すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
コミュニティ   トップページ >> コミュニティ >> アンケート  
 本棚
 アンケート
 ブログ
 メールマガジン
 

 コミュニティ


 アンケート


第25回
01. 眠り ”人生3分の1の幸せ”
02. 子供部屋 2

アンケート実施期間:2003/4/10〜4/30  有効回答者数: 316人(男性128人 女性188人)


『眠り ”人生3分の1の幸せ”』
「春眠暁を覚えず」の季節ですね。
最近では低反発素材の寝具に人気が集まる一方で、
睡眠障害などの問題も盛んに取り上げられ、
「眠り」に対する関心が高まってきています。
寝具、光、香り、音など、 五感を鎮めて安眠を。
あ、あとお腹も。
空腹だと眠れませんもんね。

あなたの眠りの空間は満たされていますか?



*快眠法01*
仕事柄どこででも寝なければならないので気合で寝る。
(男性 33歳)

*快眠法02*
理想で言えば。
ゆっくり最低1時間は入浴。
エッセンシャルオイルでリラックス風呂に入り、手作りの良い香り&泡ぶくぶくで
お肌しっとりの石鹸で全身を洗い上げ、頭皮マッサージに全身マッサージ、フェイスマッサージにパック。
風呂上がりは優しい肌触りのふんわりしたパジャマ。
髪を乾かし、全身に良い香りのローションをパッティング。
ハーブティーを一杯。
昼間干しておいたふかふかの羽布団で枕元にはラベンダーを中心にブレンドした
安眠用リラックスのエッセンシャルオイル。
・・・・なんだけんども。
実際には朝6時起きで1日立ちっぱなし動きっぱなしの仕事、PCのメールチェックの途中で意識は跳び、
目覚ましセットするのがやっと。疲れが取れないと分かっちゃいるけど風呂も入らず
下手するとセーターのまま、ともするとちゃんちゃんこ着たまま朝を迎える事も。
で、毎朝バタバタと朝風呂に入り、電車に駆込む・・・
休みの日くらいしかゆっくり風呂にも入ってない生活が最近続いております。
(女性 30歳)

Q1. あなたの平均睡眠時間はどのくらいですか?

全体の平均睡眠時間を計算してみると、6時間22分でした。
男女別では、男性の方が、年齢層別では、30代・40代の方が、睡眠時間が短いという結果でした。

*快眠法03*
北向きで寝る (男性 35歳)  
 ・・・え?本当に?
Q2. あなたはベッドで寝ていますか?それとも布団で寝ていますか?

意外や意外。布団で寝ている方のほうが多いですね。
布団で寝ているのは、30代と50代の方が、他の年齢層に比べて若干多いのですが、
これは、30代は「省スペースのため」、50代以上は「ベッドより布団派」というところでしょうか?

そういえば、私の友人は「酔っ払うとベッドから落ちるから布団にした。」と言っていましたっけ・・・

*快眠法04*
何か気になることがあると絶対に眠れないので、部屋を綺麗に片付ける、子供をトイレに連れて行く・・・
など一連の毎日決まった行動をこなすのが、私の快眠方法です。
(女性 28歳)

*快眠法05*
気持ちよく酔える程度にお酒を飲めば、快適に眠れる・・・のに、なかなか妻は寝酒を許してくれません...。
(男性 44歳)

Q3. “枕が替わると眠れない”といいますが、あなたはどんな枕を使っていますか?(複数回答可)

低反発枕を使っている方が、全体の15%もいます。
これは40代に多く、人気の高さがうかがえます。
男性の28%がそば殻枕(女性は19%)、女性の6%が枕はしない(男性は3%)と、
硬め・高めの枕を好む男性、色々試した結果枕なしに辿りついた女性?
その他を選択された方は、どんな枕を使っているのでしょうか?

*快眠法06*
まず、休日前で特にその休日の午前中に何の予定も無い場合はアルコールをぬいて、
ビデオ鑑賞とかパソコンとか「もう眠くて目をあけていられない!」まで起きてます。
次に、次の日が仕事の場合、帰宅して風呂へ入り食事してテレビを見ながら軽く飲みます。
どんなに仕事で遅く帰宅しても、この、いつもの工程で進めないと、なんか気持ちが高ぶっているというか、
早く寝なければいけないのに寝付けません。 また、そういう日に限ってアルコールの量も多くなります。
従って、私の健康と快眠には、より多い休日と少ない残業が必要という事になります。
(男性 44歳)

*快眠法07*
主人のイビキがうるさいので、耳栓を利用しています。
最初は違和感があったけど、慣れるとこれがないと眠れません。
小さな物音が気になって目が覚めてしまう方にはオススメですよ。
(女性 29歳)

Q4. 眠る時、あなたは部屋の明るさはどのくらいがいいですか?

半数近くが「真っ暗」な部屋で眠りたい、と思っています。
中でも、20代以下にその傾向が強く見られ、年齢層が高くなるに連れ減っていきます。
逆に50代以上の方は「月明かり程度」、
30代の方は「豆電球など、スイッチの位置が判る程度の明るさ」
をお好みです。
*快眠法08*
ナイトキャップとしてのアルコール。
ただし,歳をとるとトイレに近くなるので,かえって安眠できなくなるのがこまります。
最も良いのは,肉体的に疲れきること。夕方に眠くなってもコラエてコラエてベッドに入るのが一番です。
なお,寝室のあかりは足下のナイトライトがいいと思います。
(男性 62歳)

*快眠法09*
お風呂上りにストレッチと足つぼマッサージで体を冷やさないようにして、温かいマシュマロミルクを飲んで、
お気に入りの雑誌などを持ってベットへもぐりこみます。
気づいたら寝ていて、朝起きると本が折れ曲がっていること多々あり。
(女性 27歳)

Q5.  気持ちよく眠るために、あなたが気を遣っていることは何ですか?(複数回答可)

全体の8割近くの方が、何らかのかたちで眠るために気を遣っています。
1位は「寝具」、2位は「明るさ」、3位は「気温」です。
また、年齢層別に見ると、
30代の方は「気温」「湿度」の室内環境に、40代の方は「明るさ」に、
50代以上の方は「寝具」「寝間着」など肌に触れるものに気を配っています。

*快眠法10*
ぐっすり眠るために寝る前の部屋の湿度と室温調節には気をつかいます。
冬は乾燥しすぎて夜中に喉が枯れ顔がバリバリすることがあってから、
結露ができない程度の適度な湿気を補ってから眠るようにしています。
(女性 31歳)

*快眠法11*
最近ベッドを導入したのを機に、もともと嫌いだった寝間着をやめました。
素肌にシーツが気持ちよく、体にまつわりつくものがないので、リラックスして気持ちよく眠れます。
(女性 38歳)

Q6. リラックスして眠るために、あなたが寝る前にしていることは何ですか?
   例えば、ゆっくりお風呂につかる、ストレッチ体操をする、お酒を飲む、誰かと話をする…。
   その他、あなたの快眠法をご自由にお書きください。
コメント集から抜粋してみると、
飲み物は、酒、ワイン、ウィスキー、珈琲、紅茶、牛乳、ジンジャーミルクティー、ホットココア、
ハーブティ、生姜紅茶、番茶、冷たい水など多種多様。
男性はもっぱらアルコール、女性はバラエティ豊かです。
体を動かすことは、腹筋や軽い体操、ストレッチ、足裏マッサージ、ふくらはぎのマッサージ、
足つぼマッサージ、腹式呼吸で深呼吸など。
男性はそこそこハードに体を動かし、女性はマッサージ中心。
他に、お香を焚く、アロマランプをつけるなど。

*快眠法12*
掃除。部屋が汚れていると気持ち悪くてよく眠れません。
時間がない時は、机の上だけでもきれいにします。(物がのっていないように。)
(女性 34歳)

*快眠法13*
「眠るのにも体力がいる」ということを聞き、しっかり夕飯を食べるようにしてから、よく眠れるようになりました。
もちろん食べてすぐは寝ませんが...
(女性 39歳)

>> other comments
   女性のコメント       男性のコメント
20歳代以下のコメント
  音楽を聴く
ヒーリングミュージックを聴きながら眠るのが最高です。
本を読む
眠さが限界になってから寝る
温かいミルクを飲んでから寝ます。体も温まり、ぐっすり眠れます。
本を読みます。すると自然に・・・。
寝る前にホットミルクを飲みます。
牛乳を飲んでます。
大好きな小説を、1話読んでから寝ます。
本を読む。活字見てるとそのうち眠くなります。
寝る前には、ストレッチをしています。身体を動かすことで、リラックスした状態で眠りに就くことができます。
入浴剤を入れる。
ジンジャーミルクティーを飲む。
眠れない場合は温めた牛乳を飲むか、小説を読みます
婚約者と抱き合って寝る
電話で友達と話をする。足裏マッサージをする。
眠くなれば寝るだけで特になにもしていない。
ふくらはぎのマッサージだけは欠かしません。やるのとやらないのでは 足のだるさが全然違って やった後は足が軽くなった感じで快適に眠る事ができます。むくみも取れて一石二鳥です。
好きな香りのお香を焚きます。かなりリラックスしてすぐにぐっすり眠れます。
風呂に入って体を温めてから寝た方が、朝起きたときのスッキリ感は大きいような気がします。デスクワークが多いと精神的には疲れているのに、体は疲れていないことが時々あります。そういう時は、ストレッチをしたり、筋トレをしたりして体を使うとよく眠れるようになります。
ホットミルクを飲む。
リラックスして一番よく眠れるのは、天気のいい日に干し、ふんわりした布団の上で眠るときです。どんなにいらいらした夜も、寝転んだときのお日様のにおいで本当にリラックスして眠ることができます。
風呂に入る
コーヒーを飲む
お茶を飲む
何もしていません。何もしなくても、朝まで熟睡です。
少し体を疲れさすためにストレッチをしています。
ダンナと寝る
お酒を飲む
2時間前ぐらいから、部屋の照明を間接照明にし少し暗めの中でお酒を飲んだり、音楽を聞いたりする。
真っ暗にして寝る
寝る前に蜂蜜入りホットミルクを飲む。
眠くなるまで寝ない。
お風呂上りにストレッチと足つぼマッサージで体を冷やさないようにして、温かいマシュマロミルクを飲んで、お気に入りの雑誌などを持ってベットへもぐりこみます。気づいたら寝ていて、朝起きると本が折れ曲がっていること多々あり。
暗くする
やっぱりお酒ですね。眠れない時にはメラトニン使用。
ゆっくりお風呂につかり、水分補給をしてソファーに座りゆったりすごす。そして、寝る30分程前に紅茶を飲んで体を温め、気持ちをゆったりとさせてから寝る。
考え事をしないようにする。
何か気になることがあると絶対に眠れないので、部屋を綺麗に片付ける、子供をトイレに連れて行く・・・など一連の毎日決まった行動をこなすのが、私の快眠方法です。
お酒を飲んで寝る
ゆっくりお風呂につかる
パソコンやテレビは寝る15分前には消す。
お風呂に入ってよくあったまる。
ゆーっくり、風呂に使って、ビールを飲む。
冬は温かいココアやミルクを飲みます。
残念ですが忙しくて気を配る余裕がありません。本当は本を読みながら寝るのが好きです。
本を読むと眠くなります
お酒を飲む
夫と同じ時間に寝ると安心する。特に夫が先に眠ってくれると安心して眠れる。
ビールを飲みながらテレビを見ていると自然と眠りに誘われます。
読書
漫画を読む
あまり昼寝をせずに、夜は早く布団につく。基本的に朝早く起きてランニングを行っているので、結構疲れて夜は苦労せずにぐっすり眠れます。
半身浴をゆっくりして、ベッドで好きな本を読みながら寝る。
主人のイビキがうるさいので、耳栓を利用しています。最初は違和感があったけど、慣れるとこれがないと眠れません。小さな物音が気になって目が覚めてしまう方にはオススメですよ。
社会人になってからというもの、寝つきが早い!しっかり仕事をすることこそ、快適な睡眠への近道なのではと最近思うようになりました。
たばこを吸う
子供の寝顔を見る。
軽くお酒を飲む
ゆっくりお風呂に浸かって疲れをとる。冬なんかだと体もぽかぽかとして暖かく眠れる。
楽しいことを考える
30歳代のコメント
お風呂にゆっくり入る。
本を読む
短時間でできる用は寝る前に済ませてしまう。
ゆっくりテレビを見る
ビールを飲む
取り留めもないことを放送しているテレビ番組を、見るともなしに見ている。
理想で言えば。ゆっくり最低1時間は入浴。エッセンシャルオイルでリラックス風呂に入り、手作りの良い香り&泡ぶくぶくでお肌しっとりの石鹸で全身を洗い上げ、頭皮マッサージに全身マッサージ、フェイスマッサージにパック。風呂上がりは優しい肌触りのふんわりしたパジャマ。髪を乾かし、全身に良い香りのローションをパッティング。ハーブティーを一杯。昼間干しておいたふかふかの羽布団で枕元にはラベンダーを中心にブレンドした安眠用リラックスのエッセンシャルオイル。・・・・なんだけんども。実際には朝6時起きで1日立ちっぱなし動きっぱなしの仕事、PCのメールチェックの途中で意識は跳び、目覚ましセットするのがやっと。疲れが取れないと分かっちゃいるけど風呂も入らず下手するとセーターのまま、ともするとちゃんちゃんこ着たまま朝を迎える事も。で、毎朝バタバタと朝風呂に入り、電車に駆込む・・・休みの日くらいしかゆっくり風呂にも入ってない生活が最近続いております。
お風呂上りにマッサージをする。
耳栓をする
しばらく本、雑誌、漫画等をゆっくり読んでから寝ます。
昼間寝ないようにする。
お風呂にのんびり入って、寝る前にホットミルクを飲む
子供に必ず絵本を読んであげてから寝ます。最近は子供と一緒の時間に寝て、朝早く起きています。
昼間良く動く
入浴剤を入れたお風呂にのんびりとつかり布団に入ってから30分位読書をしてからねむるようにしています。
温かいコーヒー・紅茶を飲んで体をあたためてから寝ます。習慣になると?カフェインは関係なくなるみたいです。あと子どもみたいですが、昼間よく動いた後は疲れてすぐ眠りに入ります。これって快眠法??
お酒を飲む
ぐっすり眠るために寝る前の部屋の湿度と室温調節には気をつかいます。冬は乾燥しすぎて夜中に喉が枯れ顔がバリバリすることがあってから結露ができない程度の適度な湿気を補ってから眠るようにしています。
ゆっくりお風呂に入って冷たい水を飲んで寝る。
安眠の為、最近テンピュ−ルの枕を購入しました。使い初めた当初は朝目覚めると首が痛くて失敗した!と思ってましたが、2週間位で枕に慣れ今では安眠必衰アイテムです!
寝る前にホットミルクを飲むことです。
特に何もしなくても熟睡。
ジムに通って運動する
いびきのうるさい旦那と別に寝る
薬を飲む。
トイレに行く。
今は子供の夜泣きのため、まとまって眠れることはここ2年ありません。ということで、“リラックスして寝る”というより、“少しでもたくさん寝る”ために、必死(^^;)
とにかく眠くなるまでは寝ないことです。ものすごく眠くなってからベッドに入ると、本当に気持ち良く眠りに入れるので。
本当にぐっすり寝たい時は「下戸」なので、あえてお酒を少量飲んで寝ます。そうすると、ぐっすりzzz。普段は寝る前に好きな音楽、ジャズピアノを数曲聴いてから床に入ります。それと寝る時は日中身体を締め付けているパンツやら靴下やらの「ゴム」から身体を解放してあげます。なるべくゆったりとした寝間着を着て寝ています。
入浴剤のお風呂につかる
子供2人に添い寝しているので、しょっちゅう蹴られたりして、快適な睡眠とは程遠いです。
お酒を飲んで寝る雨戸は閉めて真っ暗にする
一人でのんびりお風呂に入ってから寝る
そんなことは何もしなくても育児疲れですぐ眠れる。
ベッドに入ってから30分は必ず読書をしています。日によって違うものを読んでいますが、平日は小説、休日はフード、ファッション等の雑誌です。
湯船につかり、出たらストレッチ体操をして、寝る。
出来る限り暗くして、音を遮断するように努力しています
仕事柄どこででも寝なければならないので気合で寝る
とくにありません。眠くなってから寝ること・・・かな
寝る前はバタバタしていて、何もできません〜。
よく寝付けないときには、時々、世に言う「リラクゼーション音楽」なる曲をかけています。たとえば、バッハやショパンなどは非常に人を眠りに誘うのにいい調子です。だから、車の中では聞けないなと、いつも感じています。
子供と話をする
寝る前にお酒を飲むこと。
特に無い。疲れてるので、布団に入ったらすぐにグッスリ。
薄い番茶を飲む。
毎日疲れているので割とすぐに眠れるので特にしていることはありません
特になにもしていません
腹式呼吸で深呼吸する。これをやると、寒い冬でも体が暖かくなり、眠りにつきやすくなる。それから、耳栓をすること。いびきで起こされることがなくなって、とてもいい。
お風呂上りはなるべく早く寝るようにする。
ゆっくりお風呂につかる
ギリギリまで起きていて寝るのですぐに眠ってしまう。
布団に入ってから寝入るまでの間、いろいろ考えてると思考することに夢中になってしまい、眠れなくなってしまうのですが頭を空っぽにすることもなかなかできません。なのでアメリカの50州を挙げてみたり、ひとりしりとりなどくだらないことを考えることにしています。
現在勉強中のものを反復しながら眠る
疲れているのか考える間もなく寝てしまいます。
旦那と一日のことを話しながら晩酌して寝ます。
何も考えないようにする。眠たくなるまで布団には入らない
寝酒を飲む。
ゆっくりっひとりでテレビを見る 
ぬるめのお湯にゆっくり浸かったあと、適度な量のお酒を飲みながら好きな音楽を聴いたりインターネットで気分転換してから寝るようにしています。
ホットココアやホットミルクを寝る前に飲むことが多いです。ミルクは安眠を誘うと何かで読んだので。
湯冷めをしないうちに寝る
北向きで寝る
寝つきが悪いので眠くってどうしようもなくなるまで起きている。そうしてぐっすり眠れば幸せです。
寝酒
寝る30分前には電気を消し、テレビもオフタイマーをセットしてそのまま寝てしまうことです。
お酒を飲む・・かなぁ
娘に抱き着いて寝るととってもいい匂いがしてふわふわしてて、気持ちいいです。
何もしなくても寝すぎるほど眠って逆に困る。
軽くストレッチ体操をして体のゆがみをチェックする
掃除。部屋が汚れていると気持ち悪くてよく眠れません。時間がない時は、机の上だけでもきれいにします。(物がのっていないように。)
血行がよくなる体操をする、アロマランプをつける。
お酒を飲む
今は子どもにおっぱいをあげながら眠るのが快眠です。・・・5月1日で卒乳予定なので、それからは何になるかしら。やっぱり、寝かしつけしながら眠れたら、幸せかも。子どもが寝てからしか出来ない事も多いので、なかなかそうはいきませんけど。
ホットミルクを飲んで寝る事
お酒を飲む
毎日お酒を飲んでたんですけどダイエットのため禁酒中です。
ベッドに入って、読みかけの本を読みます。けっこうすぐに眠たくなってくるので、その後、アイピロー(タオル素材でビーズの入った、香りのついたクマ)を目に乗せたらぐっすりです。
軽く読書をする
特に何もせず眠れてしまいます
かなり不規則な生活をしておりますので、寝る時間を確保する方が重要で、眠れないということはまずないいわゆる「墜落睡眠」です。というわけで、安眠のためというわけではないですが、寝る前にハーブティはよく飲みます。カモミールやラベンダーは体も温まり、寝る準備にも最適ですね。
軽い体操
腹筋
冷え性なので冬場はなかなか寝付けないことが多いです。少しでも気持ち良く眠りにつけるように、お風呂に入ったら身体が冷えないうちに布団に入るようにしています。
かけ布団に何をかけるか気を使っている。朝方、寒かったり、反対に暑くて眠れなくなったりするので。
いままで布団で寝ていましたが新築を機会にベッドを買いました。妻も私も腰痛持ちなので,ダブルマットで,寝たときに体にフィットするような感じのものを買いました。少し値段が高かったのですが,固すぎず柔らかすぎず,毎日快眠してます。
子供と一緒にストレッチ&腹筋10回。
「眠るのにも体力がいる」ということを聞き、しっかり夕飯を食べるようにしてから、よく眠れるようになりました。もちろん食べてすぐは寝ませんが...
ゆっくりお風呂につかること。
ゆっくりお風呂につかったり、読書をしています。
少しぬるめのお風呂に、ゆっくりつかる事ですね。全身がほぐれます。
ゆっくりお風呂につかる、ストレッチ体操をする、お酒を飲む、誰かと話をする…。う〜ん、そのままです。
楽しいことを考えて寝る
ただうつぶせになってねる。
本を少し読んでから寝る。
お風呂に入る、子供たちに絵本を読む 子供を抱っこする
音楽をかけて寝ます。いつのまにか寝てしまいます。
運動する。お酒を飲む
家にいる限りリラックスしているので特に何もしていない。横になってから本を見る(読むのではない)くらい。
洗濯物を干し終わったら、即子供の添い寝。
ラジオを聞きながら寝る。
ウォーキングなどの軽い運動をする。
お風呂にはいって、ビールを飲んで、テレビをオフタイマーにセットして、子供にひっついて寝る。
風呂につかって、しばらくくつろぐ。
本を読みます。読む気力のない時は大好きな植物や鳥の写真集を眺めてから寝ます。
ベッドで本を読む
妻にマッサージしてもらう。
とにかく足が冷たいと眠れないので、足を暖める。方法としては、お風呂は寝る直前に入る。簡単な全身運動をして血行をよくする。生姜紅茶で体を温める、等々。
最近ベッドを導入したのを機に、もともと嫌いだった寝間着をやめました。素肌にシーツが気持ちよく、体にまつわりつくものがないので、リラックスして気持ちよく眠れます。
40歳代のコメント
  ゆっくり半身浴
やはり、お風呂に入るとぐっすり眠れるようです
目隠し
深夜テレビ番組を見ていると、あまりの退屈さのため、いつの間にやら寝てしまっていることが多いです
マンガを読む
コ−ヒ−をのまない
お風呂は長めにはいる
腹筋をしています。
特に何もしていませんね。ただ、枕が柔らかいと眠りが浅くなるので枕は固めのものにこだわっています。
酒をのむ
ラジオを聞きながら・・・。
お気に入りの本を読むこと。推理小説などは結末が気になって夜更かしして読んでしまうのでダメ。私にとっては詩集とかエッセイなどが幸せに眠りにつける本です。
ホットミルクを飲む
1日30時間欲しいくらいの多忙のため、横になるとバタンキューで、ゆっくり眠りたいというのが本音です。削れるのが睡眠時間という感じ。できるだけ寝る前にお風呂に入ることが、幸せな気分で床につけます。
晩酌です。おかげで何もせずとも快眠です。
眠る前にホットミルクを飲む
妻と会話をして、ゆったりした時間を持つこと。
お酒を飲んでいますが、飲みすぎるとかえって眠れなくなるので、適量が難しいです。
本を読んでいます。
腹筋運動をする。
寝室にテレビを置いて、タイマーにして眠ります。寝るときにシーンとしていると余計なことを考えて目が冴えてくるので・・。
寝る前、という範疇を拡げてしまえば、その日一日(つまり起きてから寝るまでの間ずっと)充実していれば、夜にはその緊張がほぐれ、あっという間に寝てしまいます。
ゆっくりと好みの入浴剤いりのお風呂にハイって、風呂上りにミルクを飲んでから寝る。枕のそばにラベンダーのサシェを欠かさない。
深呼吸
なるべく明るい気持ちに切りかえる。たのしいビデオを見てから寝るとか…。心配ごとがあると寝られないので。
お酒を飲んで、ゲームをして寝る。
妻との談笑です。
ゆっくり入浴した後、軽くお酒を飲む。
風呂でのぼせる
お風呂にゆっくり入り、サッパリとしてから眠りに付くのが一番です。
寝る前に楽しいことを考える。または自分の時間を持ち、くつろぐ。
ゆったりとくつろいでテレビを見る
寝る前にお風呂に入る
軽いストレッチをして・・・と平均的な事柄を書いて、すましていたい気持ちはままあれども(笑)実は殆ど何もしていません。頭が煮えたぎるまで、好きなPC自作について独学。ネットで個人HPを訪問したりして、電脳知識の海を堪能するだけ。情けないことにアナログ人間なもので、すぐにオーバーフロー状態になり簡単に寝付けます(爆)。私にとって究極の快眠法かも。
寝る前にボーットする
お酒を飲んでぐっすりと眠る。
読書
ゆっくりお風呂につかる
肩凝りがひどいので、軽いストレッチをしています。
眠る前には必ず小説を読みます。なるべく長編のものが良いですね。歴史物の大河小説などが寝る前には合っています。面白くてどんどん読み進んでしまうサスペンス物などは不向きですね。一度読み終えた小説などをじっくり読み返すなんていうのが特に良いです。
読書をして、眠くなったら、そのまま寝るのが、だいすきです。
風呂に入り温まる
メールのチェックと腹筋体操をしています。
本を読む
気持ちよく酔える程度にお酒を飲めば、快適に眠れる・・・のに、なかなか妻は寝酒を許してくれません...。
子供に本を読んでやると、自分自身も眠くなる。
まず、休日前で特にその休日の午前中に何の予定も無い場合はアルコールをぬいて、ビデオ鑑賞とかパソコンとか「もう眠くて目をあけていられない!」まで起きてます。次に、次の日が仕事の場合、帰宅して風呂へ入り食事してテレビを見ながら軽く飲みます。どんなに仕事で遅く帰宅しても、この、いつもの工程で進めないと、なんか気持ちが高ぶっているというか、早く寝なければいけないのに寝付けません。また、そういう日に限ってアルコールの量も多くなります。従って、私の健康と快眠には、より多い休日と少ない残業が必要という事になります。
お酒を飲む。小説を読む。
寝る時間が来たら寝るのではなく、眠くなったら寝る。
お風呂に入る。
お酒を飲む
ココアを飲む
温かいミルクを飲む
ありきたりですが、発泡酒を一杯だけ飲んで寝ます。残業が多く、帰って寝るだけの日が多いのですが、仕事の興奮を覚ますために飲んでます。習慣性にならないようには気をつけています。
寝る前に少しお酒を飲む
特に何もしていません。いつも横になるとすぐにバタンキュ〜です。
50歳代以上のコメント
  ホットミルクを飲む
ヒーリングCDを聞きながら寝ます。気分が穏やかになってきてスッと寝付けますよ。
布団の中で本を読む
寝酒でビールを飲む習慣が付いてしまいました。
お風呂にゆっくり浸かって一日の疲れを取ってから寝る
何もしなくてもすぐ眠れる体質です。
音楽を聴きながら寝る
眠くなる迄本を読む
風呂に入って寝る前に好きな本を適当に読んで眠くなったら寝る。これが最高。
くすりをのむ
15分間のストレッチ体操
寒い冬、お風呂でよーく暖まってからすぐ布団に入ります。そして布団の中で仰向きになって、地球の引力を感じながら2〜3度ゆっくり息を吐くともう夢の中です。最高ですね。
如何なる態勢でも目を閉じて『寝るぞ〜』と決めれば、ぐっすり。他人が羨むほど寝つきは良いほうだ。快眠グッツには縁が無いし、寝るために何かをするということも無い。一生懸命働き、遊ぶ。良い意味で『へとへと』に為ることが大事だと思う。独身時代の嫁はんは不眠症で悩んでいたらしいが、私と所帯を始めた途端、バタンキュー。今では私以上に寝つきが良い。寝れないとか食べれないとか云うのは『DNAの中に有る体内時計』に合致しない事だ。生活がリズミカルであれば起こり得ないことでもある、、、云々。、、、と、えらそうに決め付ける小生
牛乳を飲む
酒を飲む
テレビを見ながら寝る
ストレッチをする。
ココアを飲む。
テレビを見て寝る
クラシックを聴く
ナイトキャップとしてのアルコール。ただし,歳をとるとトイレに近くなるので,かえって安眠できなくなるのがこまります。最も良いのは,肉体的に疲れきること。夕方に眠くなってもコラエてコラエてベッドに入るのが一番です。なお,寝室のあかりは足下のナイトライトがいいと思います。
寝酒(ナイトキャップ)として、ワインかホットウイスキーを飲んでいる。

 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |