すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
コラム&取材   トップページ >> コラム&取材 >> 建築家コラム >> 『別冊 すまいや倶楽部通信』  
 家づくり体験コラム
 建築家コラム
 各業界コラム
 建築家取材
 現場取材
 建築観光
 

 建築家のコラム


 別冊 すまいや倶楽部通信


 387 ストレスな土地でも建物で出来るだけストレスフリーにする方法 「田舎の土地」編


家族や個人が健やかに育つためには、出来るだけ環境の良い場所に住みたいもの。
「環境の良い場所」は人の考え方によって様々。。
ある人は買物が便利な駅の近くが良い場所と考え、
また、ある人は郊外の広い土地で伸び伸び暮らせる場所が良いと考える。
パーフェクトな土地はまずなく、必ず一長一短あるもの。
念願叶って理想の場所が手に入ったとしても、「一短」はあり、
諸事情でやむ終えない場所を手に入れたとしても「一長」は欲しいもの。
良い土地でも欠点はあり、良くない土地でも良い点はあるものです。
建物の造り方の工夫で土地の持つ欠点を補い、良い点を伸ばすことが出来たら、
どんなにストレスフリーだろうか、それが、「田舎の土地」の場合はこうだ。

田園風景に囲まれて、余生を過ごしたい、子供が伸び伸びと育つために田舎に引っ越したい。
創作活動をしたいので静かな場所に行きたい。田舎で過ごしたい理由は色々。
先ずは使っていない民家を借りて、数年住んでみてはどうだろう。
田舎にはまだまだ掟がある。集いがある。調和を重んじる。

互いに助け合って、支えあって営まれてきた輪の中で暮らすには、一緒に汗をかかなければならない。
田んぼに水が張られると一斉に始まるのがカエルの鳴き声。
私は田舎で育ったので心地よいものですが、女性でNGだという人が案外多いのでご注意を。

水が多いということは蚊が多いので外に出たときは長袖を。イノシシ、猿、鹿がお友達だ。
でも庭では鶏が歩き、川のせせらぎがあり、近所のおばちゃんが持ってきてくれる新鮮野菜があり、
田舎は素晴らしい。
大いなる田園住宅はこのように造ろう。
玄関は引分け扉で大きく開き、土間を作る。
おばちゃん達のモンペが馴染むような、アースカラーのタイルを張り、
かつでの式台の替わりに長いベンチを造る。
土間から直接、台所に行けるようにして、土の付いた大根がそのまま運べるように。
天井は高く、窓には欄間、地窓を設けて、田んぼからの涼しい風を吹き抜ける。
軒先は長く深く夏を旨とした設計にする。

平屋にする。太陽光発電にする。仲良きことは美しきかな。


 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |