すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
コミュニティ   トップページ >> コミュニティ >> アンケート  
 本棚
 アンケート
 ブログ
 メールマガジン
 

 コミュニティ


 アンケート


第22回
01. リフォーム 02. ペットと住まい

アンケート実施期間:2003/1/10〜1/31  有効回答者数: 306人(男性:141人,女性:165人)

『ペットと住まい』
先日、テレビ東京の『ガイアの夜明け』という番組で、
ペット市場特集が組まれていました。
また、某消費者金融のCMの影響でチワワが爆発的人気を博し、
住宅分野ではハウスメーカーがペット共生をアピールしたり、
ペット共生マンションの需要が高まったり、
と“ペット”は愛玩動物からコンパニオンアニマルとして
クローズアップされているようです。

ペットと住む、ということは、住まいとどのような関係があるのでしょうか?

>> pick up comment
どういった基準でペット対応なのか、コンセプトが解りづらいですね。
ペットが傷つけたり、汚したりすることに対応できるならば、それは幼児も同じ事。
一般住宅でも是非取り入れるべきだと思います。
同様に、ペットが容易に部屋を行き来できるしかけは手足が不自由な人にも応用できるのではないか、
と考えます。
また、どのように対応しても所詮買い主のしつけとマナーによるところが多く、
集合住宅でもたとえば大きな鳴き声、ほえ声を出さないならいっこうに問題ないですが、
一戸建てであっても犬の散歩で糞を人の家の前にしても置き去りにするようでは飼う資格もなく、
近所迷惑でもありますね。
要は、ハードではペット対応ならば人にも応用、対応可能であり、同源。
ソフトでは飼い主に依存するので共生のアピールはあまり意味がないのでは?
(男性 41歳)

>> pick up comment
ペットは、家族です。
結婚当時、妻がつれてきたペットのご飯を「えさ」といって、殴られました。
(男性 41歳)

Q1. あなたは、現在ペットを飼っていますか?


生き物を飼っている人4割、飼っていない人6割です。
50代以上…犬
20代以下…猫
40代…他の動物
30代…飼っていない
という傾向でした。

>> pick up comment
犬・猫のためには、昔の家の方が住みやすかったのではないかと思う。
土間があったり、自由に出入りできる隙間があったり。
留守中も家にいる犬・猫のために冷・暖房をつけっぱなしにするという話を聞くと、
絶対何かが間違っていると思う。
犬を飼いたいと思っているが、そこまでするのが本当に犬のためなのかは疑問に思っている。
(女性 29歳)

Q2. もし、今あなたがどんな動物でも飼える家や環境に置かれたら、
   どんなペットを飼ってみたいですか?(複数回答可)


全体では、「今飼っているペットを連れて行く」を除けば、小型犬、中型犬、猫を飼ってみたいという方が
多く見られます。
「現在ペットを飼っている」方は、1.猫 2.小型犬 3.大型・中型犬
「現在ペットを飼っていない」方は、1.小型犬 2.中型犬 3.猫
となっていますが、その中で2割以上の方が「ペットは飼いたくない」と考えておられます。

>> pick up comment
アメリカで犬を飼ったことがある。
生まれてすぐの仔犬ではなく、既に別のファミリーで育ったことのある犬だった。
日本人家庭の我家では何の疑いもなく夜、犬を庭に出して寝かせた。犬はビックリ、大騒ぎ。
後で近所の人からアメリカでは外で犬を寝かせることはあり得ない、
家族の一員なのだからと言われて、やっとわけがわかった。
犬にも迷惑なカルチャーショックでした。
(女性 32歳)

>> pick up comment
私は縄文柴という種類の柴犬を飼っています。
柴犬は天然記念物にも指定されている犬であり、純血種を守っていくということが非常に大切です。
それ故、一般的なペットを飼うというイメージとはかなりかけ離れた世界です。
例えば、動物病院ではまるでそれが一般的であるかのように言われている去勢などは、
犬が犬らしく暮らせなくなる行為であり、断じて許される行為ではないということを守りつつ、
地域の中で犬と共生していく必要があります。
家族同然だからというキャッチコピーでいろいろな過保護なまでの動物空間を提供するような家は
本来の共生とは違うと思っています。
犬が犬らしく振舞いながら、人間と同様にそこで子供を生んだりできるような空間つくりをしていくことが、
犬にとっても必要な住まいつくりであると考えています。
犬を見ていて夫婦愛があることとかも教えられたりしていると、
彼らの生き様をしっかりと見させていただく場を自分の家では作りたいと思います。
(男性 34歳)

>> pick up comment
ペットは一つの生命体と考えれば人間と同列に考えなければならないのにもかかわらず、
とかく人間という生命体は人間優位で物事を考える。
最近流行っているのはペット共生住宅ではなく、ペットという物をいかに楽に扱えるかということである。
共生とはハードのみで扱えるようなものではなく、人間の教育ということから行わなければならない。
(男性 22歳)

Q3. あなたがペットを飼い始めた(飼い始める)理由は何だと思われますか?(複数回答可)


現在ペットを飼っている方も、そうでない方も、ペットを飼い始めた(飼い始める)理由に
それほど差は見られません。
例外は「家族が好きだから」と「もらって」で、今ペットを飼っておられる方のご家族が好きだったり、
ひょんなことからもらったりして、自分の思わぬ方向からペットを飼い始めることとなったのでしょうね。
この傾向は、40代に多く見られました。
また、「番犬、防犯として」は50代以上に多く見られました。

>> pick up comment
うちのマンションは動物禁止なのに猫を飼って泣き声や放し飼いで迷惑している。
小さい子供の親とペット愛好家は、自分達が可愛いと思ってるから周りもそう思ってると勘違いしている。
(女性 37歳)

>> pick up comment
子供の頃から動物好きだし、昔は犬やウサギ、モルモット、ハムスターにインコと色々飼ってきました。
独り暮らしの時はたまに訪ねてくるノラや近所の猫に随分と心慰められたものです。
でも今は私自身が面倒見切れないこと、親は良い年なので置いていく事になるし
旅行にも遅くまで外出もできないなどあって飼う事はできません。責任という事を深く考えますね。
(中略)
昨年の暮れ、うちの玄関先に野良猫が行き倒れていました。
氷点下まで下がる晩に何か毒でも食べてしまったのかヒクヒクと痙攣を繰り返して。
とのみちもう助からなかったかもしれません。
結局、朝にはガチガチに死後硬直で固まって死んでいました。
でも病院に連れて行って助けようともせず、家にも入れてやれませんでした。
直接触るのも避けた方がいいとのことで火バサミで段ボールの中に押しやって、
脇に置いておいただけです。朝なって、父が畑の脇の堤防の所に埋めに行きました。
どうする事も、できないのです。
(中略)
その人を「冷たい人」と思うのは、簡単で無責任で独善的で子供な考えでしょう。
(中略)
「あの時、自分はどうすれば良かったのか」「今度同じ事があったらどうしたら良いのか」を
ずっと考えて、まだ答えは出ていません。
(女性 30歳)

Q4. ペットを飼う上で気になることはどんなことですか?(複数回答可)


現在ペットを飼っている方とそうでない方の意識の差が顕著なのは、「アレルギー」でした。
  飼っていない方÷飼っている方
アレルギー 2.6
鳴き声・吠え声、糞尿 1.8
におい、お金がかかる 1.7
汚れ 1.6
なし:わからない わからない
年齢層別に見ると、30代は「におい」「ノミ・ダニ」「アレルギー」など、飼い主側の健康面に対して
40代は「鳴き声・吠え声」「抜け毛」「ご近所への配慮」「ペットの病気」、ご近所付き合いに対して
50代以上は「ペットの病気」「ペットの死」に対して気にされています。

>> pick up comment
実家のマンションではペット許可なので、室内犬を飼っている人が結構います。
ところが、ペットの歩く音って案外気になるものなのです。
特に上階で飼っている場合ですと、トントントンという小刻みな音が夜中でも聞こえたりします。
ペット共生をうたう以上は、防音にも配慮した構造にしてほしいですね。
(女性 37歳)

Q5.  Q4で挙げたような、生き物を飼うことによって生じる様々な問題を解決したのが、
   SONYのエンターテインメントロボット犬・アイボをはじめとするロボットペットです。
   あなたなら、“生きているペット”と“ロボットペット”のどちらを“ペット”として
   飼ってみたいと思いますか?


「ロボットペット」に対しては現在ペットを飼っていない方ののほうが、興味をお持ちのようですが、
全体の約6割が「生きているペット」を選択されています。

>> pick up comment
ペットを飼うのは奇麗事だけでは済まされない。
ペットのゆりかごから墓場まで、全部のことを考えなければらない。
(男性 29歳)

>> pick up comment
『動物園は好きなのですが、ペットを自分で・・・っと、考えると、
プラス面よりマイナス面のほうがはるかに大きくのしかかります。
特に、ご近所などのペットでの迷惑を感じると、ペットの飼い主になることが、
私自身、気を使って、ストレスが溜まりそうです。
ペットを飼っているみんなが思っているより、はるかにペットを飼っていない人は、嫌な思いをしています。
そのことをもっとハッキリ知って欲しい。
(女性 44歳)

Q6. 最近では、ペット共生をアピールしたメーカーハウスや集合住宅が注目を集めています。
   あなたは「ペットと住まい」についてどうお考えですか?
   また、経験や思い出など、ご自由にお書き下さい。

>> pick up comment
『ペット』、『飼う』という言葉は嫌いだ。『ペット共生』も同じ。
人間の身勝手が生んだ言葉で彼らが自ら望んだことではないと思う。
ずいぶんと昔、猿の惑星という映画を見て其れがSFの世界やパラレルワールドとは思えず、
いまだに強く感じている。
「ペットと住まい」という言葉が巷に氾濫し、テレビCMも良く見かける。
老婆が犬を抱きしめ『最後まで一緒』というのを見て心温まる思いと物悲しい思いが交差する。
子供や孫の存在がまるで感じられないのは私だけだろうか??。
マンションに住んでいた頃、野良猫が何匹も住みついていた。
皆、丸々と太り悠然と徘徊していた。皆が餌を与えていた。
部屋の中にはいれないという『不文律』が有り、彼らもまた悪さをしなかった。
管理組合の議題にも挙がらなかった。
ルールは人間だけにあるのではなく、彼らにも存在すると痛感していた。
住み良いというのは時として「自分に都合の良い」ということが先走り他への配慮が見失われる。
自分にも都合良く皆にも都合良いという観念が無ければ、
「ペットと住まい」への入り口もままならないと思う。
(男性 51歳)

>> pick up comment
アパートのため犬猫は禁止。なのでハムスターを2匹飼っていますが、
不衛生にならないよう、トイレやケージの清掃は欠かさず定期的に行っています。
ペットの問題はタバコと似ているところがあって、苦手な人への配慮は不可欠ではないでしょうか。
飼い主だけが良ければ、満足できればそれでよしというルーズな飼い方をしていたら、
ペット達にしてみればきちんとしたしつけや食餌を受けられない、与えられないわけですから、
深く考えずに人間の食物を安易に与えるのと同様、不幸なことこの上ない。
最近ではペットOKのマンションが増えてきましたが、住民同士よく話し合い、
しっかりとした規約を作って各自が遵守する心構えがペット達の命と生活を守るためにも大切だと感じます。
ほんの気まぐれで飼って、都合が悪くなったら捨ててしまう・・・
ルーズな人には生き物を飼う資格がないと思います。
犬猫など大型のペットには、飼い主の責任を追及するためにも、
識別チップを埋め込む時代に来ているのかもしれません。
(女性 44歳)

>> other comments
   女性のコメント       男性のコメント
20歳代以下のコメント
  ペットを飼う気が全く無いので、私にはあまり関係無いと思います。
私が家を探していた頃は「マンション=ペット禁止」で、不動産会社の人にイヤな顔をされたものです。一戸建てしかない、と決意し、見事に「東京の一戸建て」を実現しました。しかも山手線の内側なんて、うちのペットたちはすごいことをさせてくれました。
ペットの毛を掃除してくれる専門のロボットがほしい
やっぱりニオイが気になった
古代の時代から、犬と人間は共存してきたパートナーです。だから、『共生』の考え方はスバラシイと思います!(犬に限らず)
ペットはかわいいけど家の中が汚れます。私の家でも猫を飼っているのですが、爪とぎされてボロボロです。最初からツルツルの壁紙を貼っておけば平気なのでしょうが…。ペット共生の住宅を選ぶ際は部屋が傷みにくいかどうか吟味しないといけませんね。
どんな家でも、ペットの躾ができていないと難しいと思います。躾けるのは大変ですし。家の中で飼うならロボット、外なら生き物、です。
一人暮らしをしているとふと寂しくなるときがありますそんなとき自分の住まいにお気に入りのペットがいればどんなに心が安らぐことだろうと思います。ペットと共存できる住まいには大賛成です。
最近はペット同伴で住めるアパートやマンションも増えてきているが、それと同時に飼い主のマナーの悪さも目立ってきていると思う。
ペットは癒されるし、いいと思います。
ペットは一つの生命体と考えれば人間と同列に考えなければならないのにもかかわらず、とかく人間という生命体は人間優位で物事を考える。最近流行っているのはペット共生住宅ではなく、ペットという物をいかに楽に扱えるかということである。共生とはハードのみで扱えるようなものではなく、人間の教育ということから行わなければならない。
犬を拾い、どうしても捨てられなくてマンションで飼ってしまい、見つかってしまい、追い出された思い出がある。最近、OLの一人暮らしなどでペットを飼う人が増えてきているようである。帰りを待ってくれるペットを飼えるマンションは、今後増えていくに違いない。
ペットも家族と考えるなら、ペットOKの住宅は当たり前だ!
言葉は通じないけれど、心を癒してくれる存在であるペットと一緒に暮らせることは賛成だと思います。
ペットには興味がない
マンション入庫時に一番に考えなくてはいけないことなので、「ペットOL」をアピールしているところは非常に嬉しいことです。探している上でもなかなかペット共生が無いために今後出現してもらいたいです。
確かにペット共生をアピールした住宅が最近増えていますが、それはペットのためではなく、ペット好きな飼主のためのものであるといえると思います。
猫が自由に外を出入りできるように窓を常に開けっ放しにしています。窓付きのドアをたまにTVで見かけるのでいいなーと思っています。専用ブースではなく家のあちこちで猫が楽しめるような家を作れたら楽しいです。
以前飼っていた犬が死んでしまったときに、もう一生ペットは飼わないと思いました。なのできっと今後も飼わないと思います。
子供のいない家庭には必要だと感じる
賃貸住宅などにペットと一緒に住みたいと思ってもなかなか(まったくに近いくらい)わたしの地域にはありません一度実家を出てペットを連れてすめる賃貸を探してみたのですが一軒だけしかなく 不動産業者にもペットがかえるところは??ときくだけで嫌な顔をされてしまうような状態でした!やっとあった一軒もワンルームで7万くらいこれだけペットを飼っている人が多いしもっともっとふえてほしいと思います
一生に一度はペットと暮らしてみたいです。
ペットは、かわいいと思うだけでは飼えないと思います。
以前テレビで見たペット可のマンションはペット用の設備が整っていて、ぜひ住んでみたいと思いました。
寂しさを紛らわしてくれるのし、今後高齢化がすすむと寂しいという方たちが多くなると思う
ペット共生の住宅はペットを愛する飼い主にとっては最高の住まいかもしれませんが、ペットにとってもそうであるとは限らないのではないかと思います。ペットのためといいながらもほんとは飼い主のエゴなのかもしれませんね。いくらよいペット共生を備えている家よりも外の自然にはかなわないように思います。
ペットは飼わないと思う。
ペットは「環境ホルモン」とかの匂いに敏感そうだから、ペットが住むというイメージは安全そうに思う
飼い主の住む場所や飼い主の考え方によってペットの飼い方もずいぶん違う。私の考える非常識が他人の常識だったりする。ペット共生の集合住宅なんて飼い主の考え方の違いがあるから大変そうだなと思う。
ペットと暮らすことを意識して家造りをしました。愛犬が年をとって散歩に出るときに楽なように上がりかまちを低くしたり、滑りにくい床材を使ったり、門柱にちょっとリードをかけるのに便利なようにフックをつけたり。ペットによって癒されたり、楽しい気持ちにしてもらっているので、できる限り快適に過ごせる環境を作ってあげたいと思っています。家族の一員ですからね。
ペットとの共生を考え、住宅にペット用の施設を組み込むのは別にいいと思うが、それがペットの甘やかせ過ぎにつながる場合のはどうかと思う。最近、甘やかせ過ぎのためにご主人を判別できず、自分が家の中でもっとも偉いと思い込んでいるペットが多いそうだ。その為、人間が噛み付かれたりしてるそうだ。やりすぎはいけない気がする。
あまり好ましくないと思う
動物が好きな人が利用するのに適していると思う。
初めからペットを飼う前提で家を建てれるならすごく好ましいと思います。そこまでの心意気があってこそ、ペット自身もまっとうな人生を送れると思います。
特にペットのために家を作らなくてもいいと思います。
周りで、「ペット禁止」のマンションで飼っている方が何人もいますが、「みつからなければ良い」とか「家の中の事で他人に迷惑を掛けてないから良いだろう」といった考えが多くて驚きます。子供の教育上も親のこういう姿勢を見せるのはマイナスになると思います。これからの子供達の教育の為にもペットと共生出来る住まいは必要だと思います
やっぱりペットも大事な家族です。ペットにとっても人間にとっても幸せに、かつ居心地よく生活できるように考えるのはとても良い事だと思います。
ペットは今や家族の一員だと思っています。飼っていて困ることもありますが、それ以上にペットは私たちに大きなものを与えてくれています。
ペット共生型物件はまだまだ少ないですが、増えているのはとても嬉しいことだと思います。一人暮らしでペットを飼っている人も多いと聞きますが、やっぱりそのペットに合った環境を作ってあげられないのであれば、飼わない方がお互いにとっていいような気がします。人間が飼いやすい、というだけでなく、ペットにとっても「いい家」がどんどん出てくれば日本の住宅も捨てたもんじゃないですね。
ペットは可愛いけれど,赤ちゃんが生まれると衛生に気を遣います。ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすのは難しいですね。
子供のころ犬を飼いたかったが親が許してくれなかった
以前、犬を飼っていた時マンション探しで物凄く苦労しました。最近はペット可のマンションが増えて本当にうらやましいです。
今はまだペット可の住宅は少なく、あっても割高な場合が多いのが現状。ナイショで飼ってる人も多いのでは?(私も以前はそうでした) やっぱり、近所の人の理解がある場所で飼う方が自分の為にも、ペットの為にもいいと思います。動物も人間も、安心して気持ちよく暮らせるように、ペット共生の集合住宅をもっと増やして欲しいです。
ペットを飼う事は全然問題ないと思うし、私はペットが大好きなので今後そのようなメーカーハウスや集合住宅が増えて欲しいと思っています。
自分が世話をしているわけではないので、いざ自分が面倒を見ることが出来るかと言うと難しい。そう考えると、ペットは飼わないほうが無難かも。
ペットは家族の一員になるので、ペットの部屋とかあっても良いのでは?
ペットを飼うのは奇麗事だけでは済まされない。ペットのゆりかごから墓場まで、全部のことを考えなければらない。
ペットを飼っている人が増えているので、その事情を反映した住宅が出来ていくのは、やっぱり必要だと思うので、これからも増えていくと思いますが、その分、外へ散歩に出たときにのマナーをしっかりして欲しい。糞尿の始末や、それらをさせていい場所の決まり等・・・最近は、糞尿の始末をする気が全くなく、カモフラージュで袋やスコップを持って「きちんと始末してます」という顔をして散歩してる人が多く(家の近所でこれが増えて困ってます)、ペット共存の住宅を建てるなら建てるで、立てる対策なども考える必要があると思います。
猫が外から入れる小さい窓が欲しい。
30歳代のコメント
  家族全員動物が好きなので、是非飼ってみたいです。賃貸でも飼える住宅をふやしてほしいです。
ペットのすみやすい家にはとても魅力があります。
今住んでいるマンションがペットを飼うことができないのでうらやましく思います。これからはもっとペット共生住宅が増えることを願っています
できればペットを飼える集合住宅に住みたいと思います。
ペットは心を癒してくれます。老人ホームで犬をかったところ、老人のボケに改善がみられたり笑顔がみられるようになったという話しはよく聞きます。IT革命が進み人間らしさを失い、長引く不況で日本全体の気が低下しています。今のような時代にこそペットと共に生活して少しでも心にゆとりが生まれるようになるべきだと思っているので、集合住宅やホテルなどでも気軽にペットが飼えるようになるべきだと思っています。
ペットは可愛いけれど、匂いなどが気になるので、飼うときは十分その事を覚悟して飼わなければならないと思います。
飼った事がないのでよくわからないが・・・実際にペットを飼ったら考えるかも。
子供の頃から動物好きだし、昔は犬やウサギ、モルモット、ハムスターにインコと色々飼ってきました。独り暮らしの時はたまに訪ねてくるノラや近所の猫に随分と心慰められたものです。でも今は私自身が面倒見切れないこと、親は良い年なので置いていく事になるし旅行にも遅くまで外出もできないなどあって飼う事はできません。責任という事を深く考えますね。捨て犬の里親ボランティアなど見ると引き取りたい!って気持ちはすごく感じます。保健所とか。でも自分で責任持てない人は周りに押し付けて、迷惑かけてしまう。ジレンマですね。昨年の暮れ、うちの玄関先に野良猫が行き倒れていました。氷点下まで下がる晩に何か毒でも食べてしまったのかヒクヒクと痙攣を繰り返して。とのみちもう助からなかったかもしれません。結局、朝にはガチガチに死後硬直で固まって死んでいました。でも病院に連れて行って助けようともせず、家にも入れてやれませんでした。直接触るのも避けた方がいいとのことで火バサミで段ボールの中に押しやって、脇に置いておいただけです。朝なって、父が畑の脇の堤防の所に埋めに行きました。どうする事も、できないのです。野良猫は最近、すごく増えました。近所でエサをやっている家もあります。私も昔、自分のアパートに招き入れてエサをやっていた事があります。でもゴミは漁る、庭に糞尿をする、植木鉢は落として割る、花や芽は踏み付ける、シートにおしっこはするなど被害は無視できませんし。自分が良くても他人はそうではありません。その人を「冷たい人」と思うのは、簡単で無責任で独善的で子供な考えでしょう。猫避けも有刺鉄線もペットボトルもコーヒーかすもハーブも効果ありません。見かけたら追っかけて追い払っても、変わらず悠々と庭を通り道にしています。共存は難しいですね。飼う人は、必ず室内飼いにすること、首輪を付けて連絡先を書いておく事、ちゃんとかまってストレスを感じない様にしてやることなどしてほしいです。「あの時、自分はどうすれば良かったのか」「今度同じ事があったらどうしたら良いのか」をずっと考えて、まだ答えは出ていません。
ペットを飼いながら住むという人とそうでない人が混在するとどうしても問題が出るケースが多く伝えられます。共に心地よく住むならペット専用住宅はニーズとしても多いと思います。ただその住宅内部だけでなく周辺地域にも配慮した計画が必要だと思います。
ペットも家族の一員なので、犬猫専用ドアなどがあるものは便利だと思います。
まわりに迷惑になるようなら困る。
自分はしないが、賛成。
もう長い間しっしょに住んでいるので、家族同然です。ペットはずっと飼っていきたい。
ペットそのものを受け入れることができるマンションが増えていくことは飼い主からすれば喜ばしいことだと思うけれども、近隣の方や、共同住宅で住まう上ででてくる問題というものの延長上にペットの問題もあると思う。共同で住まうルールやマナーがきちんと確立していけばおのずとペットの問題も自然なものとして受け入れることができるようになるのではないでしょうか?集まって住まうということについての常識というもとが浸透していけばいいな、と思います。
去年の夏からクワガタを飼っています。(まだ健在です)犬や猫を飼ってみたいという思いはあるのですが、今は賃貸なので出来ません。一戸建てで飼うのはいいと思うのですが、マンションで動物が飼える所は、みんな飼ってると思うとちょっと嫌です。転売しにくい気もします。
近所にペット共生のマンションが今建築中ですが、わたしは住みたくありません。ペット好きには良いでしょうが、ペットに興味が無いわたしには、犬や猫の匂いや泣き声が気になると思います。
自分だけの自由にできる家ならばぜひ飼いたい
ペット共生の家は、面白い試みだと思う。
迷惑!!
アメリカで犬を飼ったことがある。生まれてすぐの仔犬ではなく、既に別のファミリーで育ったことのある犬だった。日本人家庭の我家では何の疑いもなく夜、犬を庭に出して寝かせた。犬はビックリ、大騒ぎ。後で近所の人からアメリカでは外で犬を寝かせることはあり得ない、家族の一員なのだからと言われて、やっとわけがわかった。犬にも迷惑なカルチャーショックでした。
ペットと一緒に住むことによって、得られることは多いと思います。特に、犬をつれて散歩に行くと散歩仲間が増えたりすることがあり、大変だけど変える状況ならペットを飼うことはとてもいいと思います。ただ、現在我が家はフローリングなので犬を飼うならカーペットを敷く必要があるので、金銭的に飼えないのが残念です。ペットが住みやすい家なら、きっと人間も住みやすい場所だと思います。
庭などで飼うのはいいと思うが家の中で飼うのは不自然だと思う
これから家を建てるなら、今いるペットとの生活を視野に入れ、設計を依頼すると思う。
動物が苦手なので怖い思い出しかないです。
いたらいいなあと思う。
今までペットを飼ったことがないので思い出というのはないのですが、友人の家などに行った時に羨ましいと思ったことは数知れず、子供が望んだら考えてやりたいと思います。
実家で飼っていた犬には、精神的にずいぶん助けられました。両親も毎日散歩に行っていたおかげで、体力がつき病気しらずです。今住んでいるマンションはペットといっしょには住めないのですが、可能なマンションがどんどん増えていることは嬉しい限りです。
やはり孤独を癒したりしてくれるものだしこれからの高齢化にはとっても大切なことだと思います。
私は縄文柴という種類の柴犬を飼っています。柴犬は天然記念物にも指定されている犬であり、純血種を守っていくということが非常に大切です。それ故、一般的なペットを飼うというイメージとはかなりかけ離れた世界です。例えば、動物病院ではまるでそれが一般的であるかのように言われている去勢などは、犬が犬らしく暮らせなくなる行為であり、断じて許される行為ではないということを守りつつ、地域の中で犬と共生していく必要があります。家族同然だからというキャッチコピーでいろいろな過保護なまでの動物空間を提供するような家は本来の共生とは違うと思っています。犬が犬らしく振舞いながら、人間と同様にそこで子供を生んだりできるような空間つくりをしていくことが、犬にとっても必要な住まいつくりであると考えています。犬を見ていて夫婦愛があることとかも教えられたりしていると、彼らの生き様をしっかりと見させていただく場を自分の家では作りたいと思います。
ペットは、子供のいない家庭では子供同然です。ペットの一緒にすめるマンションは、今後、普通になると思います。
猫を飼いたいけど家をぼろぼろにされるのが怖くて。それに世話があるから旅行にいけなくなっちゃいますものね。
ペットを飼っていると、どうしても飼うスペースの確保に悩んでしまう事が多い。ペットも生き物であるので、ある程度日当たりが良く、風通しも良い場所を選んであげたいがなかなか思うようなスペース確保が出来ないので、ペットスペースというのがあらかじめあると良いと思う。
やはり死ぬ時がかわいそう。金魚でも小鳥でも昆虫でも・・・みなさんはどう処理してますか? もしかして生活ごみとしてゴミ袋に入れて回収に出していませんか?
私はペットと一緒に住むのは好きではないので反対である。
ペットなしの生活は考えられません!!!
ペットOKなところをどんどん増やしてほしい。まだまだ禁止してるとこが多い。ただマナーは入居時に徹底させてほしい。
鳴き声・吠え声が一番問題
飼ってみたいと漠然と思うことはありますが、現実的に飼おうとしたことがないので、わかりません。最近は、分譲マンションでもそういうところがありますが、問題がおこらないのかな?と逆に心配になったりします。
そこまでやる前にもっと他のことに配慮すべきことが有りそう
気持ちがやすらむので家の中で家族の一員になって一緒にすみたい
やっぱり庭があって室内でも飼える環境がないとストレスがたまるのではないかと思う
集合住宅の場合、最初からルールを決めておく事が重要。
きちんとした設備が整っていて、近所や一緒に住む人の理解があれば、とても良いことだと思います。以前、実家で飼っていたネコがお隣のお宅の毛布をかじってしまって、大変だった記憶があります。臭いもきつく、家中ノミが飛び跳ね、身体をくわれてひどい状態にもなりました。共有部分以外の、部屋そのものにも防汚・消臭システムなどをペット対応の設備が整っているといいなと思います。
今のところハムスターなどの小動物以外は飼うつもりはないのであまり考えていません。
ペットは面倒だと思う
人間がどれだけペットにストレスを与えずにコントロールできるか、それができる人間だけがそこに住む権利を持っていると思います。
私の周囲は、お孫さんがいる年代が多く、子供たちと同居できる広さもあまりない世帯が多いので必然的に老夫婦で住んでいる人ばかりです。大体の家の人がペット(特に犬)を飼っています。散歩やらの世話で外に出る機会も多くなるので、健康面等でよい結果が出ているのではないかと思います。ペットというより、可愛い子供って感じですね。
都営住宅の我が家にある日、犬が来た。私は「メリー」と名づけた。でもわんわん吠えるので小さな私は泣き出してしまった。それでか、返しに行く事になった。電車に乗って、父とどこかの駅まで。「返してくるからここで待ってなさい。」と言われた気がする。ああ、あれは捨てに行ったんでしょうね。父がどこかの迷い犬を連れて来たんでしょうか。私のたった半日の飼い犬の思い出です。この頃は野良犬が少なくなりましたね。
いいことだと思います
ペットを飼っている人が、周りのペットも好きかというとそうでないのは、昔から見ているので、集合住宅は、上手く行っているのかなーと思う事がありますね。自分の家のペットがよそに行くのはいいけど、他人のペットが近くに来るのを嫌がる人は選ばないかというと無理のような気もしますから。
うちのマンションは動物禁止なのに猫を飼って泣き声や放し飼いで迷惑している。小さい子供の親とペット愛好家は自分達が可愛いと思ってるから周りもそう思ってると勘違いしている。
ペットがいると、家族や友人と違って無条件に心が和むと思う。集合住宅で規則違反をしてもペットを飼ってしまう人がいるが、気持ちとしてはよく分かり、厳しく責めることもなかなか出来ない。もう少し、ペットと共に暮らす文化とかルールとかが育まれれば、集合住宅でも自由にペットを飼えるような風潮が当たり前のようになるのではないかと思う。
ペットを飼いたい人だけが飼えばいいと思います。
持ち家でハムスターを飼っているので、特に悩んだりしたことはないです。
いくらペットが住める家でも飼主が責任を持って近所に迷惑をかけないように気をつけてほしい.
ペットは外で買う物
近所への配慮が必要だと思う。
旅行が趣味なのでペットを置いていけないからペットは飼いたくない
中学の時に飼ってた室内犬でアレルギー鼻炎になった。
一緒に仲良く暮していきたい
ベットは好きだが、家が傷むのは事実です。
子供の時から観賞魚を飼っており(一時中断したが)、最近犬を飼い始めた。住まいの環境によって制限はあるが、一般的なペットであれば飼えないことはないと思う。逆にペットも飼えないような環境の住まいは住まいではないと思う。
今住んでいるのは集合住宅ですが、昨年からペットを飼うことができるようになりました。実際に飼っている世帯がありますが、ちょっとした問題になっており、やはり近所への配慮は大切だと痛感しています。
今は、鳥を飼っていますが、やはり癒されますね。死は避けて通れない事ですけど、だから一緒の時間を大切にしてあげたいと思います。
実家のマンションではペット許可なので、室内犬を飼っている人が結構います。ところが、ペットの歩く音って案外気になるものなのです。特に上階で飼っている場合ですと、トントントンという小刻みな音が夜中でも聞こえたりします。ペット共生をうたう以上は、防音にも配慮した構造にしてほしいですね。
一緒に暮らす以上、ペットにもできるだけ暮らしやすい環境を与えたいと考えている。ただ、現在共働きの我が家では、動物の世話のできる人間がいない。“猫なら昼間誰もいなくても大丈夫だ”という人もいるが、実家にいた猫たちは皆とても寂しがりやで一晩留守しようものなら、ものすごい文句を言われたりしたし、私自身がそんな寂しい環境に暮らさせることに耐えられない。となれば、リタイアする年齢まではペットとは暮らせないということになる。最近のペット共生マンションの流行は、ペットと生活する環境が整えられることで、飼いきれなくなったりするリスクを減らすと言う意味で動物にもいいことだと思う。もっとも、動物を飼うために、大抵立地的条件の悪い場所にあるペット対応マンションに、あえて住もうと考えるような人は、真剣にペットとの関係を考えているから、無責任にペットを飼うようなことは少ないはずですが。早く、一般住宅でも、気軽にペット対応のオプションがつけられるようになれば、結局住民全体のプラスになるような気がします。
最近マンションでも「ペットOK」というところが多く、禁止の我が家はうらやましい限りです。
私はマンションで犬を飼いたいんですけど・・・家内と5歳と2歳の子供たちが、反対というか、怖がっています。その子供たちの情緒教育のためにも飼いたいのですが、「だれが、掃除と散歩するの?」と言われたら・・・アイボはやっぱりおもちゃですよね。「こちらの思うとおりにならない。」ということが、生き物を飼う意味なのだと思います。ウーン、パソコンもそうだけど・・
本来野生の生き物をふさわしくない場所で飼う事に問題があります。田舎の広い庭付きの家なら犬も飼われて喜ぶのかもしれません。一度飼ったらペットの老いにずっと付き合わなくては無責任です。
aiboもPETを飼えない人にはよいのでしょうが、私には実際に生きてるPETの方が良い。でもそのせいで、住宅環境など諸々がPET中心に考えないといけなく、生活に対する居住空間を自分の好きなようにできない事もシバシバである。両方とも(人間&PET)100%に近い希望がかなうように望んではいるが、ナカナカ難しい。
今時点でペットに割くだけの精神的にも経済的にも余裕がないので、思いつかない
一番大切なのはマナーと、お互いのちょっとした配慮です。ペット可の集合住宅は、「飼っていいのだから何をしてもいい」という身勝手な飼い主がいそうで不安です。公然の秘密くらいがちょうどいいのかもしれない。
犬・猫のためには、昔の家の方が住みやすかったのではないかと思う。土間があったり、自由に出入りできる隙間があったり。留守中も家にいる犬・猫のために冷・暖房をつけっぱなしにするという話を聞くと、絶対何かが間違っていると思う。犬を飼いたいと思っているが、そこまでするのが本当に犬のためなのかは疑問に思っている。
ペットも家族の一員として考える風潮があるので、いいことだと思う。
専用出入り口の防犯が求められると思います。
自分自身はペットは飼いたくないが、主人が犬・猫好きなので、どうしても飼いたいと言い出したら役に立つかも・・・。
イイと思う。
今後は、猫好きだけ、犬好きの人だけ集まったマンションのように細分化されると面白いかも。
最近ではいろんな工夫がしてあってよりペットと暮らしやすくなったと思います。まだ田舎だったら考えなくてもいいと思いますが、都会では必要になってくると思います。
きらいな人もいるので強制できない
ペットが自由に出入りできる庭のある家に住めたらよいなと思う。
前は家に入れて飼っていましたが、抜け毛の掃除が大変で外で飼っていますが、その犬の老後はやはり家の中で飼ってあげたいと思っています。その場所、掃除が当面の課題です。。
40歳代のコメント
  “犬を飼いたいから、一戸建てを買う”という方の気持ちはわかります。本当に犬が好きなんだなぁ〜と思うし、集合住宅でも、ペットOKのところが増えているようなので、ペットの存在が大きくなっているように感じます。我が家の場合は、以前、子供にせがまれてハムスターを飼いましたが、2年弱で死んでしまい、子供と私は号泣状態でした。あんなに小さなペットでも暫くの間、気持ちが落ち込んで仕方がなかったので、犬を飼って死に直面した時を思うと、飼うことには前向きになれません。主人と子供は、建築中の家が建ったら犬を飼うと話していますが。。。
ペットを飼う以上は、我が子と同様にきちんとしつけをすること、愛情を注いであげることなど、それなりの責任と覚悟が必要です。私はこれらをしてあげる時間も自信もないので、今後もペットは飼わないと思います。
ペット中心っていうのも考えものですが、最小限必要なものと、愛情があればペットは幸せかなあ。いまでは、家族の一員って感じです。
住環境が里山に近く(いなかってことです)、放し飼いか飼い犬かわからない奴がいる。半分ノラ猫も徘徊し(横の実家が数匹飼っている)フン害は後を絶たない。生き物は好きなほうですが家の中で汚れを撒き散らす類のペットを飼うのは避けたい。犬猫が嫌いな客人が来るかもしれないし、しつけはできても臭いは避けられないし。ペットに対する考えが近い人々が集まり、住まうことは歓迎です。
すごくいいことだと思う。ただやはり生き物を飼う事はすごく大変な事だと思う
どういった基準でペット対応なのか、コンセプトが解りづらいですね。ペットが傷つけたり、汚したりすることに対応できるならば、それは幼児も同じ事。一般住宅でも是非取り入れるべきだと思います。同様に、ペットが容易に部屋を行き来できるしかけは手足が不自由な人にも応用できるのではないか、と考えます。また、どのように対応しても所詮買い主のしつけとマナーによるところが多く、集合住宅でもたとえば大きな鳴き声、ほえ声を出さないならいっこうに問題ないですが、一戸建てであっても犬の散歩で糞を人の家の前にしても置き去りにするようでは飼う資格もなく、近所迷惑でもありますね。要は、ハードではペット対応ならば人にも応用、対応可能であり、同源。ソフトでは飼い主に依存するので共生のアピールはあまり意味がないのでは?
現在の一戸建てに移り住む前はマンション暮らしでしたので、ペットは飼っていませんでした。現在の家を建てる時も、ペットと一緒に暮らす、ということはまだ考えていませんでしたので、人間が暮しやすい家、という前提で間取りや設備を決めました。引っ越して暫くしてから、猫を飼い、そして犬を飼い始めましたが、もし以前から犬や猫を飼っていたら、ペットたちにも快適なように考えて建てたでしょうね。ペットはかわいいけど、やはり臭いもあります。猫でしたら爪で壁を傷つけることもあります。ペットと人間がひとつ屋根の下で暮らすためには家に様々な工夫を施す必要があると思います。最近登場し始めた「ペットと共存できる住まい」はそういう意味では本当に画期的ですね。人間にとって快適な家が、ペットにとっても快適だとは言えないかも知れない..と思います。
ペットを飼った場合、近所に迷惑をかけないか心配だ。
現在はマンションの規則で飼えるのは鳥のみ。小型犬なら近所に迷惑をかけることもないと思うんですが。最近良く見かける「ペット可」のマンションも、機能的にはさほど良いとは思いませんが、入居者の意識レベルが同じという店ではうらやましいです。これから、お年寄りの一人暮らしが増えていくと、ペットと暮らす人も増えると思うのですがね。
飼うならば一戸建てでしょうか。ペットにもストレスを与えない環境を用意しやすいと思います。
ペット共生をアピールしているということは、通常ではペットは飼えないということなので、とても淋しいです。賃貸で飼ってはいけないペットを内緒で飼っていたことがありましたが、ストレスが貯まったようでかわいそうなことをしてしまいました。なぜペットと暮らしてはいけないのか、とても不思議に思います。ペット共生をアピールしなくても、自由にペットと暮らせるとよいのですが。
ペットを飼いたいが、共働きで子供も小さいので世話をする人がいない。
以前はペットなんて家が荒れるし、においもつくし、と毛嫌いしていたが、いざ自分の家で犬を飼いだしたら、そのヒーリング効果には驚いた。犬の体をなでているだけで気持ちが落ち着くし、すなおな目で見つめられるとジーンとくる。
ペットを飼うために一戸建てにしたが、最近はマンションでも飼えるので損したような気がする。
ここいら辺は外飼の犬、猫が多く、鳴き声、糞尿の匂い、獣臭等に大変迷惑を被っています。家の中で他者にあまり迷惑をかけずに飼う事はとてもよい事だと思います。動物を飼うことのマナーがもっと向上する上でも、ペット共生住宅は有効かもしれませんね。
そういうマンションなどがあってもいいと思います。
生き物を飼う人たちに本当のモラルが定着しなければ集合住宅であるが故のトラブルは避けられないとおもう。
ペットは、家族です。結婚当時、妻がつれてきたペットのご飯を「えさ」といって、殴られました。
メーカーの努力はすばらしいと思うが、個人のしつけがそれに追いついていないように思う。
一戸建てなら充分。
確かに、ペットOKというマンションが増えて来たと思います。でも、「犬は好きだけど猫は絶対ダメ」だとか「絶対爬虫類」だとか、個人の好みは様々です。ペットがもとで住民同士の争いにならないのか心配です。一戸建てでも極端な例ですが数ヶ月前の栃木で近隣との些細なことで殺人まで起こっている位です。家族の一員としてのペットが、飼い主や近隣の不要なストレスを生まない様な建築計画と、飼い主としての責任が必要と考えます。   どうしてもペットは飼い主より先に亡くなってしまうのですから。
一人暮しの方などには、ペットは必要らしいので、今後増えるといいのかもしれません。ただ、個人的には犬の鳴き声などが気になるので、そういう住宅には住まないと思いますが。
昔勝っていたペットが死んでしばらく飼わなかったが,やっぱり寂しくて,いまのペットを買ってしまった,現在我が家の一員で,家の中で飼っています。しつけをしたので,糞尿は気になりません。これからも,いつもいっしょに生活したいと思うので,ペット用に,自宅の改築を現在考え中です。
とてもいい事だと思います。
マンションなので犬もネコも変えないのが非常に残念です。できればペットと暮らしてみたいです。
ペットを飼いたいと思わないのでどうともいえない。
アパートのため犬猫は禁止。なのでハムスターを2匹飼っていますが、不衛生にならないよう、トイレやケージの清掃は欠かさず定期的に行っています。ペットの問題はタバコと似ているところがあって、苦手な人への配慮は不可欠ではないでしょうか。飼い主だけが良ければ、満足できればそれでよしというルーズな飼い方をしていたら、ペット達にしてみればきちんとしたしつけや食餌を受けられない、与えられないわけですから、深く考えずに人間の食物を安易に与えるのと同様、不幸なことこの上ない。最近ではペットOKのマンションが増えてきましたが、住民同士よく話し合い、しっかりとした規約を作って各自が遵守する心構えがペット達の命と生活を守るためにも大切だと感じます。ほんの気まぐれで飼って、都合が悪くなったら捨ててしまう・・・ルーズな人には生き物を飼う資格がないと思います。犬猫など大型のペットには、飼い主の責任を追及するためにも、識別チップを埋め込む時代に来ているのかもしれません。
子供のときからずっと猫がいる生活でした。猫のいない家には住めないです。
その人、その人に合った生き方があるのだから、、自分がよければ、良いのではないかと思う。
最初から一緒に生活する事がわかっていれば、それなりに飼いやすい環境つくりは必要だと思います。
動物園は好きなのですが、ペットを自分で・・・っと、考えると、プラス面よりマイナス面のほうがはるかに大きくのしかかります。特に、ご近所などのペットでの迷惑を感じると、ペットの飼い主になることが、私自身、気を使って、ストレスが溜まりそうです。ペットを飼っているみんなが思っているより、はるかにペットを飼っていない人は、嫌な思いをしています。そのことをもっとハッキリ知って欲しい。
ペットを飼うのは個人の自由なのですが、近所に迷惑をかけないことが第一です。つないでおく、フンの始末をするなどは最低限のマナーですね。
ペット専用の、どんなに汚してもよい部屋がひとつあると安心
人間だけが住む家というのは人間の自然に対する驕りだと思う。少なくとも犬と共存できる家が必要。
年を取ってからは、いい同居人になるような気がする。
始めからそのように造られていればいいと思う
そういうところのすみたい
ご近所に迷惑をかけることなく買主が常識をもって生活するのであればそれはそれでいいと思う。子供がいない家庭や一人暮らしの人などにとってはペットと一緒に暮らせる住宅は魅力的だと思う。
ペットは大事な家族の一員。子供同様に快適な環境でペットも暮らせるような集合住宅がどんどん増えてくれればいいと思っています。現在の賃貸マンションは残念ながらペットは飼えないので、「ペット可」のマンション広告を見ると、思わずそのメーカーに好感を抱いてしまいます。
動物が人間の住まいに順応できるとは考えられません。動物が動物が人間の為に建てられた住まいに順応できるとは考えられません。私が幼い頃、父が犬3匹、あひるなど飼ってた時は土地が広く、隣には川があり、動物自体のびのびしていました。引越しして庭が無くなり、両隣に家ときたときにはさすがに犬もアヒルも手放しました。その当時トラックで市内をぐるぐる廻って、知り合いにあげて来たのにも関わらず、鎖を外して新居に夜、戻ってきたということを聞きました。父とナチ(犬の名)は深い絆で結ばれていたのだと感じました。でも、環境が変われば、インコやメジロを飼うしかなかったのです。ペットが住みやすい環境は限られてくると思われます。
50歳代以上のコメント
  実際に見たことがありますが やはりそれなりのスペースがないと実現できませんね。
ペットに優しい住宅を考案したのは、素晴らしいことと思う。消費者は選択の幅が確実に広がったのだから。まして購入してから自分の理想の為に無駄な改造をしなくて(一部の人にとって)地球にも優しくなれるのだから。
友達はペットが好きで飼っている。遊びに行った時だけ私もペットと楽しめるのでペット共生の家があればいい。自分には必要ないが友達などはきっと良いと言うと思う。。
集合住宅での対応には余り興味がありません(ペット間の相性があるので)ペットを飼うのは一戸建てに移ってからだと思います。
ペットは飼う気が無いので興味が無い。
『ペット』、『飼う』という言葉は嫌いだ。『ペット共生』も同じ。人間の身勝手が生んだ言葉で彼らが自ら望んだことではないと思う。ずいぶんと昔、猿の惑星という映画を見て其れがSFの世界やパラレルワールドとは思えずいまだに強く感じている。「ペットと住まい」という言葉が巷に氾濫し、テレビCMも良く見かける。老婆が犬を抱きしめ『最後まで一緒』というのを見て心温まる思いと物悲しい思いが交差する。子供や孫の存在がまるで感じられないのは私だけだろうか??。マンションに住んでいた頃、野良猫が何匹も住みついていた。皆、丸々と太り悠然と徘徊していた。皆が餌を与えていた。部屋の中にはいれないという『不文律』が有り、彼らもまた悪さをしなかった。管理組合の議題にも挙がらなかった。ルールは人間だけにあるのではなく、彼らにも存在すると痛感していた。住み良いというのは時として「自分に都合の良い」ということが先走り他への配慮が見失われる。自分にも都合良く皆にも都合良いという観念が無ければ「ペットと住まい」への入り口もままならないと思う。
とても良いと思う。
ペットは飼うつもりはないので興味ない。
現在は世話をする事が出来ないので飼っていませんが 時間的余裕がもてたらまた飼いたいと思います。
ペット可のマンションで暮らしたこともあるが、汚れ、泣き声の影響が気になり、自宅だけで解決がつかない。
一戸建てで、猫を飼っていました。猫は、住みかを中心にテリトリーを持つ生き物で、毎夜見回りに出かけます。ところが両方のお隣さんはどちらも大の猫嫌い。猫を飼っている間、「ヒェ〜!!」の悲鳴に身を縮めて謝りに行き、「アッ、ネコやーぁ!!」ドタバタ箒を持って追いかけている所へ走っていって謝り・・・と・・・ペットを飼える家であることも大切ですが、その前にお隣さんが好きかどうかを知っておく必要がありますね。
共存できれば良いと思う。
温かみのある生きたペットを通じて、癒されることが実証されています。 人間の一方的なエゴ???で飼うのではなく、家族の一員として生活できるのはペットにとっても人間にとってもとても良いと思います.
小学生のときに可愛がっていた犬が朝起きたら死んでいて、目を泣きはらして学校に行った悲しい想い出が忘れられません。こどもの情操教育としてはいいと思うのですが。ただ夫婦共働きの家庭では十分な世話もできないし、旅行もできないので飼いませんでした。
年をとって、旅行など遠出ができなくなったら、飼いたい。
子供の時、ネコを飼っていて一緒に寝ていたら子猫を生んだことがある
子供の頃犬を飼っていたが紐が首に巻き付いて死んだのでそのときの悲しさが忘れられなくてペットを飼うのが今でもいやである
やはりどんなペットでも、飼うとなかなか可愛いもの、特に年老いてくると、なおさら可愛さが増してくると思われる。
業者はペット共生が可能なのを売りにするのは良いのですが、近隣住民とのトラブルが起きないようにする配慮も大切だと思います。その点を考えて住宅販売をしていただきたいと思います。

 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |