9坪スタジオ Qちゃん
トップページ >> コラム&取材 >> 家づくり体験コラム
9スタへようこそ!
9スタ本
9スタへようこそ!
ゲスト紹介

9スタ中継'05
作陶
ラタンアート
うつわの探究
いつものうるし
手漉き和紙
家族
9スタ中継'04
ハレの場
どこでもドア
相棒
鍋とも
お堀+縁台
メンテナンス
パートナー
モビール
革小物
製本
9スタ中継'03
折形
干物づくり
漆(うるし)
愛用品
竹工芸
注文木工家具
改装
日曜大工
部屋づくり
にぎり
椅子
畳
9スタ中継'02
しめ飾りづくりワークショップ
障子・襖
匙
ポスト
自転車

9坪スタジオ。略して『9スタ』

since 2002.09.09

9坪スタジオ、ナビゲーターの萩原百合です。9坪スタジオは、暮らしの百葉箱。毎月1回、日々の生活に欠かせないモノやコトをテーマに取り上げ、その道に詳しいヒトに、あれこれ話をうかがいます。何でもない日常の暮らしだからこそ、大事にしたい。見て、聞いて、実際に自分の手でためしてみて、多種多才なヒトを通して見えてくる<新たな暮らし>を、あなたに贈ります。


 『9坪スタジオ』が本になりました。

『家から生まれた17の話』
著者:萩原 百合
出版:ラトルズ
定価:本体1,600円+税

ISBN4-89977-119-3

9坪の小さな家『スミレアオイハウス』『家から生まれた17の話』

9坪の小さな家が、
つくる人とつかう人の
出会いの場になった。


2002年9月に始まり、現在33組ものゲストを迎えた『9坪スタジオ』が本になりました。
出版化にあたって、改めて取材を行い再編集されました。
加筆・修正された原稿+イラスト+4コママンガ+再撮影された写真・・・と、見どころ・読み応え盛り沢山です。

詳しくはこちらから。




  関連書籍 by Amazon.co.jp

『9坪ハウス狂騒曲』 『9坪ハウス狂騒曲』 
萩原 百合
マガジンハウス
一家4人9坪の家を建てて住むことになった。
そこで何が起こったか、何が変わったか。
主婦としてこの家に住む著者・萩原百合さんが書く、
抱腹絶倒、おもしろさ保証の自邸建築体験談。
     
『9坪ハウス狂騒曲』 『9坪ハウス狂騒曲』 
萩原 百合
知恵の森文庫
6章分加筆された文庫版
 
     
『9坪の家』 『9坪の家』
萩原 修
廣済堂
とある展覧会から”9坪の家”を持って帰って来た萩原修さん。
最小限住居に魅せられた彼が体験した家づくりの本。
   
『折る、贈る。』 『折る、贈る。』
折形デザイン研究所
ラトルズ
折形を知っていますか。それは、贈るこころのかたち。
伝統の枠を超えて暮らしに息づく礼の作法。
折々に、大切な人にこころを込めて、贈る。
十人の物語から生まれた十の新しい折形集。
2003年12月の9スタ 『折形』
 
『デザインの素』 『デザインの素』
小泉 誠
ラトルズ
箸置き、椅子、テーブル、照明、手ぬぐい、階段、トイレ、店…。
身近な小物から住宅まで、正直で美しく、丁寧で愉しい、
デザイナーの全仕事を集成。あの人にあげたい。
そんな素直な思いを形にしました。
2003年4月の9スタ 『部屋づくり』
 
『かみのしごと―和紙の里・美濃のはなし』 『かみのしごと―和紙の里・美濃のはなし』
ラトルズ
職人の数だけ紙がある。
今、そして、これからの暮らしに、使いたい。
1枚1枚丁寧につくられる美濃手漉き和紙、とっておきの話。
2005年4月の9スタ 『手漉き和紙』
 
『いつものうるし』 『いつものうるし』
桐本 泰一 
ラトルズ
漆器で、ラーメン? 
漆器で、カレーライスを食べる!
しかも、金属のスプーンを使って!!
目からウロコの漆器の使い方が、ページいっぱいのカラー写真で
続々と登場。
2003年10月の9スタ 『漆(うるし)』
2005年5月の9スタ 『いつものうるし』
 
クリッタカード―あそべるかみのどうぶつたち クリッタカード―あそべるかみのどうぶつたち
9brand
ピエ・ブックス
「九印 9brand」による、初のペーパークラフトカードブック。
1枚のカードを、余すところなく切り離し、組み立てれば、フシギな生き物ができあがります。しかも、懐かしい郷土玩具のように、ちょっとした仕掛けで、楽しく遊ぶことができます。本書は、50円切手を貼って送ることができるペーパークラフトカードを全20枚(10種類×色違い2枚ずつ)収録しています。
2004年9月の9スタ 『相棒』
© 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD.