9坪スタジオ Qちゃん
トップページ >> コラム&取材 >> 家づくり体験コラム
9坪スタジオ 中継
9スタ本『家から生まれた17の話』
9スタへようこそ
ゲスト紹介

9スタ中継'05
作陶
ラタンアート
うつわの探究
いつものうるし
手漉き和紙
家族
9スタ中継'04
ハレの場
どこでもドア
相棒
鍋とも
お堀+縁台
メンテナンス
パートナー
モビール
革小物
製本
9スタ中継'03
折形
干物づくり
漆(うるし)
愛用品
竹工芸
注文木工家具
改装
日曜大工
部屋づくり
にぎり
椅子
畳
9スタ中継'02
しめ飾りづくりワークショップ
障子・襖
匙
ポスト
自転車
2003年10月 「漆(うるし)」

束の間の夏が過ぎ、
あっという間に、秋到来。
食欲、じゃない、もの思いにふける秋であります。

...わけあって、
小雨そぼ降る秋の日に、女ひとり、旅立ちました。

小雨そぼ降る秋の日

あ、たった今、飛び降りました、
小松空港に!

そして、バスに乗りました。
見知らぬ土地を旅するなら、
車窓から、町のあちこちを眺めることができるバスが一番。



...んだども
えらく遠いとこまで来たモンだな〜もし。

バス車中、ちょろっと寝たつもりだったのに

輪島のシベリア

あぶないあぶない、
乗り過ごしたら、シベリアだぁ!

寝ぼけまなこのまま、ぼーっとつっ立ってたら
かわいらしい女性がひとこと、
「お待ちしておりました」

ここは輪島

そ、そうだった、
シベリアじゃないよ。ここは輪島、わじまわじま!

今月の9スタは、
漆の熱血創作伝道師・桐本泰一さんを訪ね、
漆話(うるしばなし)のあれこれを、じっくりうかがいます。


桐本 泰一/輪島キリモト・桐本木工所
きりもと  たいいち
輪島朴木地工芸・ぬりもの屋・桐本木工所
漆の創作、商品企画、総合プロデュース、伝道
住所: 石川県輪島市杉平町成坪32
TEL: 768-22-0842 FAX: 0768-22-5842
URL
1962年 石川県輪島市に生まれる
1985年 筑波大学芸術専門群生産デザインコース卒業後、コクヨ(株)意匠設計部入社。
1987年 輪島朴木地工芸 桐本木工所入社、朴木地(ほうきじ) 職見習いを経て、
1987年 木地屋からの創作漆器デザイン提案や、木地屋が想う漆の創作をはじめ、
1987年 現在も継続して活動中。
2000年 輪島市河井町わいちにて、地元の木地師、 塗師、蒔絵師たちと
1987年 「ギャラリーわいち」を開店。ここを拠点に同年代の職人さん達と一緒に
1987年 創作活動、商品企画、デザインも行うなど漆器のプロデュースを行っている。
2002年 筑波大学総合講座非常勤講師




※編集注:文字色は、■桐本さん ■寒長さん ■鵜島さん ■百合さん

百「1階は工房、2階は工房+事務所があるらしい。
それでは、いざ出陣!」

木地
百「あいゃ〜、
百「これはまた、何と説明したらいいのでしょうか。
百「入ってすぐの棚には、木地屋さんの仕事ぶりが
百「うかがえるものたちがぎっちり詰まっております」
棚以外にも
百「棚だけではありませぬ。事務所内のあちこちで、
百「『猫』がタンゴを踊ってたり
百「廊下に出れば、タンゴの節句に欠かせない
百「『兜』が鎮座してたり」
木肌美人
百「桐本さんと言えば『輪島塗り』っていう
百「イメージがあったけど、
百「ここ、桐本木工所には、漆を塗る前の『素肌美人』、
百「いえいえ『木肌美人』が揃いぶみといった感じで、
百「しばし圧倒されております」
桐「うちは、朴(ほう)木地屋ですから...」


輪島キリモト・桐本木工所

© 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD.