9坪スタジオ Qちゃん
トップページ >> コラム&取材 >> 家づくり体験コラム
9坪スタジオ 中継
9スタ本『家から生まれた17の話』
9スタへようこそ
ゲスト紹介

9スタ中継'05
作陶
ラタンアート
うつわの探究
いつものうるし
手漉き和紙
家族
9スタ中継'04
ハレの場
どこでもドア
相棒
鍋とも
お堀+縁台
メンテナンス
パートナー
モビール
革小物
製本
9スタ中継'03
折形
干物づくり
漆(うるし)
愛用品
竹工芸
注文木工家具
改装
日曜大工
部屋づくり
にぎり
椅子
畳
9スタ中継'02
しめ飾りづくりワークショップ
障子・襖
匙
ポスト
自転車
2005年4月「手漉き和紙」

昨年、一冊の本を編集したことがきっかけで知り合った
美濃の紙漉き職人・加納 武(かのう たけし)さん。

加納 武/幸草紙工房

それまでは、和紙のことをよく知らなかった。
でも、実際に見くらべたり手で触ってみたりするうちに
和紙には一枚一枚特長があること、違いがあることがわかってきた。

「かみのしごと」でも紹介しているように、
「かみのしごと」和紙の里・美濃のはなし
「かみのしごと」和紙の里・美濃のはなし 発行/ラトルズ


我が家の障子は昨秋、加納さんが一枚一枚手で漉いた紙に張り替えた。

障子四枚すべて引き出すと、透き通るような純白の和紙が空間に広がる。

我が家の障子

その場に、キリリとした緊張感が生まれる。
パーンと張りつめた「紙の音」がする。

この紙は、どうやってでき上がるんだろう。

もう一度、ゆっくり加納さんと話がしたくなって
ふたたび美濃を訪ねる旅にでた。



加納 武/幸草紙工房


かのう たけし
幸草紙工房(さいぐさがみこうぼう)
昭和47年、美濃市保木脇に生まれる。
飛騨国際工芸学園木工科卒業
後藤茂氏に師事
2004年 幸草紙工房として独立





カッコよく旅立ちたかったのに、雪の影響で在来線が一時ストップ。
予定していた新幹線に乗り遅れちまったよーん。
急きょ、ルート変更。

乗り遅れちまったよーん
名古屋から、かわいらしい顔の電車にゆられていきましたよ。
 
何とかたどり着いた美濃の空は、青かった。
迎えに来てくれた加納さんの車で、工房へ向かう。
おぉ、美濃の山が見えてきました。

加納さんの車で、工房へ向かう

山から湧き出る水。川を流れる水。
和紙は、豊かな水から生まれるのであった。


加納 武/幸草紙工房

© 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD.