られました。

>> pick up comment
木工製品の場合、ホームセンターへ行くと、キット品や切りそろえられた材料が並んでおり、
簡単に作ろうと思えば作れる環境が整ってきていますが、
ともすると完成品の方が価格ベースでは安価ですね。
日本はヨーロッパやアメリカに比べると、材料メーカーが消費者にサービスという
付加価値(と共に単価UP)をつけすぎいるように思われます。
従って日本において本格的DIY(電動工具を使用する、あるいはプロの使用する工具を使用して
製作をするレベル)はごく一部の人の楽しみというのが現状で、多くの人はほんの入り口で
ちょこちょことやる程度に過ぎず、すそ野の広がりがあまりないのでは?
作るよりも完成品を買った方が安ければ、またDIY以外にもやることがたくさんあればDIY市場は育ちません。
今後のDIY発展のためにはそれらを少しずつ取り除いていく必要があると思います。
(男性 41歳)

Q2. あなたのご自宅では、どのようなD.I.Yの道具がありますか?(複数回答可)


ドライバー、ペンチ、かなづちなど、D.I.Y基本工具の所有率は、50代以上ではほぼ100%です。
また、50代以上の方は他の年齢層に比べ、枝きりバサミ、はしご、脚立の所有率が
非常に高い結果く、造園や外装の補修など、家の周囲のD.I.Yをされているようです。

逆に40代の方は、インパクトドライバー・インパクトレンチ、グラインダー、電動サンダー・
電動のこぎり、刷毛・ローラー、鏝など、本格大工道具の所有率が他の年齢層に比べて高く、
家の内部のD.I.Yに取り組んでおられるようです。

>> pick up comment
親父ののこぎりと鉋とノミがある。
大工の棟梁から譲り受けた「逸品」であり誰にもさわらせなかった。
遺品の整理で大工箱をあけると箱裏に「後生大事」と書いてあった。
よほど大切にしていたんやなという感慨しかしか当時はなかったけれど、
今、時々使ってみて良く切れ良く削れそして良く手になじむと痛感する。
大切にして後生を安楽に過ごしたいという親父の気持ちが伝わる。
のこぎりの目研ぎは職人にお願いしているが、見よう見真似でと石を研ぐが吸い付いて離れない。
神経を集中して雑念を払うことが出来る。
「安楽」とはこういう気分なのかもしれない。
傍らで嫁はん曰く。一万八千円の棚板が泣いてるで!という言葉に重なって、
親父の「かめへんかめへん」という懐かしい口癖も聞こえたと聞き流し、ちょっと右下がりの棚に目をやる。
誰がなんと言おうと我が家にはたおやかな時が流れ安らぎがある。
(男性 51歳)

>> pick up comment
中古で買った今の家、日本庭園風だった庭の石や木を父は重機で掘り起こし、
母好みのガーデニングスペースに変身させました。
その後もデッキを作ったり、庭用のテーブル&椅子も作ったりしています。
(女性 27歳)

Q3. あなたのご家庭でのD.I.Yは、具体的にはどのようなことをされますか?(複数回答可)


40代以上の方に家のメンテナンスが多いのは、それが必要な時期に来ているからだと思われます。
同時に車や自転車の修理、ガーデニングなどもよくされています。
また、40代の方は室内装飾品や家具の製作をされる方が多く見られます。
>> pick up comment
主人は将来自分の手で家を建てたいと、ずっと夢みておりました。
私も嫌いではないので、時間が有ればやってみたいと考えています。
ただ現在は、手始めに庭の中に休憩出来て、お茶を楽しめ日差しをさえぎる小屋??を
手がけたいと考えています。古い家を購入して現在はリフォームに励んでいますので、
庭仕事の少なくなったこの季節から時間を掛けて実行に移そうと思っています。
(女性 56歳)

>> pick up comment
ワインの木箱を使用して、本棚やCDラックを作ったことがある。
6本用の木箱は真横に仕切りをいれるとCDアルバムが二段に分けてちょうど入るものが作れる。
12本用の木箱はA4やB5サイズの本を収納するのにちょうどいい。
シャトーの焼きゴテが入っており、見た目にもすごくきれいだ。
また木の質感もあってすごく気に入っている。
(男性 25歳)

Q4. あなたがD.I.Yをするとしたら、それはどのようなときですか?(複数回答可)


「早い」「ぴったりサイズ」「好き」が3大ポイントとなっています。
男性は「自分で作ったほうが早いから」、
女性は「自分で作ったほうがぴったりのサイズだし、その上安いから」
という傾向が見られます。

そして、コメントに多く見られたのが、『家族が喜ぶ』です。

>> pick up comment
なんとタイムリーなご質問!
家内の強い要望で、ようやくDIYを今週末から始めようとしているところです。
まずはアイロン台を収納する箱(のようなもの)を作るべく、ホームセンターであれこれ道具をそろえ、
取り掛かろうと意気込みだけはカナリ…です。
自分で満足するものが作れるのかどうか、また果たして、家内は喜んでくれるものかどうか、
結果は今週末に出る予定ですが・・・!
もしかしたら、物造りにはまるのかなぁ??
(男性 44歳)

>> pick up comment
4歳の娘のためにおもちゃ箱を作りました。
洗剤ギフトの大きいダンボール箱やビールの空き箱を利用して、
お気に入りのラッピングベーバーを貼ったり、娘の好きなハート型に切り抜いた折り紙を貼ったり・・。
出来ばえはイマイチですが、娘は大喜び。
すすんでおもちゃのお片付けが出来るようになりました。
(女性 33歳)

>> pick up comment
手先が不器用でなかなかうまく作れないが、自分なりに納得(あきらめ)で、でも愛着があり、
作るのが好きだから、小遣いがたまると新たな道具の購入と、新作に取り組んでいます。
以前は妻がうるさかったのですが、最近あきらめているのか、何も言いません。
この間、妻から、物干し台の具合が悪いので見てほしいといわれ、何とか直してからは、
やっと理解してくれたようで、私が作っていると、お茶を持ってくるようになりました。
(男性 46歳)

Q5. 例えば、ご自分の部屋に合う棚を探している時に、なかなか理想的なものが見つからない場合、
   あなたはどうされますか?


どちらかというと、女性は「そこそこの既製品で妥協する」か「棚をあきらめる」
男性は「オーダーメイド」か「自分でつくる」
という傾向にあるようです。
ただ、『自分でつくりたくても時間がない』という場合の選択は難しいですよね。

>> pick up comment
父親は家まで作るような人だったので、日曜日になると手伝わされました。
影響を受けたようで、何でも作れますが、時間や場所がないため、既製品で妥協している状況です。
(女性 41歳)

>> pick up comment
DIYしたいんですけど・・・。
イメージは膨らむもののなかなか材料を買い揃えることができず、
やってもらえる人を探すこともできず煮詰まっています。
大工さん、友達になってください!
(女性 32歳)

Q6. 最近は、ご自分で家まで作られるかたもいらっしゃるようです。
   ご自宅でされたD.I.Yなど、あなたの作品や経験など、ご自由にお書き下さい 。

>> pick up comment
いま新築をしているのですが,リビングに置くパソコン机を作ろうと思ってます。
子供が小さく,小学校高学年くらいまではリビングで勉強することがほとんだろうと思い,
親子肩を並べて座れるようなものを家具屋などで探していたのですが,
なかなか希望しているものがないので,いっそ作ってしまうおうと考えました。
もともと作ることは嫌いじゃないので。
ホームセンターに下見に行くと,けっこう机用の板とかあって,希望のものが安価で作れそうです。
(男性 37歳)

>> pick up comment
自宅の外壁をラティスで作りました。
ペンキも塗って、3日がかりで作ったのに、7年目に腐ってダメになりました。
しょうがないのでまた作りました。
木が腐ることを全く考えていませんでした。浅はかでした。
(女性 33歳)

>> other comments
   女性のコメント       男性のコメント
20歳代以下のコメント
  衣服の改造。
私は小さなミニチュアハウスを作りました。模型を作るのが好きで、飾りとして作りましたが、玄関に置くと訪れた方にとても好評でいい印象を与えたようです。
うちの父は休みの日によくやっています。私の部屋の本棚、机など作ってくれました。
本が増えすぎて本棚を作りました。一口に本と言ってもいろいろなサイズのものがありますから、高さなど調節してぴったりおさまるように制作しました。
家まで作る人がいるなんてすごいと思います。私はほとんどしたことがないのでこれから挑戦していこうと思います。
自分で作るよりやはり購入したほうが綺麗で丈夫なものが出来そうなのでしたことがないです。
あまり大きな仕事はやらない
ちょっとした収納などは自分で作ります。サイズが決められるので。
小さな棚
ちょっとした棚などといった家具などを欲しいと思った時、家具屋に行くとその高さに驚かされる。家具屋においてあるものは確かに職人が作ったものだけあってデザインや寸法もしっかりしているし、いい機械工具を使っているのが一目でわかるが、ベッドやテーブルとかならともかく、そんなにこだわらなくてもいいような棚ならホームセンターなどでバラしたものを買ってきて組み立てた方が断然安いし、細かいところまで材料にこだわることができる。素人なのでやはりいいものはできにくいが、自分で一から作った喜びは何にもかえがたい喜びである。
2年前に引っ越してきて、その時は何もかも0からの出発って感じであれこれ作ったり(もちろん買ったりもしましたが)。最近は落ち着いちゃいましたけど。
家は自分や家族の集まるところだし一日半分はここで過ごすわけですから、内装やインテリアなどにはかなりこだわっています!一番妥協したくない場所です!家具などこういうのがほしいこういうのをここに置きたいと思うとイメージどうりのものをおかないときがすみません!ですがなかなかなく形が一緒でも色が・・・・というように!そういうときは自分で作ります!今までよく出来たと思うのはキッチンのカウンターです!おく電化製品の電気のプラグを通す場所や家の間取りを考えた形や大きさインテリアに合わせた色!かなり満足行くものが出来ました既製品にはない自分の家に合わせた形や色や大きさがだせました!
興味はあるが、作ったことはない
自分ではすることはありませんが、父が好きで、縁台を作ってくれました。高さも大きさもぴったりで、とても気に入っています。
この前、テレビなどを置くための簡単な棚を作りました。といっても板を買ってきて、ブロックを挟んで重ねただけですが。でもその方が既製品を置くよりもシンプルでスッキリしているし、後でいくらでも組み立てなおせるというメリットがあります。
本棚を作りました.小さい隙間にぴったりはいすサイズで作ったのでとっても気に入っています.
中古で買った今の家、日本庭園風だった庭の石や木を父は重機で掘り起こし、母好みのガーデニングスペースに変身させました。その後もデッキを作ったり、庭用のテーブル&椅子も作ったりしています。
こんな家具があったらいいのに、などと夢想し始めると止まらなくなるのですが、いかんせん知識と腕がイマイチ・・・。家具に関していえば、見た目だけでなく、サイズ・用途がぴったりのものを作れるのがDIYの魅力。仕上りの満足度は・・・う〜ん、やっぱり知識と腕が欲しいです。
家族がやっています。やはりやすくできます。
作れる限りは作ります。ただ作るほうが高い場合やデザインが複雑なものは適当に合うサイズを探し、購入します。
中学生の時小さい本箱を作った
私の場合は既製品に手を加えるものが多いです。ちょっとイメージが違うとか、サイズが合わない場合に、色をぬったり、棚板をカットしたり手軽なものがほとんどです。
父が以前工務店で働いていたこともあり器用なので、つい父に頼んでしまいがちです。棚などは自分で寸法を入れた簡単な設計図を書いて、作るのは父です。考えることはするのですが作業は人任せが多いです。簡単な配線や網戸の修理・障子の張替えくらいなら夫と一緒にしています。
かなづちを使うのが、好きです。柵を作りたい
玄関を広くするために、既製品の靴箱を撤去して、自分で作成した。屋根裏を収納庫にするために、天井に入り口とはしごをつけた。
主に車などのメンテナンスだが、最近はブラックボックス的な部分も多く、むやみにいじると逆に悪くしてしまいかねず、怖い部分もある。
好みの材料を組み合わせてイメージどおりのものを作る楽しみがたまらない!たまに失敗もしますが…。
子供のおもちゃを作るときがありますが、なかなかうまくいきません。
父が器用で何でも自分でやってしまう人なので、自転車のパンクや電気製品の修理から、踏み台の作成などいろいろやってくれる。
余り身近にやっている人がいないので良く分かりませんが、楽しそうだと思いました
30歳代のコメント
  自分で作ったものは愛情がわく
最近は手作りせっけんにハマっています。油に苛性ソーダに水。これに色や香りを付けるのですが、オイルもオリーブやココナッツ、パーム、ホホバと様々。色も天然のもので、香りはハーブの精油で、完全無添加のせっけん。作れば作るほど深みにはまって、使う方が追い付きそうにないので友人や姉に送ったりと日頃の無精のお詫びにも(笑)生活の潤いにも、お肌の潤いにもなって更に心のこもった手作りギフトにもなる。一石が三鳥にも四鳥にもなっています。これもD.I.Yになるのかしら?
無垢のフローリングや壁面材を自分で貼りました。でも、端っこの部分の処理が不器用なもので非常にみっともないです。巾木や廻縁などを施せばいいんですが、そこまでやる気力がありませんでした。施工はプロに頼むのがいいのかな?人に言わせるとけっこう味わいがあるって言われますが。
残念ながら今まで1度もDIYを経験したことがありません。
子供のころ授業で巣箱を作ったが、とても難しかったので私には向いていないと思いました。
妻も上手です。
賃貸住宅だから、家の中をいじれないのが不満。壁塗りなどやってみたい。
いつかはいろいと作ってみたいと思いますが、実現までは時間がかかりそうです。
父は自宅の駐車場を拡大したり、バスルームのリフォーム、エアコンの設置など常に自分でやっていましたが、わたしはそんな父親が不思議でした。大人になれば変わるかなと思ったこともありましたが、30歳をこえた今でも全く興味がありません。
お風呂場のタイル張りは大変でした。タイルを切るのは大変でしたね。でも、出来上がってピカピカのタイルを見たときはとてもうれしかったです。一生懸命みがきましたし。1週間ほど銭湯にかよいましたが、銭湯のよさもあるので、銭湯と我が家のお風呂を両方楽しんでいます。ゆず湯とか、銭湯ではたっぷり入っていますので、嬉しいです。
まだ作品はないがこれからいろいろ作りたいと思っている
小学生の頃夏休みの宿題でポストを作った
今はペンキ塗りに凝っているけど他にもこれから挑戦していこうと思う。
挑戦したいけど・・・
棚を作ろうとしているがうまくサイズが合わない
父親にそのような趣味がなかったため自分もあえてやってみようという気持ちはあまりないと思います。けれども日ごろからペンキあるいはトンカチといった簡単なDIYをできるようにしていけば何かあるたびに業者をあてにするのではなく、どうしてこわれたのか、どうしたらいいのか、自分の頭で考えるようになり、業者からいいなりの見積もりをただ支払ってしまうということから抜け出せるようになるのではないか?とおもいます。
買ってきた板に、スプレーしたのもDIYだろうか。微妙だ。
DIYしたいんですけど・・・。イメージは膨らむもののなかなか材料を買い揃えることができず、やってもらえる人を探すこともできず煮詰まっています。大工さん、友達になってください!
とても素晴らしいことだと思います。私も見習いたいです。
車庫とその上の物干しスペースが今までで一番大きな製作物です。かなり苦労しましたが達成感はすごく大きかったです。
裁縫よりもD.I.Yの方が好きな主婦です。子供が3人(6歳、4歳1歳)がおり、家の中は物であふれているので、今、収納に凝っています。でも1歳児がいるのでこの子のお昼寝タイムしかD.I.Yできないので、なかなか実行に移せません。(こんなのを造りたいという案はいっぱいあるのに)
特に必要性に迫られたものではなくて、両親や妻をはじめとする家族に対してものを作ってやるということがあります。そんなもので、相手が非常に喜んでくれたとき、それは至福の喜びになります。
私の場合は、DIYをしないほうが身のためという経験則があるものの、いまリフォームを自分でできないかと考えてしまっています。。
よく塗装の手伝いをするのですが、当然素人がやる仕事ですから美しいものには仕上がりません。ただ、それ以上に、自分自身あるいはその建物や住人と関係のある人達が一緒になって作業したという記憶(手の跡)は、その建物がある限り消えることの無い証になります。DIYをする場合にはコストが安くなるとか自分の思ったとおりのものをつくりたいというよりもむしろ、思い出作りといった心持で行うのが自分にとっても建物にとっても一番良いのだと思います。それ以上を目指すならプロになるべきでしょう。
4歳の娘のためにおもちゃ箱を作りました。洗剤ギフトの大きいダンボール箱やビールの空き箱を利用して、お気に入りのラッピングベーバーを貼ったり、娘の好きなハート型に切り抜いた折り紙を貼ったり・・。出来ばえはイマイチですが、娘は大喜び。すすんでおもちゃのお片付けが出来るようになりました。
基本的には修理です
してみたいとは思うもののなかなか手が出ません・・・経験は組み立て式の家具を作るくらいです。
自宅の外壁をラティスで作りました。ペンキも塗って、3日がかりで作ったのに、7年目に腐ってダメになりました。しょうがないのでまた作りました。木が腐ることを全く考えていませんでした。浅はかでした。
作品はキットの物置位しかありませんが、初めに作ったのが高校生の時で、大きいプラモデルを作っている気分で楽しかったのを覚えています。今考えれば全く何も分からず、よく完成できたと冷や汗が出る思いです。
6段の大きな棚を半分に切り底面にローラーを付けて押し入れに入るようにした。
いろいろな柄の壁紙を貼り替えた事があるのですが、絵をあわせるのにかなり苦労したので今後は柄物は避けようと思いました。
棚を作ることがあるが、既製品で良いモノがあれば助かるのにと思う
ウサギ小屋、ネコの家、ネコの引っかき棒のペット用品
ともかく経済的。
靴箱、おもちゃを飾る棚など。
オーディオのラックは買うと意外と高いのです。板材をお店で適当な寸法に合わせて切ってもらえば、あとは箱を組み立てる要領なので簡単に出来上がります。接合部には、釘を使ってもボンドで接着してもOK。
経験はそれほど長くは無いですが、物を作る事の楽しさというのがいいですね。出来上がったときの満足感、それに多少形がいびつでも、それがまた手作り感や作ったものの温かさを感じさせてくれます。自分で作ったものにはとても愛着が湧きます。大きい作品はまだ作成した事がないので、いつかはチャレンジしたいと思っています。
景気悪化の今日、身近のホームセンターで材料を調達して作る作品は、とにかく愛着がでてくるものですね。
私は出来ないのですが、主人が作るのが好きで、私がこういうものが欲しいと言うと、その通りの物を作ってくれます。移動式のテレビ台などがあります。
いま新築をしているのですが,リビングに置くパソコン机を作ろうと思ってます。子供が小さく,小学校高学年くらいまではリビングで勉強することがほとんだろうと思い,親子肩を並べて座れるようなものを家具屋などで探していたのですが,なかなか希望しているものがないので,いっそ作ってしまうおうと考えました。もともと作ることは嫌いじゃないので。ホームセンターに下見に行くと,けっこう机用の板とかあって,希望のものが安価で作れそうです。
つい完璧を求めてしまい、苦しくなるので自分では作らない。
どの程度がD.I.Yなんでしょう?組み立て家具程度なら作りますが・・・
こどもの袋入れ
学生独身時分は、賃貸住宅を探す時は「なにしてもいいよ」という大家さんが現われるまで諦めませんでした。でも、最近は「ほんま何もしてくれん」と嫁さんに怒られます。
もっぱらつっぱり棚にたよってます。
外回りの柵がいたんだので、流行の??ラティスで柵を作りました。購入したお店から自宅まで運ぶのにとっても苦労しました。仕上がりは、まあまあの出来でした。ご近所でも話題になり、「いいね。」と評判でしたよ。現在は半年に一回メンテナンスしています。
今年の6月に激しく”ひょう”が降り、カーポートの波板で出来た屋根が穴だらけになってしまった。修理を業者にたのむのもめんどくさいし、金もかかるし、と思い自分でやることに決めたが、家族からは「本当に出来るの?」という冷たい声。それにも負けず、ホームセンターで波板を10枚程と留め具を購入し、修理に取りかかりました。最初に古いのを3枚外し、新しいのを1枚付け、後は順次古いのを1枚外し、新しいのを1枚付けを繰りかえしました。購入から完成まで、土日を2回使いましたが、上々の出来栄えだと自負してます。使用した道具は、電動ドリル、脚立、植木用ハサミ、定規ぐらいです。やってみると波板の取り替えはそんなに難しくはありませんよ。
作品というほどのものではなく収納を工夫したり壁面に洋服を掛けられるようにしたり。
思い立ったらすぐしたくなるたちなので、とりあえず夫に頼むがなかなかしてもらえそうにないときは、自分で何とかするが結局夫が仕上げてくれる
私は手仕事が苦手なので、DIYをしたいとは思いません。
中学校では技術の成績は10段階中で9だったので、そこそこはやれるだろうと思い、子供に頼まれた棚を作ったのですが、結果は私の人生の汚点になってしまいました。来月から木工教室に通います。
D.I.Yには、前々から非常に興味があってやってみたいが、時間と、あとマンションなので適当な場所がない!木屑やペンキが少々とんでも気にならない、また作業場を作業途中でそのままにしておけるような場所があれば、やってみたい!!でも、既製品の色が気に入らなくて、ペイントする、という程度のことは今でもやります。
カーテンレールを作る
最近D.I.Yにはまっています。木製品の場合は既製品を買ったほうが安いような時でも、自分で作ろうとします。
これから作る予定です
テーブルの足が壊れたので父に教えてもらいながらなんとか修理することができました
家を買って引っ越してきた頃はいろいろやりました。庭の花壇を作ったり、玄関まわりにれんがを敷いたりなど。けれど、最近はめっきりやらなくなり、主人がたまに家の修理や手直しなどでちょこちょこっとやる程度です。
昔はDIYをしていましたがマンションを購入して、DIYができない環境になってしまったのが、悲しいです。
技術と時間が必要ですね。
自分で作りたいという気持ちはあるが、費用、時間、技術などを考えると結局既製品の方が便利。
手芸ならなんでもつくってみたいけど、DIYはちょっと・・・
せいぜい本棚です。
ベビー用品。出産前は時間があるので、蒲団に敷くキルティングパットも手作りしました。
ベランダに敷くウッドデッキを手作りしようと思っています。とはいっても、すのこをサイズカットして色を塗るだけですが・・。ベランダなどの、ちょっと失敗しても味の出るところから始めようと思っています。
安くで仕上げると、見栄えの悪い物が出来る。
今までに経験はありませんが、是非よろしくお願い致します。
我が家は窓を多くとった結果、壁と窓の間隔が狭く既成の本棚が入らないので、自作した。窓やエアコンの位置に合わせて寸法を決め、手前に置くパソコンデスクの高さに合わせて棚板を配置し、色も部屋や他の家具に合わせたペンキで塗り、思い通りに出来た。もっと大変かと思っていたが、インパクトドライバーを使うと意外と簡単だった。思った以上の出来映えに、次は電子レンジ台を作ろうかと目論み中!
失敗したときのショックがいやなので、組み立て家具しかチャレンジしていません。
全く興味が無いですね。
新築の自宅床を塗装しました。勇気がいりました。何とか(とりあえず)完成しました。和風ラティス(?)も組立、モルタル固定しました。(微妙にゆがんで立っている)素人の悲しさ・できてから失敗に気がつく、仕掛かり中に材料・工具が足りなくなる・・・まぁこれも楽しみと思っています。
長年の借家住まいの習性か、自分の持ち物とはいえ、マンションの壁に釘を打つのもなんとなく遠慮気味というところがある。もちろん、いずれ人手に渡すかもしれないという配慮も働いてのことだが、どうも自由にD.I.Yを楽しむという感じにはなれない。工具も“製作”ではなく“修理”のためにしか機能していないのが目下の状態なのである。
とても自分ではできません。プロにおまかせします。
40歳代のコメント
  D.I.Yが仕事みたいなこともあって、自宅ではだれかから頼まれないとあまりいたしません。最近では昼ごはんどうしようとの問いかけに流しソーメンのしかけをつくりました。切ったばかりの竹があまっていたので、2つに割って、節とって、部屋の中かろ小さな庭さきまで流しました。流す役割の私は食べることができませんでした。
いろいろ作るが、材料をケチるためなかなか思うようなものが出来ない
今までD.I.Yは、手掛けた事はありませんでしたが、建築予定の家のウッドデッキは、“D.I.Yで!”と、気合充分でおります。ホームセンターや、エクステリアメーカーで、個人購入が可能になってきているので、身近に感じます。
新築にあわせ、ダイニングセットや食器棚をすべて白ペンキで塗装しましました。
前夫が内装職人だったので、ときどき仕事の手伝いをすることがありました。やすりがけ、などなど。今は、離婚したので、飼い犬にかじられた家の柱や、傷つけられた床など、そのときの経験をもとに、パテで埋め、やすりがけをし、すっかり目立たなくなりました。
木工製品の場合、ホームセンターへ行くと、キット品や切りそろえられた材料が並んでおり、簡単に作ろうと思えば作れる環境が整ってきていますが、ともすると完成品の方が価格ベースでは安価ですね。日本はヨーロッパやアメリカに比べると、材料メーカーが消費者にサービスという付加価値(と共に単価UP)をつけすぎいるように思われます。従って日本において本格的DIY(電動工具を使用する、あるいはプロの使用する工具を使用して製作をするレベル)はごく一部の人の楽しみというのが現状で、多くの人はほんの入り口で ちょこちょことやる程度に過ぎず、すそ野の広がりがあまりないのでは?作るよりも完成品を買った方が安ければ、またDIY以外にもやることがたくさんあればDIY市場は育ちません。今後のDIY発展のためにはそれらを少しずつ取り除いていく必要があると思います。
私ではなく主人の作品ですが、ベンチ、犬小屋などが好評です。特に、ベンチは夏に大活躍!夜、子供たちが花火をするのを大人が座って見るのに使ったり、昼、子供たちがビニールプールで遊ぶのを大人が座って見るのに使ってます。(あれっ、大人ばっかり使ってる!?)
隙間を埋める収納が多いです
小さなオ−プン棚くらいでしたら、主人が作ってくれますが、私も手伝います。物を作るというより夫婦のコミュニケ−ションのひとつだと思っています。庭にウッドデッキがありますが、2年ごとの塗りなおしは業者に頼むとバカ高いので、自分たちで休みを利用してやります。ちょっとした、おにぎりなどを用意しておいて、作業の合間に庭で食べると夫婦の会話も弾むのでひとつの楽しみでもあります。
私の場合、トイレの中に綺麗な収納部分が欲しかったので、建築現場の廃材を加工して部材を作り、トイレの中の幅木を外して加工して作り付けで作りました。既製品だとなかなか強度面でも満足行くものが無く自分で苦労して作ったものは必要以上に頑丈に作りました。時間はかかりましたが、家族も出来栄えにびっくりしていました。久々に父親の権威を回復した気分です。
庭と駐車場の部分を全部自分で作りました。
父親は家まで作るような人だったので、日曜日になると手伝わされました。影響を受けたようで、何でも作れますが、時間や場所がないため、既製品で妥協している状況です。
オーディオラック、テレビの台、下にキーボードを収納できるパソコンのモニター台、モデムやCDなど細々した物を納めるラック、部屋のコーナーの小棚・・・。わが家には一杯DIYがあります。全て手作りの物や、買ってきた家具に手を加えた物もあり、自分の技術では無理な事は、仕事で付き合いのある木建具の職人さんにチョットだけ手伝ってもらってます。色、形、機能、全て好きに出来るので大好きです。従って住宅に於いても造り付けの家具は大好きで、最近どちらでも健康住宅を売りにしてますが、そこに運び込まれる家具等の接着剤とか塗料、仕上げ材に有害な物が使われていたとすると意味が無いと思います。健康住宅とは、ひとが生活する空間の全てに当てはめて考えないといけないと思います。新築時には造り付け、あとはDIY、使う材料全て自由に選択出来るのも魅力の1つです。最近は「柿シブ塗装」を始めました。
いろいろ作るのが大好きです。電動のドライバーやジグソーなどがあると力のない女性でもいろいろ作ることができます。今も野菜ボックスを製作中です。ホームセンターですのこを買ってきてそれを利用しながら作ると安くピッタリサイズのが出来上がります。とにかく置く場所のサイズにあわせられること,できるだけ安く作ることに工夫しています。お金をかけれていい材料を買えばすごいのができるけど,とにかく安い材料,家にあるもので作ることに楽しみを感じています。
なんとタイムリーなご質問!家内の強い要望で、ようやくDIYを今週末から始めようとしているところです。まずはアイロン台を収納する箱(のようなもの)を作るべくホームセンターであれこれ道具をそろえ、取り掛かろうと意気込みだけはカナリ…です。自分で満足するものが作れるのかどうか、また果たして、家内は喜んでくれるものかどうか、結果は今週末に出る予定ですが・・・!もしかしたら、物造りにはまるのかなぁ??
私自身はのこぎりもまっすぐに引けないD.I.Y不向き人間ですが、夫が得意な人なので、プランや設計図を作っては作成してもらっています。でも、この辺のホームセンターにはあまり良い木が売ってないので、それが悩みですね・・・。
家まではできませんが、既成の箱からフットライトを作成しました。
昔は必要があればよくやったものですが、紫外線の害がいわれるようになってからは外であまり作業をしなくなってしまいました。
D.I.Yは好きですが、今は時間的な余裕もなく、あまりできません。残念です。夫が以前よく家具を作っていましたが、やはり素人、使い勝手が良くない。たとえば扉が開けづらいとか。自己満足の世界ですかね。
大きなものでは板塀、物置、パソコン収納家具などを作りました。市販品は高かったり、デザインが気に入らなかったりなので作るようになりましたが、良い木材などを手に入れるのもなかなか難しく、思うようにはいきませんね・・・。
最近は忙しくてなかなかできないのですが、5年前に主人と2人で庭にウツドデッキを作成しました。1ヶ月かかりました。
素人なので、カラーボックスの塗り替えや浴室の補修どまりですが、ちまちまやっています。棚なども自作してみたいのですが、借りている部屋のため自由がききません。
クロスばり
大きなものを作る自信はないので、既製品で我慢していますが、チョッとした工夫で、自分らしさが出せたり、使い勝手が良くなったりするので、結構、楽しんで、のこぎりでゴキゴキしています。例えば・・・主人の買った大きな本棚、深くて使いづらかったのですが、ギフトのそうめん箱を、縦半分に切って、棚の奥に、横並びに入れると、単行本を二重に並べても、選びやすく、取り出しやすい棚に変身したり、又、家の近くで、市が主催するハニワ教室が毎年あるので、表札や植木鉢を手作りして、楽しんでいます。
不器用なので、何もやったことがない
手先が不器用でなかなかうまく作れないが、自分なりに納得(あきらめ)で、でも愛着があり、作るのが好きだから、小遣いがたまると新たな道具の購入と、新作に取り組んでいます。以前は妻がうるさかったのですが、最近あきらめているのか、何も言いません。この間、妻から、物干し台の具合が悪いので見てほしいといわれ、何とか直してからは、やっと理解してくれたようで、私が作っていると、お茶を持ってくるようになりました。
修理するくらい
つくるということよりもリフォームにいつも燃えています。最近では家具を電動のこぎりで思いっきりカットしてはリネン庫に再利用したりしています。
不器用なので、D.I.Yだとかえって高くついてしまいます。
主人がキッチンとリビングの間に白い壁を作ってくれました。真ん中に二つの小窓、その下に裏・表側に台を設置しました。裏にはヤカンを置き、リビング側には観葉植物やキャンディのビン、ミニテディべアーを置いています。テーブルの上に物を置くのを好まないので重宝しています。小窓から直接料理を運びます。初めて見る方は「注文でしょう。」と驚かれます。私は左サイドに素敵な生地を壁の上から垂らし演出してみました。
スピーカーボックスを自作しました。いい音が出ます。
25年前に建てた鉄筋の家。お金がなかったので 外壁も室内も何年もかけて 自分達で塗装しました。簡単に壁に釘を打つことができませんが それなりに楽しみながら 棚をつくってます。
50歳代以上のコメント
  まだまだ初心者であるが、棚の作成や家具などの補修を行いなるべく1つのものを長く愛用するようにしている。そこに愛着が生まれるから。
植木鉢を置く台、いすはすぐ壊れた。おしいれすのこを襖のリサイクルでサイズが合ってよく間に合う。
親父ののこぎりと鉋とノミがある。大工の棟梁から譲り受けた「逸品」であり誰にもさわらせなかった。遺品の整理で大工箱をあけると箱裏に「後生大事」と書いてあった。よほど大切にしていたんやなという感慨しかしか当時はなかったけれど、今、時々使ってみて良く切れ良く削れそして良く手になじむと痛感する。大切にして後生を安楽に過ごしたいという親父の気持ちが伝わる。のこぎりの目研ぎは職人にお願いしているが見よう見真似でと石を研ぐが吸い付いて離れない。神経を集中して雑念を払うことが出来る。「安楽」とはこういう気分なのかもしれない。傍らで嫁はん曰く。一万八千円の棚板が泣いてるで!という言葉に重なって、親父の「かめへんかめへん」という懐かしい口癖も聞こえたと聞き流し、ちょっと右下がりの棚に目をやる。誰がなんと言おうと我が家にはたおやかな時が流れ安らぎがある。
炊飯器を引き出せる棚を取り付けた
不器用なので書くような事はありません
自分で小さいものなら作ったり出来るのですが、今は時間的に余裕はないので、将来余裕が出来たら簡単なものは作れると思います。
スピーカー 飾り台
主人が物置やフェンスを作り、車を整備し、自転車を修理したり、ゴーカートやカヌーまで作るのを見て、子ども達は、必要な物は自分で作るものだと思っています。
ペンキをぬるぐらい、今は、
主人は将来自分の手で家を建てたいと、ずっと夢みておりました。 私も嫌いではないので、時間が有ればやってみたいと考えています。 ただ現在は、手始めに庭の中に休憩出来て、お茶を楽しめ日差しをさえぎる小屋??を手がけたいと考えています。 古い家を購入して現在はリフォームに励んでいますので、庭仕事の少なくなったこの季節から時間を掛けて実行に移そうと思っています。
壁紙を張り替えてみたが空気が残りきっちり仕上がらなくやはりプロに頼まないとダメかと思いました。
ガーデニングといえるかどうかわからないが、木が茂りすぎたリするときる程度。今年の秋は柿の実をたくさん収穫した。
パソコン用デスクの有効利用のための棚
白セメントを買ってきて風呂のタイルの
食卓、こどもの椅子、滑り台、折畳み椅子など。DIYの面白さは、自分でデザインすることにつきます。ただし、工具の不足や制作の技術力不足で、考えたデザインをそのとおりに実現できないのが歯痒いところです。
家族に壁の塗り替えをして貰いました。雰囲気が明るくなり、素人でもちょっとした事なら出来るんだなと感動しました。
屋根ペンキ塗り
平素は、修理程度で、大したものを作るところまでは行っていない。

 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |