すまいと トップページへ
建築家登録
メールマガジン登録
sumasumaito
資料請求  お問い合わせ  会社案内  サイトマップ  サイト内検索 by Google
つなぎ融資不要の住宅ローン すまいとマネープラン 建築資金出来高支払管理制度 建築家との家づくり
 
  トップページ >> 建築家 >> 登録建築家リスト  
 建築家との出会い方
 設計・監理料
 登録建築家リスト
   都道府県別に探す
   事務所の名前で探す
   建築家の名前で探す
 建築家ポートフォリオ
   名前で探す
   年齢で探す
   ご近所で探す
   住まいの作品集
   建築家アクセスランキング
   住宅アクセスランキング
 オープンハウス
   オープンハウス情報ブログ
   訪れる時のポイント
   オープンハウスに招かれて
 建築家登録・変更
 

 建築家を探す


 建築家ポートフォリオ >> 年齢で探す


 1963年生まれ

:すまいと編集の独断と偏見によるお気に入りマーク
麻生 英之 / 麻生英之建築設計事務所
麻生英之/麻生英之建築設計事務所
1963年生まれ
千葉県
ポートフォリオ
住宅の設計とは店舗等の商業施設とは違います。流行やかっこよさ、非日常が必要な商業施設に対し、生活の普遍性や日常の営み、家族がいる長い時間を受け止める空間を考えるのが住宅の設計です。
   

石原 聡 / いろは建築工房
石原聡/いろは建築工房
1963年生まれ
愛知県
ポートフォリオ
ライフワークを終え、住宅に対して、とてもナチュラルに取組めるようになったように思います。
言換えれば迎合的かもしれません。しかし、建築家が自己のデザインの欲求を施主に押付けてしまいがちになることについて、自己批判ができるようになったのではと思っています。
わだかまりが捨てられずに平凡な住宅に暮らすのではなく、生活を豊かにする重要な役割のものとしての住宅を目指したいです。


伊藤 嘉浩 / I設計室
伊藤嘉浩/I設計室
1963年生まれ
三重県
ポートフォリオ
家づくりの作法
住まう人の目線にあった家。
手触り、肌ざわりのやさしい家。
季節の声、気配が感じられる家。
あかるいところ、くらいところのある家。
素材が美しいカタチの家。
空から見てうつくしい家。
優景、やさしい佇まいの家。
心地いい間合い、ほどよい間合いの家。
暮らしを愉しむ家。

上山 喜一郎 / 上山喜一郎建築事務所
上山喜一郎/上山喜一郎建築事務所
1963年生まれ
大阪府
ポートフォリオ
単に便利さや新しさを追求するだけでなく日本の四季や独特の風土を常に意識においた上で今の日常を快適に過ごせる空間作りを目指しています。
たとえば・・・土間や縁側
時間と気持ちをコントロールしてくれる贅沢で豊かな空間です。
それらに変わる要素を限られた条件の中で上手くバランスをとりながら、またはバランスを崩しながら生かしていきたいと思っています。

大川 宗治 / 一級建築士事務所OM-1
大川宗治/一級建築士事務所OM-1
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
お互いに話をしていく中で、建主の考え方や土地環境などの状況をを理解し、最善の方法を引き出し、 最終的にはそれを形として表現していきたいと考えています。




加塩 博之 / Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社
加塩博之/Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 1963年生まれ
鹿児島県
ポートフォリオ
☆顧客満足度第一主義。
“An Architectural House, not a Design House.”
建築は建築家の作品ではありません。
私は、デザインに顧客それぞれが要望する機能性を加えたものが建築だと考えます。
風、水、光、音、熱、時間、そして人と物の動きを考慮した納まり(ディテール、専門技術)を用いて顧客の求める機能性を充足した建築の実現に目指しています。
☆豊かな空間創造、幸福な時間
“No Architecture, No Life.”
人々の生活様式は千差万別ですが、日常生活はほぼ内外部の建築空間によって行われます。
大部分の方が1〜数回しか建築できない住宅を、販売利益を上げることが至上目的の工務店や住宅メーカーで決定して宜しいのでしょうか? 弊社は営業活動は不得意ですが、建築設計のプロとして依頼主の立場でストイックに建築を考え、技術・センスを駆使して豊かな空間の創造を実現目指しています。
人々が永続的に幸福な時を過ごせるように。  

川口 幸男 / 一級建築士事務所 川口幸男設計室
川口 幸男 / 一級建築士事務所 川口幸男設計室
1963年生まれ
愛知県
ポートフォリオ
建築とは、“人間が創る器”であり 生命・健康・及び財産の保護を図るだけでなく、真に人間の幸福に貢献できる「精神」「思想」「理念」といった哲学を持ち、「心」「五感」に響くことが大切であると考えています。
四季折々の風土、幾世に渡って育まれた文化。そんな私たちが暮らす自然環境・都市環境に、さりげなく溶け込んで、それでいて確かに輝いて、心を豊かにする建物を創る事を心がけています。


佐藤 成美 / Atelier tect inc.一級建築士事務所
佐藤 成美 / Atelier tect inc.一級建築士事務所
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
私たちの生活において、いろんな風景と出会います。
海、山、川、都市、それぞれ私たちの目の中に飛び込んでくるものは全て風景として
捉えられるのではないでしょうか。
しかし、そのほとんどが記憶から消え、残されているのは美しい風景と、美しくない風景。
私たち設計者の仕事はそんな風景のひとコマをつくる仕事でもあります。
外で目にする風景だけではなく、家の中でもいろんな風景に出会います。
そんな身近な美しい風景のひとコマを住まい手の方と一緒につくっていきたいと思います。


城倉英二 前野武彦 宗高仁泰 / (有)J.M.M.建築計画事務所
城倉英二 前野武彦 宗高仁泰/(有)J.M.M.建築計画事務所
城倉英二
1963年生まれ
前野武彦
1965年生まれ
宗高仁泰
1967年生まれ
東京都
ポートフォリオ
住宅の設計は建築家にとって負担も大きく喜びも大きい仕事です。規模の大小に関係なく生活する事の全てがその中に盛り込まれているからです。生身の人間に触れる作業なのでエネルギーを必要としますが、それだけに良い人間関係が生まれて建物が完成した時の喜びはお施主様だけではなく設計者にとっても大きいものです。



白崎泰弘 白崎治代 / シーズ・アーキスタディオ建築設計室
白崎 泰弘  白崎 治代 / シーズ・アーキスタディオ建築設計室
白崎泰弘
1963年生まれ
白崎治代
1967年生まれ
東京都
ポートフォリオ
「この敷地の○○○はかけがえのないご馳走だから、これをメインディッシュにしましょう」
「刺身とステーキを同時に並べるわけにはいかないので、まずどちらかを決めて、その後サイドディッシュを決めていきましょう」
私たちの仕事は、お客様が素材を持ち込んで、それにあった料理をするようなものだと思っています。素材はいろんなものがあります。家族構成や趣味のこと、その場所の気候や敷地の特性、そして法規やコスト、すべて設計する上での大事な素材です。それをただ並べただけでは料理とは言えず、お客様が消化不良をおこしてしまいます。模型等で味見をしてもらって、お客様にもイメージを共有してもらいながら調理していくことが、「家づくり」の最良の方法だと思っています。


鈴木 信弘・洋子 / 有限会社 鈴木アトリエ
鈴木信弘・洋子 有限会社 鈴木アトリエ
鈴木信弘
1963年生まれ
鈴木洋子
1965年生まれ
神奈川県
ポートフォリオ
「家」「住まい」「住宅」など様々な呼び方がありますが、ひとまとめにして私達は「建築」という物理的な空間をつくるということです。「建築」という(ハード)は、光、風、温度、湿度、空気のコントロールを行なうものですが、その場所で人がどういう使い方(ソフト)をするかで「住まい」になったり「家」になっていくものです。
したがって、施主と建築家が一緒に共同幻想を持たなければ成立しませんし上手く行きません。設計を選ぶのではなく「人」を選ぶのです。
そういう点では昔ながらの地元の「大工」とおなじ役割を今の建築家がもっていると思います。


鈴木 秀雄 / バサロ計画
鈴木秀雄/バサロ計画
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
誰もが、ふとした部屋や場所ですごく落ち着いたり気持ちがいいと感じる空間に出会ったことがあると思います。それは単に空間だけの問題であると思っていません。時間や経験、展望などいろいろな関係の総合的な感覚でそう感じられると考えています。つまり、その感覚は人各々違います。そして、それを見つけ出すことはとても難しいです。私は、それを建築主と一緒に考え、形にしたいと思っています。

     

鈴木 雅美 / 環・建築研究所
鈴木雅美/環・建築研究所
1963年生まれ
千葉県
ポートフォリオ
◇環境(動かない建築)
建築は土地に定着しておりその土地その土地固有の環境が建物に大きく影響を及ぼします。その場所の環境を読み込んだ建築がすなわち最も個性的な建築ではないかと考えます。
◇環境(自然との繋がり)
春の新緑は人の心を弾ませ、部屋を通り抜ける心地良い風が春眠を誘います。我々は自然と密接に繋がって生きています。自然の驚異から身を守り、自然の恵みが感じられる潤いのある建築をつくってゆければと考えています。
◇ひとの環(和)
建築はひとりではできません。施主・設計者・施工者の3者の連携がうまくとれていないとなかなか良い建築にはなりません。3者の思いを一致させることはなかなか難しいことではありますが、少しでも3者がうまく連携した良い建築を多く手掛けてゆきたいと思います。

 

高橋 和夫 / 一級建築士事務所 株式会社 スタジオ創
高橋 和夫 / 一級建築士事務所 株式会社 スタジオ創
1963年生まれ
埼玉県
ポートフォリオ
「人にやさしい建築、自由な発想の家づくり」を心がけています。
人の志向、生活スタイル、価値観、趣味や趣向あらゆるものが多種・多様化しており、敷地条件も様々です。
この様な事からも、既成の枠にとらわれずに、喜ばれる家、満足のいく家をクライアントと共に創り上げて行きたいと考えています。

 

竹下 亨 Toru Takeshita / 「 英南 Einan Hai /有限会社ビィデザイン
竹下 亨 Toru Takeshita / 「 英南 Einan Hai /有限会社ビィデザイン
竹下 亨(1963年生)
「 英南(1965年生)
東京都
ポートフォリオ
私共の設計する住宅は、建築家のコンセプトや主義主張をそのままかたちにした「作品」ではなく、 そこに住まう人々の暮らしをまるごと許容できる「家」であり、 主役は建物ではなく、そこに住まう人たちであり、そこで営まれる暮らしです。
手に触れるもの、肌に感じるものが心地いいことが、私たちの暮らしを豊かにしてくれることがある。
そんな「心地よい暮らし」のためのお手伝いをしています。

武田 学 / (有)テイクプラン 武田一級建築士事務所
武田 学 / (有)テイクプラン 武田一級建築士事務所
1963年生まれ
千葉県
ポートフォリオ
人の顔が違うように10人いれば10の生活があり、100人いれば100の生活があります。
自分の好きな時間、自分の好きな色、自分の好きな空間。
だから、自分にあった家創りが必要です。
設計を始める場合にお願いしていることがあります。
1.生活を何でも教えてください。
2.完成までに少し時間を下さい。
3.将来の夢を教えてください。
すべてが良い家創りの元となります。

田中 清 / 株式会社 atelier waon
田中 清 / 株式会社 atelier waon
1963年生まれ
大阪府
ポートフォリオ
よくある建築家特有のややこしい理屈は抜きにして、「住まい」をつくるということは、その中でくりひろげられる「くらし」をかたちづくることだと思っています。
施主とのコミュニケーションを十分にとり、納得していただける住宅をつくっていきたいです。



手嶋 保 / 手嶋保建築事務所
手嶋 保 / 手嶋保建築事務所
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
居心地のよさは、家にとって大切な要素です。言い換えれば、自分の居場所を確認でき、そこにいると「家に戻ってきた」という安堵感を得られるような空間を提供することが重要です。
私は、多くの人が気持ちよいと感じる空間をつくりたいと考えています。
そのためには場所の特性を生かして、風を通し、日差しをできるだけ取り入れて いくことが大切。土地には必ず何か良い面がある、その良さを引き出す空間づく りをしていきたいと思います。

戸上 裕朗 / 住工房
戸上裕朗/住工房
1963年まれ
福岡県
ポートフォリオ
そこに暮らす家族が主役となる建物をかたちづくるお手伝いをさせていただいております。健康的な暮らしのできる居心地のよい空間づくり、自然の光や風をさりげなく取り込むプランニング、建てておしまいではなく、そこを使う家族色に着色してもらえる様に無駄を省いた空間とし、成長する家となるような提案をしています。


長村 英紀 / (有)長村英紀建築計画室
長村 英紀 / (有)長村英紀建築計画室
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
建築は生活の器であると同時に都市を構成する一要素であるという観点から、常に都市とのかかわりを意識しながら設計するようにしています。生活が社会との係わりなくして成立しないように、建築も都市とのかかわりなくしてあり得ないからです。
住む人の生活を柔らかく包み込むことを意識しながら、同時に住む人の社会や都市とのかかわり方、距離感のようなものを常に意識しながら設計することを心掛けています。
そこの部分がうまく解けた時に建築が十分に機能するように思います。

二宮博・菱谷和子 / ステュ−ディオ2アーキテクツ
二宮博・菱谷和子/ステュ−ディオ2アーキテクツ
1963年生まれ
神奈川県
ポートフォリオ
時間をかけて住まい手の色に染めていけるような「素朴で自由度のある空間」をつくるための、まさに「技術」として住宅を考えています。具体的な要望を最大限に組み込みつつ、ムダの無い理詰めの仕事に徹する一方で、窓から見える月・飛行機・雲の流れ、風や光の気持ちよさ、など一日中家で過すことが楽しくなるようなしかけづくりを心がけています。
家族それぞれの夢や希望、暮らし方からイメージが広がり、共にカタチにしていくのが私達の仕事です。

     

野田裕彦・野田美和 / H+Mアトリエ
野田裕彦・野田美和/H+Mアトリエ
野田裕彦(1963年生)
野田美和(1967年生)
兵庫県
ポートフォリオ
住宅を設計するとき、大切に考えていること。
いつも出来るだけシンプルで正直な住宅を創りたいと思っています。
そして心地よい重心を感じられる家。
日々の暮らしを楽しめる家。
建築主の方との打合せの中で、はっきりとした言葉には出てこない潜在的なご要望を探り、
それぞれの心地よさをご提案したいと思っています。

林 正人 / 林建築設計工房
林正人/林建築設計工房
1963年生まれ
石川県
ポートフォリオ
家に対するニーズや価値観は多様です。一方、それぞれの家が町を構成し、景観を形成しているのです。自分に似合う家で気に入った町に住むこと、個人のニーズと景観形成を両立させることで、豊かな暮らしが成立すると考えています。また、家は多くの方にとって、人生で一番高い買い物で、資産でもあります。人生設計において、住宅の取得が過大な負担になりすぎることは喜ばしいこととはいえません。その方に取って適正な予算での家づくりに努めています。


廣田 悟 / 廣田悟建築設計事務所
廣田悟/廣田悟建築設計事務所
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
きもちよくて愉しい住宅をつくりたいと思っています。
いろいろな敷地環境があり、いろいろな人がいます。
住宅の「快適さ」は人それぞれ千差万別、いろいろな「快適さ」があっていいと思います。
その土地・その人にとってベストの「快適さ」を見つけ出したいといつも考えています。
   

藤本 克之 / 藤本克之建築設計事務所
藤本 克之 / 藤本克之建築設計事務所
1963年生まれ
兵庫県
ポートフォリオ
住宅建築とは、自分がそこに身を置くことにより心の豊かさ、自然との対峙、安らぎなど人間本来持っている五感に刺激を与え、時の流れを無理なく受け入れ続ける事の大切さを日々意識させる空間だと思います。私のこだわりは、住宅はシンプルであるべきだと考えます。好きな物に囲まれ心豊かな時を過ごし、人を輝かせる魅力的な空間を大きさに関係なく実現していきたいと考えます。

 

水野 光雄 / 風建築工房
水野光雄/風建築工房
1963年生まれ
愛知県
ポートフォリオ
家を計画する時、いつも考えている事があります。
それは以下の5つの原則についてです。
・場所のちからを感じる
・ 自然を体感する
・ あいまいにつくる
・ 生活をかたちにする
・ おもむきのある素材
詳しくは、ホームページのprinciple(原則)をご覧下さい。


村田 三雄 / 村田三雄建築研究所(一級建築士事務所)
村田三雄/村田三雄建築研究所(一級建築士事務所)
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
シンプルで機能的な気持の良い空間づくりを心がけています。





柳 勉 / ブリックス。一級建築士事務所
柳 勉 / ブリックス。一級建築士事務所
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
本当に良い家を設計するには、設計事務所のイメージだけではなく施主の夢が必要です。
設計事務所は、住宅の設計のプロですから住宅設計に係わるいろいろなノウハウや
考え方を持っていますが、主役はあくまでもそこに住む家族です。



山下 和哉 / (株)建築デザイン研究所
山下和哉/(株)建築デザイン研究所
1963年生まれ
三重県
ポートフォリオ
建築は人の暮らしを支える器です。その中でも住まいは、家族が健全な生活を営むための場所です。安全性や機能性に配慮することはもとより、健康的で楽しい生活がおくれる住まいが理想だと考えています。そしてさらに、その敷地の持つ特性を読み込み、建築主の個性を取り入れながら、豊かな空間で、美しい建築を作ることです。


吉川 二布 / 吉川建築設計室
吉川二布/吉川建築設計室
1963年生まれ
栃木県
ポートフォリオ
家族のためのオリジナルの家を一つずつ丁寧に設計しています。
光、風、風景、人の動き等を最優先に考え、楽しく気持ちのいい空間造りを目指しています。

吉原 健一  / 光風舎1級建築士事務所
吉原 健一  / 光風舎1級建築士事務所
1963年生まれ
東京都
ポートフォリオ
“家づくり”は希望と共に、不安もいっぱい。普段やりなれない事ばかりがいっぱいです。良い家づくりをする最大のコツは“如何にワクワク、楽しみながら家づくりをすすめられるか”です。家づくりは、空っぽの土地、真っ白な紙より始まります。そしてそこには、あらゆる可能性があります。



饒平名 知善、濱元 哲也 / アトリエ PAD
饒平名 知善、濱元 哲也 / アトリエ PAD
1963年生まれ
沖縄県
ポートフォリオ
建物には昔からスタイルがありました。過去の建築史の中では、ゴシック、バロック、ロココ期、アールヌーボー期、などいろいろなスタイル(様式)がありました。
最近はシンプルなモダニズムスタイルを好まれ方が多い中、私どもは過去の様式を融合させた 新しいスタイルに挑戦しています。得意とする輸入建材を多彩に取り入れ、シンプルでスタイルのある家を創って行きたいと考えています。


 

 
Copyright © 2000-2017 ERI SOLUTION CO.,LTD. All Rights Reserved.   | 著作権 | リンク | 免責事項 | お問い合わせ |