ブログパーツ ブログパーツ
すまいと 建築家ポートフォリオ 建築家自己紹介&住まいの作品集

建築家探しのポイントは、「できれば近いライフスタイルを持つ人をお薦めします。」
『建築家との出会い方』(著・中原洋)より)
長谷部勉(1968年生)
鈴木義一(1962年生)
一級建築士事務所 有限会社 H.A.S.Market
長谷部勉・鈴木義一/一級建築士事務所 有限会社 H.A.S.Market
 住所 〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-7 MSKビル5階
 TEL 03-6801-8777    
 FAX 03-6801-8790
 mail  
 homepage    Twitter

自己紹介 住宅01 住宅02 住宅03 住宅04
住宅05 住宅06 住宅07 住宅08 住宅09
住宅10 住宅11 リフォーム    

Project1000 市川市 K邸
囲い込まれたひと続きの空間

北側エントランス廻り外観
浴室
[ 北側エントランス廻り外観 ]
 
[ 浴室 ]
   
廊下より寝室を見る
[ 廊下より寝室を見る ]


リビングよりダイニングを見る
[ リビングよりダイニングを見る ]
 

敷地は北総台地の中腹、築30年程度を経過している戸建住宅団地の一角に位置している。周囲には公園等のみどりが豊富にある一方、相隣環境は幅四メートルの前面道路をはさんでほとんどの住宅が敷地側に大きな窓とベランダを向けて建っているというタイトな物であった。クライアントも同様の印象を持っていたためか、当初から「中庭を創って欲しい」という要望が挙がっていた。
夫婦共に印刷編集・グラフィック系の仕事に携わっているクライアントは自らを「インドア派」と称し、大きなテラスを持つような開放的で外向的なものとは違う、近隣との距離を図りながら生活できる器、言って見れば自己完結的で内向的な住宅を望んでいた。我々としても楽観的に開放するような方向が見つからない相隣環境に対し、これらを遮蔽する何かしらの仕掛けが必要と考えていたことから、外周部を壁により囲い込み光庭を中央に設けるという構成が了承されるのにそれほどの時間は要らなかった。
エントランスから居間に至る空間を分節のない、ひと続きの上昇空間として考え、外周部の壁を渦巻状に配置し、光庭との間に発生するコンコースのような空間に壁の高さに沿うように変化する天井高を与えている。外周の壁に穿たれた小窓は隣接する家屋の窓位置との関係を図りながら不用意な視線の交錯が発生しないよう開けられている。こうした構成とクライアントが強く希望したAVルームとしての備え(ルートロン調光演出照明)によってこの家に固有の快適性が発生することを期待している。

 関連ページも見てみる


1階平面図
[ 1階平面図 ]

2階平面図
[ 2階平面図 ]
DATA
◇地域 千葉県 ◇敷地面積 120.63平米(36.49坪)
◇完成年 2005年 ◇建築面積 47.90平米(14.49坪)
◇設計 有限会社H.A.S.Market ◇延床面積 90.28平米(27.31坪)
◇施工 共栄産業株式会社 ◇建蔽率 39.70%
◇構造 木造 ◇容積率 74.80%
◇規模 地上2階建 ◇撮影 田中宏明

 前の作品

© 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD.