すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
  トップページ >> 建築家 >> 登録建築家リスト  
 建築家との出会い方
 設計・監理料
 登録建築家リスト
   都道府県別に探す
   事務所の名前で探す
   建築家の名前で探す
 建築家ポートフォリオ
   名前で探す
   年齢で探す
   ご近所で探す
   住まいの作品集
   建築家アクセスランキング
   住宅アクセスランキング
 オープンハウス
   オープンハウス情報ブログ
   訪れる時のポイント
   オープンハウスに招かれて
 建築家登録・変更
 

 建築家を探す


 建築家ポートフォリオ >> 年齢で探す


 1956年生まれ

:すまいと編集の独断と偏見によるお気に入りマーク
秋山 雄威 / 秋山建築研究所
秋山雄威/秋山建築研究所
1956年生まれ
静岡県
ポートフォリオ
心をつなぐ建築をめざして!
建築主が本音で望んでいるものを共に考え、必要なものを整理して、無理、無駄、虚飾を 排した本当に豊かな空間。
そんな人の気持ちを喚起させる上品な建築を創りたい。  
 

阿部 直人 / アーキスタジオ/(有)阿部直人建築研究所所
阿部直人/アーキスタジオ/(有)阿部直人建築研究所所
1956年生まれ
福島県
ポートフォリオ
住宅は衣服や車のように簡単に買い替えができません。そのため、可能性を求め、徹底した打ち合わせを行うことが大切で、それによって充実した生活を営むことが出来る住空間が生まれます。
個人住宅の全ては一品生産。その家族独自のものです。
ローコストでも狭くても、自己のアイデンティティーを詰め込んでできた住宅は、住み手と一緒になって議論し、つくりあげていくものであると考えています。


磯部 邦夫 / 株式会社アーキショップ 一級建築士事務所
磯部邦夫/株式会社アーキショップ 一級建築士事務所
1956年生まれ
東京都
ポートフォリオ
少し背伸びすることをお勧めします。
ちょっとした冒険かもしれませんが年齢を問わず、その年齢にふさわしい背伸びをするということです。そうしたことを考えてみることで、今まで気付かなかった生活の新しい視点を発見したり、住まい手に豊かな働きかけを住宅はしてくれます。住宅はものではなく家族と共に育まれる存在です。


磯部 尚志 / アイ・プランニング
磯部尚志/アイ・プランニング
1956年生まれ
千葉県
ポートフォリオ
街の洋服屋さんが少なくなってきました。私も含め、メーカーが用意したモノで十分満足できるようになったからでしょうか。種類も価格も納得出来る背景が出来てきたからとも思います。でもお住まいにおける住空間は、十分な安全性・耐久性に裏付けされたなかで、さまざまな条件と全体のバランスを保ちながら、個々のクライアント様にとって気持ちのいい空間条件が満たされなければなりません。
住空間の設計行為は、専門知識を持ちながら細かな検証、確認、判断、そして全体のバランスを図りながら構築するものと思います。これらはある時はクライアント様との共同作業でもあり、楽しくもあり苦しくもある(?)行為と考えております。


今任 寛之 / 有限会社 翔計画工房
今任寛之/有限会社 翔計画工房
1956年生まれ
福岡県
ポートフォリオ
祖母が、よく口にした言葉がありました。
”人が来ンごとなったら、家は、終い、ばい!!”、と。
今、つくづくと、大切な言葉を、もらっていたものだと思います。
穏やかな、社会的関わりを大切に、地域の”良き”風俗・習慣・慣習に根付いた、
背伸び無く、日々の生活に無理のない”家づくり”のお手伝いが出来れば何よりです。


大場 浩一郎  / アトリエスクエア1級建築士事務所
大場浩一郎/アトリエスクエア1級建築士事務所
1956年生まれ
福岡県
ポートフォリオ
土地の力を逆らわずに生かした家 住んでいてそのたたずまいに見とれる瞬間のある家 風が心地よく通りぬける家 日差しの移り変わりを楽しめる家 自分らしい家 小さくても広くても庭とつながりのある家 緑を楽しめる家 バスコートのある家 かっこの良い家 デザインが主張しない家 くつろげる家 散らかしてもかたづけやすい家 のびやかな家(狭くても広がりのある家) 訪ねてきた友人が思わず長居してしまう家 そんな家にしたいと思いつつ設計しております。

 

川代 勝彦 / (有)OZM企画設計室
川代 勝彦 / (有)OZM企画設計室
1956年生まれ
石川県
ポートフォリオ
複雑な社会構造のために、非常に多くの大人たちと子供たちがストレスによって病んでいます。
それを癒せる空間・和む空間を提供する事を心がけています。

 

河辺 宏 / (株)バウハウス・アソシエイツ一級建築士事務所
河辺 宏 / (株)バウハウス・アソシエイツ一級建築士事務所
1956年生まれ
大阪府
ポートフォリオ
設計までに徹底的にお付き合いし、時には(毎度だったりして)プライバシーに踏み込みます。
既製品の洒落た家具やインテリアショップの雑貨、建築パーツ等をさり気なく空間に取り込むのが得意。ストアデザインも好きで非日常空間の構築にも自信あり。
予算と夢のバランス感覚を重要視しています。
風呂好きパーティ好き借景好き、光・風・緑が好き。
視覚に入るものはデザインする・・・これ作風。
決してイエスマンではありません。


来馬 輝順 / 建築工房 匠屋
来馬 輝順 / 建築工房 匠屋
1956年生まれ
東京都
ポートフォリオ
「いろり」のある田舎の古い民家でのんびり育ったせいか、楽観的な性格です。
ものを作る立場からみると、良かったのかもしれないなと思います。
設計の内容にも影響していて、都市住宅の狭さの中にもこういった「おおらかさを」作りたいといつも思っています。
狭くても、忙しくても、ゆとりのある生活をしたいですね。
結局、「ゆとり」は心の問題であって、「もの」の問題ではないと考えてはいるのですが、ものを扱う建築家としてはどう形にするかが面白いところです。

小堺 文彦 / (有)アーキヴィジョン
小堺文彦/(有)アーキヴィジョン
1956年生まれ
茨城県
ポートフォリオ
家作りはプロセスも楽しいものです。特に基本設計には充分な時間をかけて「光」「風」「静けさ」「くつろぎ」「陰影」「音」「開放性」「緑」など、テーマがデザインに反映していくよう施主と打合せを重ねます。「施主とともに楽しみながら創っていく」ことを第一とし、模型による検討や、ご入居されたオーナーのお宅を御覧いただいたりしてイメージを具体化していきます。オープンハウスとして年に何回か、ご入居間近のオーナーの「お宅拝見」を企画しておりますので家づくりの参考にしてください。家づくりの基本は「基本設計」であると考えておりますので、ここのところに時間を惜しまずお付き合い下さい。


清水 國雄 / 清水建築工房一級建築士事務所
清水 國雄 / 清水建築工房一級建築士事務所
1956年生まれ
静岡県
ポートフォリオ
家づくりは、住まい手と設計者と施工者(職人)が対等の立場で行う協働作業だと思っています。
その中で、設計者の役割は次の3点です。
1)住まい手の希望、要望をじっくり聞くこと、与えられた条件や要望の整理と提案、創意工夫を通じて希望、要望を計画に反映させる。
2)職人の鍛え抜かれた腕と技量、工夫を十二分に発揮できる家づくり。
3)土に還る自然素材の特性を活かした身土不二・資源循環の家づくり。

菅 正太郎 / すがアトリエ SUGA ATELIER
菅正太郎/すがアトリエ SUGA ATELIER
1956年生まれ
大阪府
ポートフォリオ
いかなる家が良いのか、時間をかけて話しあいながらゆっくりと作っていきます。

 

鈴木 保和 / (有)アド建築事務所
鈴木保和/(有)アド建築事務所
1956年生まれ
愛知県
ポートフォリオ
長い人生でも家を建てることは、一度しかない・・と言う気持ちを大切に持ち続け、人にやさしい・健康的な・維持のしやすい家つくりを自然素材を取り入れた家を・・と考えています

田山 和弘 / ユニット・シーアンドジー建築設計事務所
田山 和弘 / ユニット・シーアンドジー建築設計事務所
1956年生まれ
広島県
ポートフォリオ
数値上だけの「高気密・高断熱」よりも、住んでみて快適な住環境を提案します。「暑さ寒さも彼岸まで」、実体験を踏まえた「耐えて住む」ことの心地よさも大切と考えています。防犯についても、閉じこもり症候群的な建築を止め、いかに社会と共存するために開いてあるか?を考えて行きたいと思います。

坪川 裕 / 坪川建築設計事務所
坪川 裕 / 坪川建築設計事務所
1956年生まれ
山梨県
ポートフォリオ
建築は自然や景観、社会生活などにマッチしたものが求められている。
単なるスタイルの表現ではなく、一つのメッセージでなければならない。
新しい社会のニーズである環境に配慮した住居や高齢期、子育て期の相互扶助に対応できる住宅の普及は、コミュニティーの形成に貢献するだろう。
私たちは、建築デザインを通じ人、社会、環境との新しい関係づくりを目指します。


坪田 眞幸 / 坪田眞幸建築研究所
坪田 眞幸 / 坪田眞幸建築研究所
1956年生まれ
大阪府
ポートフォリオ
気密性や断熱性を高める事も大事ですが、基本は日当りや風通しのよい家、そして構造のしっかりした安心のできる家、その上に美しい町並みを形づくることを考えることが大切なのだと考えます。
又、家を建てるという事はご自分やご家族がこれからどのように暮らしてゆくのか、家族のあり方はどのようにしてゆくのかなどをもう一度見直して、再確認することでもあります。
色々なお話し合いを忌憚なくして頂き、じっくりお付き合い致します。


松井 豊 / 松井設計
松井豊/ 松井設計
1956年生まれ
和歌山県
ポートフォリオ
家づくりの最初の入口であるの依頼主の要望のヒアリングから完成、お引き渡しまでには、短くても半年の間に実に様々で多岐に渡る工程があります。
ふつうはそれぞれのプロセスをそれぞれの専門家が担当し、一つの家に仕上げていきますが、やはり伝達や連絡の過程で思い通りになっていないケースが発生する事がありがちです。しかし私は全体設計、室内設計の両方をトータルにご提案でき、しかも自分で工事もチェックしますので、本当に思い通りのミスややり直しのないが家づくり出来ると思います。


松原 正明 / 松原正明建築設計室
松原正明/松原正明建築設計室
1956年生まれ
東京都
ポートフォリオ
古い日本の家屋は自然の恵みをうまく利用していました。軒が深いことで夏の強い陽射しを遮り、冬には日足の長い陽の光を室内にたっぷり採り入れていました。また植物、土などの自然素材でつくられた家は改修がし易く解体時にも再利用や処分がしやすくなっていました。これらを今の住宅にそのままとりいれることは、コストや防火上の規制、敷地の広さなどにより難しいのですが、出来るだけ太陽、風、雨などの自然の働きを活かし、現在の優れた技術と融合させながら快適に暮らしていける家を設計したいと思っています。



 

 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |