すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
About us   トップページ >> about us >> ニュース  
 会社概要
 プライバシーポリシー
 著作権について
 リンクについて
 免責事項
 お問い合わせ
 ニュース
 掲載情報
 

 about us


 ニュース

2012年1月12日  「すまいと リノベーションタイプ」におけるスルガ銀行株式会社との提携について



 当社は、「建築資金出来高支払管理制度−すまいとマネープラン リノベーションタイプ−」にて新たに、 スルガ銀行株式会社と提携いたしました。
 この制度は、消費者がリノベーション(大規模リフォーム)を行う際に、ERIソリューションが消費者に代行して、 工事中の工事の進捗を確認し、出来高に応じてリフォーム会社に支払う資金管理エスクローサービスです。
 これにより本サービスの提携金融機関は、株式会社千葉銀行、株式会社八十二銀行と合わせて3金融機関となります。
 今まで、自己資金かリフォーム専用ローンを利用することが一般的だったリノベーション(大規模リフォーム)費用が、 提携金融機関より中古住宅購入時に、住宅ローンとして一括で融資されることになります。
 本サービスの利用により、リフォームローンと比べて一般的に返済期間が長く金利が割安な住宅ローンでリノベーション (大規模リフォーム)を行えるようになることで返済計画が立てやすくなるとともに、 工事の着工前に住宅ローンが実行されるので、融資条件(金利、借入金額等)が着工前に決まります。
 現在居住中の住宅のリノベーション工事の場合は個別のご対応になります。
詳細はこちらから

本リリースに関するお問合せ先 
株式会社ERIソリューション すまいと・コンシューマー事業部
Tel:0120-775-209 Fax:03-3475-3732
平成24年1月12日
株式会社ERIソリューション
代表取締役 増田明世



2010年12月3日  一般社団法人日本増改築産業協会との協力によるONE・STOP 大規模改修住宅ローン ご提供開始のご案内



 当社は、一般社団法人日本増改築産業協会(通称:ジェルコ)と協力し、大規模改修を行う消費者向けに「ONE・STOP大規模改修住宅ローン」のご提供を開始しました。
 これは、ジェルコ会員リフォーム会社で性能向上リフォームを行う消費者に対して、当社が提供する建築エスクロー制度「すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 ‐リノベーションタイプ‐」とジェルコが提供するジェルコインスペクション(建物調査)およびジェルコリフォーム履歴(住宅履歴)をONE・STOPでご利用いただけるようにするものです。
 いままで、大規模改修工事は、資金に余裕がある人か設備の故障などで必要に迫られた人が自己資金か金利が割高なリフォームローンで行うことがほとんどでした。この制度では、大規模改修工事資金を提携する金融機関から住宅ローンでお借入できるようになり、「中古住宅購入資金+大規模改修費用」を住宅ローン1本でお借り入れすることや「現在お住まいの住宅の住宅ローン残債の借り換え+大規模改修費用」を住宅ローン1本にすることができます。これにより利用する消費者は、住宅ローンで着工前に資金計画を容易に立てることができるとともに、建物調査、住宅履歴をONE・STOP化することで、安心して大規模改修を行うことができます。利用の際には、リフォーム瑕疵保険の付保が条件となります。

 なお、ONE・STOP大規模改修住宅ローンは、国土交通省平成22年度長期優良住宅等推進整備事業の採択を受けております。

本リリースに関するお問合せ先 
株式会社ERIソリューション すまいと事業部
Tel:0120-775-209 Fax:03-3475-3732
平成22年12月1日
株式会社ERIソリューション
代表取締役 増田明世



2010年12月1日  年末年始の営業のお知らせ



弊社では下記の通り、年始年末を休業いたします。何卒ご協力下さいますよう、よろしくお願い申しあげます。

1.年末 :2010年12月29日より休業
2.年始 :2011年1月4日より通常業務
3.進捗調査最終日 :2010年12月24日
3.振込最終日 :2011年12月29日
4.ご連絡先 :フリーダイヤル 0120-775-209

年末は工事進捗確認の混雑が予想され、建築主様の支払い確認にお時間がかかることも考えられますので、できるだけお早めに工事進捗確認依頼をご連絡いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。



2010年3月31日  社名変更のご挨拶



拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、この度ERIグループでは今後のストック型社会・サスティナブル社会の到来を見据えて既存の建築物・住宅並びに環境・省エネ関連分野における業容の拡大を図るため、「日本ERI株式会社」で行なってきたこれらの関連業務を当社へ移管することにいたしました。今後はERIグループの強みである建築分野の専門家集団としてのネットワークを活かしつつ、新しいビジネスモデルを確立することによって更なる発展を目指してまいります。
つきましては、平成22年5月1日をもって社名を「株式会社ERIソリューション」から「株式会社ERIソリューション」に変更し、平成22年6月1日から新しい体制で新業務を開始いたします。尚、すまいと事業については従来通りにて変更ありません。
これを機にグループ一丸となって皆様のご期待に添うべく努力してまいりますので、引き続きご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
敬具
平成22年3月吉日
株式会社ERIソリューション
代表取締役 増田明世



2009年10月27日 三井住友銀行との提携開始


株式会社ERIソリューションは、消費者が戸建住宅を建築する際に、消費者に代行して、建築中の工事の進捗を確認し、出来高に応じて工務店に支払う資金管理サービス「建築資金出来高支払管理制度「建築資金出来高支払管理制度(すまいとマネープラン)」にて、新たに三井住友銀行と提携いたしました。これにより提携金融機関は、千葉銀行、八十二銀行、ソニー銀行、スルガ銀行、埼玉りそな銀行と合わせて6行となります。
本サービスを利用いただくことで、工事の着工前に、三井住友銀行より、住宅ローンが全額実行され、工務店への中間金支払いのためのつなぎ融資を受ける必要がなくなります。
提携銀行から消費者に融資された住宅ローンは、信託口座に預けられ、株式会社ERIソリューションが、基礎工事完了時、躯体工事完了時など、工事の進捗を確認して、消費者に報告のうえ、支払手続きを行ないます。
これにより、消費者は、着工前に、住宅ローン金利等を確定することが可能となり、より安心して家づくりに取り組んでいただくことができます。
利用費用は、建築請負工事金額の1%プラス63,000円(消費税込)となります。

なお、三井住友銀行の住宅ローンをご利用の場合は、すまいとマネープラン利用条件の完成保証は、財団法人住宅保証機構が指定になります。すまいとマネープランご利用の場合は、案件毎に登録ができるエスクロー連動型完成保証制度がございますので、お問合せください。
今後もより便利で、安心なサービスをご提供できるように、サービスの向上と提携金融機関の拡大に努めてまいります。

以上
株式会社ERIソリューション

商品名
『すまいと提携建築ローン』
対応エリア 全国
特徴 その他は三井住友銀行住宅ローンに準じます。
その他
  • 「三井住友銀行ご利用の流れ」もご覧ください。
  • 建物完成後、最終金(建築資金の5%相当)のお支払い手続きの際に「検査済証(写)』の提出が必要です。
  • 建物完成後の登記手続きを行う司法書士の指定があります。
  • 完成保証団体は(財)住宅保証機構の指定となります。(財)住宅保証機構の「完成保証書」を住宅ローン契約時までにご提出ください。
    出来高支払連動型完成保証のご紹介制度があります。(受付窓口は(株)ERIソリューション)

  • その他の提携銀行は、こちらの「提携銀行」一覧ページをご覧ください。



    2009年6月3日  『すまいと出来高レポートサービス』開始

    (株)ERIソリューションは、『すまいとマネープラン −建築資金出来高支払管理制度−』で培ったノウハウをもとに、『すまいと出来高レポートサービス』のご提供を開始します。
    当サービスは、当社が建築主(発注者)の依頼により、建築工事中の工事の進捗を調査し、その出来高(完了している工事項目の金額)を報告するサービスです。

    詳細は、こちら。
    『すまいと出来高レポートサービス』(PDF)

    モノクロ
    全16ページ





    2009年5月27日  NHK『クローズアップ現代』の取材を受けました。

    弊社の『すまいとマネープラン』が、NHKの番組『クローズアップ現代』で取り上げられました。
    ”万が一”が現実となってしまった住宅メーカー破綻。
    これは住宅メーカーだけでなく、どんな注文住宅の場合にも当てはまるのではないでしょうか?
    建設業法第21条では、通常の工事請負契約では、建築中の建物の所有権は工務店にあり、
    建築主が支払った代金は、工務店への貸し付けとみなされています。
    その際、保証人を立てることができるのですが、住宅建設の場合、ほとんど例は見られません。
    従来の工事請負契約や工事代金支払方法ではカバーしきれなかった
    今回の事件をクローズアップし、これからの時代の注文住宅を考えます。

    放送予定 5月27日(水)NHK総合/19:30 〜19:56 NHK BS2/24:10 〜24:36(予定)
    タイトル 『そして、ローンだけが残った 〜相次ぐ住宅メーカー破たん〜(仮題)』
    番組概要 富士ハウス(静岡)、アーバンエステート(埼玉)など、全国で住宅メーカーの経営破綻が相次ぎ、マイホーム建築中の人々に被害が拡大している。注文住宅の建築では多くの場合、建築主が多額の建築費を前払いしているが、建売住宅やマンションなどのように前払い金を救済する法律が整っていない。
    このため、払った金は戻らず、残されるのはローンと家の土台や骨組み、まだ更地というケースも続出しているのだ。幸せの象徴であり、人生最大の買い物であるマイホーム。その安心を守る手だてを考える。



    2009年2月23日  GEコンシューマー・ファイナンス株式会社の住宅ローン事業撤退

    すまいとマネープラン建築資金出来高支払管理制度の提携金融機関のひとつであるGEコンシューマー・ファイナンス株式会社(GE Money)が、住宅ローン事業から撤退することを発表しました。
    すでにお申し込み済、融資実行済のお客様については、従来と変らぬサービスのご提供をお約束しております。

    なお、他の提携金融機関の住宅ローンをお申し込み、ご利用のお客様については、サービス内容は全く変りません。今後ともよろしくお願いいたします。




    2008年12月9日  年末年始の営業のお知らせ

    弊社では下記の通り、年始年末を休業いたします。何卒ご協力下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

    1.年末 :2008年12月27日より休業
    2.年始 :2009年1月5日より通常業務
    3.振込最終日 :2008年12月30日
    4.ご連絡先 :フリーダイヤル 0120-775-209

    年末は工事進捗確認の混雑が予想され、建築主様の支払い確認にお時間がかかることも考えられますので、できるだけお早めに工事進捗確認依頼をご連絡いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。



    2007年5月10日  『すまいとマネープラン』支払委託手数料1%標準化
    株式会社ERIソリューションは、消費者が戸建住宅を建築する際に、消費者に代行して、建築中の工事の進捗を確認し、出来高に応じて工務店に支払う資金管理サービス「すまいとマネープラン(建築資金出来高支払管理制度)」にて、今まで3%としていた支払委託手数料を1%に標準化いたしました。

    今後もより便利で、安心できるサービスをご提供できるように努めてまいります。

    以上
    株式会社ERIソリューション



    2007年5月7日 GEコンシューマー・ファイナンス株式会社(GE Money)との提携開始
    株式会社ERIソリューション(代表取締役社長:増田明世、本社:東京都港区)は、消費者が戸建住宅を建築する際に、消費者に代行して、建築中の工事の進捗を確認し、出来高に応じて工務店に支払う資金管理サービス「建築資金出来高支払管理制度(すまいとマネープラン)」にて、新たにGE Money (法人名:GEコンシューマー・ファイナンス株式会社 代表取締役社長:熊谷昭彦、本社:東京都港区)と提携いたしました。これにより提携金融機関は、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、ソニー銀行、千葉銀行、八十二銀行、と合わせて6金融機関杜となります。
    本サービスを利用いただくことで、工事の着工前に、GE Moneyより、住宅ローンが全額実行され、工務店への中間金支払いのためのつなぎ融資を受ける必要がなくなり、お客様は面倒な資金計画を立てる必要がなくなります。
    GE Moneyから消費者に融資された住宅ローンは、信託口座に預けられ、株式会社ERIソリューションが、基礎工事完了時、躯体工事完了時など、工事の進捗を確認して、お客様に報告のうえ、支払手続きを行ないます。
    これにより、お客様は、着工前に、住宅ローン金利等を確定することも可能となり、より安心して家づくりに取り組んでいただくことができます。

    今後もより便利で、安心できるサービスをご提供できるように努めてまいります。

    以上
    株式会社ERIソリューション

    商品名
    『GE Money のすまいとローン』
    対応エリア 全国 
    (地域によりお取り扱いできない場合もありますので、詳しくはお問合せください。)
    特徴 住まいの夢に、できるかぎりの「Yes」。
    自営業の方、派遣・契約社員の方、勤続年数の短い方向けの商品もございます。
    詳しくは、GE Moneyホームページをご覧下さい。
    ホームページからお申込も受け付けております。
    その他 その他はGE Money住宅ローンに準じます。

    その他の提携銀行は、こちらの「提携銀行」一覧ページをご覧ください。


    2007年2月1日  ソニー銀行0.9%金利優遇制度のお知らせ

    『すまいとマネープラン』の提携銀行ソニー銀行で金利優遇制度が始まりました。
    商品名
    『ソニーバンクすまいとローン』
    対応エリア 全国 
    (「市街化調整区域」「線引きされていないエリア」を除く)
    優遇金利 通常金利より0.9%優遇
    申込日 2007年2月1日(木)〜2007年12月30日(日)
    実行期日 2008年3月31日(月)
    ※既にお申し込みをいただいているお客さまで、2007年4月1日以降 2008年3月30日までに融資実行となるお客さまについても、 ▲0.9%優遇にて お取り扱いをさせていただきます。

    詳細は、『ソニーバンクすまいとローン』専用ページをご覧ください。


    2006年12月1日  年末年始の営業のお知らせ

    弊社では下記の通り、年始年末を休業いたします。何卒ご協力下さいますよう、よろしくお願い申しあげます。

    1.年末 :2006年12月29日より休業
    2.年始 :2007年1月4日より通常業務
    3.振込最終日 :2006年12月29日
    4.ご連絡先 :フリーダイヤル 0120-775-209

    年末は工事進捗確認の混雑が予想され、建築主様の支払い確認にお時間がかかることも考えられますので、できるだけお早めに工事進捗確認依頼をご連絡いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。



    2006年11月2日
      住宅保証機構の「完成保証制度」と連携した日本住宅ワランティ(新会社名:(株)ERIソリューション)の「エスクローサービス」について


    株式会社ERIソリューション(以下、「日本住宅ワランティ」(新会社名:(株)ERIソリューション)) と財団法人住宅保証機構(以下、「住宅保証機構」)は、エスクロー連動型住宅完成保証制度の提供について提携しました。
    エスクロー連動型住宅完成保証制度とは、日本住宅ワランティ(新会社名:(株)ERIソリューション)が提供しているエスクローサービス「建築資金出来高支払管理制度(すまいとマネープラン)」と、住宅保証機構が提供している住宅完成保証制度を連動させるものです。
    当制度の開始により、住宅完成保証制度の利便性が向上し、利用戸数の増加につながることが期待されるとともに消費者保護が図られます。

    建築資金出来高支払管理制度(すまいとマネープラン)とは、消費者が戸建住宅を建築する際に、建築主(消費者)の建築資金を住宅の完成まで管理し、出来高(工事の進捗状況)に応じて工事代金の支払いを代行するエスクローサービスです。
    具体的には、「すまいとマネープラン」を利用すると、工事の着工前に、提携銀行より、住宅ローンが消費者に全額実行され、信託口座にて保全されます。建築中は、日本住宅ワランティ(新会社名:(株)ERIソリューション)が、基礎工事完了時、躯体工事完了時など、工事の進捗を確認して、消費者に報告のうえ、支払手続きを行ないます。
    住宅完成保証制度とは、建築中に工務店に万一のことがあっても、発注者の追加負担を最小限に抑えて住宅の完成までを保証する制度です。
    今回の業務提携により開始されるエスクロー連動型住宅完成保証制度では、「すまいとマネープラン」と住宅完成保証制度が連動します。
    これにより消費者は、工務店への中間金支払いのためのつなぎ融資を受ける必要がなくなると同時に、着工前に、住宅ローン金利等を確定することが可能となり、より安心して家づくりに取り組むことができます。また、このサービスを利用する案件に対して、住宅保証機構が住宅完成保証を行ない、建築中に工務店に万一のことがあっても、住宅の完成までを保証することとなります。
    なお、住宅ローンに関する提携金融機関は、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、ソニー銀行、千葉銀行、八十二銀行です。(五十音順、2006年10月現在)
    今後も消費者がより便利に、安心して家づくりに取り組めるサービスをご提供できるように努めてまいります。

    以上
    株式会社ERIソリューション
    財団法人住宅保証機構




    2006年9月1日 埼玉りそな銀行との提携開始
    株式会社ERIソリューションは、消費者が戸建住宅を建築する際に、消費者に代行して、建築中の工事の進捗を確認し、出来高に応じて工務店に支払う資金管理サービス「建築資金出来高支払管理制度(すまいとマネープラン)」にて、新たに埼玉りそな銀行と提携いたしました。これにより提携金融機関は、千葉銀行、八十二銀行、ソニー銀行、スルガ銀行と合わせて5行となります。

    本サービスを利用いただくことで、工事の着工前に、埼玉りそな銀行より、住宅ローンが全額実行され、工務店への中間金支払いのためのつなぎ融資を受ける必要がなくなります。
    提携銀行から消費者に融資された住宅ローンは、信託口座に預けられ、株式会社ERIソリューションが、基礎工事完了時、躯体工事完了時など、工事の進捗を確認して、消費者に報告のうえ、支払手続きを行ないます。
    これにより、消費者は、着工前に、住宅ローン金利等を確定することが可能となり、より安心して家づくりに取り組んでいただくことができます。
    利用費用は、キャンペーン中により、建築請負工事金額の1%プラス60,000円となります。

    今後もより便利で、安心なサービスをご提供できるように、サービスの向上と提携金融機関の拡大に努めてまいります。

    以上
    株式会社ERIソリューション

    商品名
    『すまいと提携住宅ローン』
    対応エリア 埼玉県内全域
    その他 埼玉りそな銀行住宅ローンに準じます。

    その他の提携銀行は、こちらの「提携銀行」一覧ページをご覧ください。



    2006年5月30日 日本ERI株式会社の行政処分について
    弊社の「すまいとマネープラン(建築資金出来高支払管理制度)」につきまして、
    平素よりご愛顧いただきましてありがとうございます。

    このたび、弊社の親会社である日本ERI株式会社が、別紙のように行政処分を受けることとなりました。
    今般の構造計算書偽装事件では、結果として関係者の皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけし、
    大変申し訳なく、今回の処分をグループ全体で真摯に受け止めております。
    安全な建築物・住宅を、消費者が安心して取得するための重要な業務を担っていることを改めて認識し、
    業務の更なる改善に努めてまいります。

    なお、今般の業務停止処分は、500平米以上の建築物の確認検査業務について限定されており、
    「すまいとマネープラン(建築資金出来高支払管理制度)」については、支障なく業務を継続してまいります。

    ご心配をおかけしますが、何卒引続きお引き立て賜りますようお願い申し上げます。
    代表取締役社長 増田明世




    2006年1月4日 新年のご挨拶
    あけましておめでとうございます。

    昨年はサイトをリニューアルしましたが、見やすくなったでしょうか?
    すまいとマネープランも11月からキャンペーンを始め、お問い合わせも増えてきました。

    住宅業界の昨年の最大の事件は、「姉歯元建築士による構造計算書偽装事件」です。
    事件の被害者の住民の方々のご心配はいかばかりかと思います。親会社の日本ERI(株)も、
    建築確認での計算書偽装の見逃しがあり、今もその対応に追われております。
    あってはならない事件が起こってしまい、社会の色々なシステムそのもの大きな変革期を強く感じます。
    すまいとマネープランで利用して頂いているのは戸建住宅がほとんどですが、
    皆様が「建てたい家を 建てたい人と 安心して建てるために」、私どもがお役に立てることを、
    改めて考えていきたいと思います。

    個人的には、下の子供が今年から小学校に入り、少しずつ手がかからなくなってきます。
    家庭でも役に立つよう心がけ、将来の家内との生活も考えながら、
    出来れば建築家との家づくりの第一段階が始められればと思います。

    皆様にとって、素晴らしい年でありますように。

    2006年元旦
    株式会社ERIソリューション
    すまいと事業部 小尾章夫





    2005年12月9日  年末年始の営業について


    年末最終営業日 12月28日
    年始営業開始日
    1月4日

    【すまいと MONEY PLANについて】
    現場進捗検査も上記日程です。
    また、12月23日・24日・25日は現場進捗検査は受け付けておりません。
    振込最終日は、12月30日です。
    年末年始は、検査も混み合い、お客様の支払い確認にもお時間がかかることも考えられますので、
    できるだけお早めに、検査のご予定をご連絡ください。
    お問合せ先:フリーダイヤル 0120-775-209




    2005年12月2日  姉歯建築士による構造計算書偽装事件について


    この度は、「姉歯建築士による構造計算書偽装事件」にて、弊社親会社の日本ERI株式会社がメディア等にて取り上げられており、お騒がせ、ご心配をおかけして大変申し訳ございません。
    構造計算書偽装事件により、「建築資金出来高支払管理制度(すまいとマネープラン)」について問題、影響は全くございませんのでご安心下さい。
    「建築資金出来高支払管理制度」について、以下の点についてご説明させていただきます。

    1) 現場検査(進捗確認)の位置づけ 及び 住宅の品質の確保について
      「建築資金出来高支払管理制度」での現場進捗確認は、工事が完了しているかどうかの進捗確認であり、基本的には品質、性能の検査ではございません。進捗確認にて、明らかな不具合が発見された場合は、工事未了として、ご報告することになります。
    品質・性能に関しては、本制度を利用する際に要件となります「瑕疵保証制度」により検査されます。
    瑕疵保証制度
    完成引渡後の、工務店が担う10年間の瑕疵保証責任を、より確かなものにするために、第三者が運営する瑕疵保証制度への案件の登録を利用条件にしております。案件を登録する際には通常、2回以上の工事品質に関する現場検査が行なわれます。
    利用する保証団体は、建設会社・建築主が希望し、弊社にてその保証内容が認められる団体と、現場検査については各保証団体から依頼されている検査会社が実施します。

    2) 建築確認および構造計算について
      「建築資金出来高支払管理制度」のご利用の際に、建築確認を取得する確認検査機関について、自治体・民間機関の制約はなく、建築主・設計士・建設会社に決めていただき、その内容について弊社が審査を行なうものではありません。
    ・構造計算について
    建築確認において、木造の1階建・2階建てについては構造計算書の添付が通常不要となります。構造計算についてご確認を希望される方は、「建築確認」の他に、設計士に別途依頼が必要となります。
    ・完了検査について
    「建築資金出来高支払管理制度」では、ご融資を受けられる金融機関の指定がある場合を除いて、利用条件ではありません。建築基準法では、建物完成後、使用する前に
    完了検査が必要となっております。この完了検査では、構造強度についての検査ではなく、完成した建物が、「建築確認」にあっているかどうかの確認が行なわれます。

    ご心配をおかけして大変申し訳ございません。今後は、グループ全体にてそれぞれの業務を全力をもって行い、信頼の回復に努めて参ります。今後ともよろしくお願いいたします。

    すまいと運営責任者
    小尾章夫



     
    Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |